3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊本市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-05号

再生エネルギー推進のため2009年から始まりました固定価格買取制度FIT制度が10年たった本年をもって終了する世帯が出てくるのがその問題です。そういった世帯においては、今後、これまでどおりの事業者売電をするか、新しい事業者売電をするか、また、自家消費をするかという選択をしなければなりません。  国の施策で始まったこの制度、ここに来て幾つかの問題を引き起こしています。

水俣市議会 2019-09-10 令和元年9月第4回定例会(第2号 9月10日)

本件につきましては、国のFIT制度による売電前提とした事業であるため、計画する発電設備から送電線への接続が必要となりますが、水俣芦北地区送電網空き容量の不足により、接続の目途が立たないことなどから、計画は進んでおりません。  次に、小水力発電所については今後ふやしていくのかとの御質問にお答えします。  

荒尾市議会 2016-09-16 2016-09-16 平成28年第5回定例会(3日目) 本文

各方法には前提条件がさまざまにあり、そのうちの一つに、施設更新費用試算では、電力固定価格買い取り制度FIT制度の再認定を目標に、焼却炉本体及び発電施設更新費を約50億円と想定するとなっていますが、試算結果についてはあくまでも想定であり、事業実施の精査や施設改修期間の延長、灰処理費増高想定外修繕等の発生、FIT制度などの動向により大幅な変動があり得るとされています。  

  • 1