92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-09-17 令和 2年第 3回厚生分科会−09月17日-01号

また、2番につきましては、事業見直しといたしまして、講師を招いての養成研修実施を見合わせ、その経費を減額計上いたししております。  続きまして、下段になりますけれども、児童衛生費でございます。こちらも1番、ペアレントトレーニング事業でございますが、事業見直しにより、8月に予定しておりました講演会開催を見合わせ、職員研修参加自粛などにより相当の経費を減額しております。75万円でございます。  

熊本市議会 2020-06-17 令和 2年第 2回厚生委員会−06月17日-01号

だから、今後については、養成研修それから実践研修というようなところで進めていく必要があるのかなと思っておりまして。  今回、確かに中止したことによって、養成者については、30人から40人程度ロスは確かに出たと思います。しかしながら、今後その養成研修に続くスキルアップ研修を重ねていくことによって、後々はこのロスは十分に解消できるものと考えておるところでございます。  以上でございます。

熊本市議会 2020-03-24 令和 2年第 1回定例会−03月24日-04号

│  政府としては、これまで都道府県・政令市への「ひきこもり地域支援センタ│ │ ー」の設置や「ひきこもりサポーター養成研修派遣事業」を行ってきました│ │ が、今後は、より身近な場所での相談支援実施社会参加の場の充実など、│ │ 就職氷河期世代も含めた中高年のひきこもりに対して、これまで以上に実効性│ │ ある支援対策を講じるべきであります。                

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回厚生分科会−03月17日-02号

自殺予防のための様々な取組を計画実施いたしまして、自殺者を減少させることを目的といたします事業でございまして、従来のゲートキーパー等養成研修被災者相談支援等、さらに、SNS相談やストレスチェックアプリの導入など、また、自殺未遂支援員を設置しながら、自殺防止対策に取り組むこととしておるところでございます。経費1,280万円を計上しております。  次のページをお願いいたします。  

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回総務分科会−03月17日-02号

政策参与委嘱及び研修実施経費となっておりますけれども、この参与の方の効果とか、また、こっちの方には書いてありますけれども、若手職員対象とした改革リーダーキーマン養成研修の様子というのが載っているんですけれども、そういうリーダーをつくって研修をされていると思うんですけれども、その中で、どういう効果が表れているのか、教えてもらっていいでしょうか。

熊本市議会 2019-09-06 令和 元年第 3回定例会−09月06日-03号

具体的には、24時間対応の中心となる医師に向けた在宅医養成研修会の開催や、ベテラン在宅医によるサポート体制づくり取り組みますほか、在宅医療介護に携わる職種対象とした多職種連携研修会開催いたしまして、顔が見える関係づくりを行っているところでございます。  今後も引き続き、在宅医療介護に携わる関係者職種の垣根を超え、相互に応援ができるようネットワークの充実を図ってまいります。  

合志市議会 2019-08-27 08月27日-02号

この後見人につきましても、やっぱり親族以外で、新聞にありますように、専門資格は不要だけども研修も無理に必須ではないとしてありますけど、やっぱり50時間程度養成研修を受けて、それから社会福祉協議会などに登録して、それから家庭裁判所が選任すると、もしくは弁護士などの専門職の補助的な仕事をするというふうなことでございますけれども、私も一応行政書士を登録している関係で、行政書士会の中でこの後見人研修、講座

荒尾市議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年第4回定例会(4日目) 本文

そして、もう一つの事業であるひきこもりサポーター養成研修派遣事業につきましては、各都道府県において、訪問支援等を行うひきこもりサポーター養成する事業と、その養成されたひきこもりサポーター市町村実施主体となり家庭派遣し、訪問支援等を行うというものでございます。  

熊本市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-05号

まず、現在の医療介護福祉人材育成確保についての取り組み状況ですが、医療分野におきましては、在宅医療を行う医療機関の増加に向けて、医師会等と連携し、在宅医養成研修訪問看護研修開催するなど、在宅医療に関する理解を深め、在宅医療に携わる医療職育成確保を行ってまいりました。  

熊本市議会 2019-03-04 平成31年第 1回厚生委員会−03月04日-01号

それから、スタッフ教育につきましては、今、障がい児訪問看護研修会、それから相談支援専門員スキルアップ研修、それから医療的ケア児等コーディネーター養成研修等々をやっておりまして、スタッフ教育充実については具体的に今できているのかなというふうに考えております。 ◆田中敦朗 委員  御答弁ありがとうございます。  それぞれに課題を把握していただいて、本当にありがとうございます。  

長洲町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-13

次に、外国人子ども教育に向けた現状と今後の支援ですが、現状といたしましては、外国籍児童生徒日本語指導を必要とする場合には、熊本県では日本語指導担当教員の配置が可能となっており、日本語指導者養成研修実施されております。このため、今後、外国人就学に際して支援の必要が生じた場合には、これらを活用することで適切な就学につなげていきたいと考えます。

長洲町議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 2017-03-16

これにつきましては、例えば扶助費以外に2款の児童手当817万5,000円、3款民生費地域生活支援事業委託料72万6,000円、同じく短期宿泊事業委託料7万3,000円、同じく手話奉仕員養成研修事業委託料27万9,000円、それと同じく短期宿泊事業委託料5万1,000円の分が含まれて930万4,000円の差が生じております。  以上でございます。

宇土市議会 2017-03-08 03月08日-02号

わるつ」ではそのほか,発達障がいのある子どもの子育てを経験した親が相談支援に関する一定のトレーニングを受けて相談者となる「ペアレントメンター」の養成研修実施されております。今後は「わるつ」等と連携しながら,「ペアレントメンター」の養成や発達障がいのある子どもやその家族を支援していきたいと考えております。 

八代市議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会−03月07日-03号

また、今年度は茨城県つくば市の独立行政法人教員研修センター開催された外国人児童生徒等に対する日本語指導指導者養成研修に本市の小学校の教諭1名が参加しました。教育委員会としましても、日本語指導の必要な児童生徒に対して、国や県の取り組みを踏まえた適切な対応のもとで充実した学校生活支援するために、日本語指導員事業充実させてまいりたいと考えております。  以上、お答えといたします。

熊本市議会 2016-10-14 平成28年第 1回臨時会−10月14日-01号

そこで今後、今回の反省と経験を踏まえまして、質及び量の両面から、職員災害対応力の一層の向上を図り、本市における災害への的確な対応はもとより、他都市からの応援要請があった場合についても、求められる技能を有した必要な人員を的確に派遣できるよう、議員御提案の防災スペシャリスト養成研修派遣など、人材育成にも今後努めてまいりたいと考えております。          

水俣市議会 2016-09-08 平成28年9月第3回定例会(第4号 9月 8日)

職員へのコンプライアンス指導については、所属課長から所属職員への指導を基本とし、職員研修として、庁内でのハラスメント防止研修等実施、また、熊本市町村職員研修協議会実施され、コンプライアンスの項目がある新任係長研修新任課長研修公務員倫理研修指導者養成研修等への派遣を行っております。