248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

玉名市議会 2019-12-10 令和 元年第 3回定例会−12月10日-04号

増額となった主な理由につきましては、玉名いだてんマラソンを同時開催することに伴うフルマラソンコースの距離の計測業務委託や大会看板等の作成にかかる初期投資費用と記録計測業務委託やエイドステーションの食糧費の増額に加え、フルマラソンの参加料を他の大会に比べ安価に設定していることが要因となっております。

熊本市議会 2019-10-02 令和 元年第 3回定例会-10月02日-07号

│ │ (理 由)                               │ │  1952年に制定され、米・麦・大豆の優良な種子の生産・普及を各都道府県に義│ │ 務付けてきた「主要農作物種子法」は、食糧管理法とともに、戦後食糧難の時│ │ 代から日本の食を土台から支えてきた法律です。

玉名市議会 2019-09-26 令和 元年第 2回定例会−09月26日-05号

改正する条例の制定について  議第74号 玉名市子どものための教育保育給付に係る利用者負担額を定める条例の一部を改正する条例の制定について  議第75号 玉名市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について  議第76号 玉名市農産物直売所郷○市条例の一部を改正する条例の制定について  議第77号 玉名市水道事業条例の一部を改正する条例の制定について  請第2号  主要農産物種子法廃止に際し、市民食糧主権

玉名市議会 2019-09-12 令和 元年第 2回定例会-09月12日-04号

議第59号専決処分事項の承認について、専決第1号令和元年度玉名市一般会計補正予算(第2号)、飛んで、議第69号令和元年度玉名市一般会計補正予算(第3号)から議第79号公平委員会委員の選任についてまでの市長提出議案12件、請第2号主要農産物種子法廃止に際し、市民食糧主権食の安全を守るため、熊本県独自の条例化を求める請願及び請第3号教職員定数の改善及び義務教育に係る確実な財源保障を図るための、2020

玉名市議会 2019-09-02 令和 元年第 2回定例会−09月02日-01号

教育委員会委員の任命について  議第79号 公平委員会委員の選任について 日程第5  提案理由の説明 日程第6  報告(3件)  報告第12号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について  報告第13号 専決処分の報告について   専決第2号  報告第14号 専決処分の報告について   専決第3号 日程第7  請願の報告       (請第2号及び請第3号)  請第2号 主要農産物種子法廃止に際し、市民食糧主権

荒尾市議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年第4回定例会(4日目) 本文

種子法は、1952年、戦後食料の安定供給を図るために制定され、米、麦、大豆の3種類を対象に、奨励品種の制定や原種の安定生産、安定供給都道府県責任を持つことを義務づけ、農業振興の土台と、主食食糧としての重要性や自給率を支えてきた法律であります。簡単に言えば、日本戦後食糧難の時代だったときに、米、麦、大豆だけでも最低限の食べ物を国民に提供できるよう、そして、よいものを確保し管理していこう。

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

食生活改善推進員は、昭和20年、当時、食糧不足による乳児死亡率が高いという問題に対して、みずからが健康生活の実践者になりたいという意欲的な主婦のグループから誕生いたしました。  昭和34年、当時の厚生省から、栄養及び食生活改善実施地区組織育成についてが通達され、保健所を中心に主婦を対象とした栄養教室が行われるようになりました。  

玉名市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-04号

このような中にあって、政府農業生産の低下、食糧の安定供給を維持するために、農地の集約化や法人化などによる大規模農業経営を促進する施策に傾注しているように感じます。私は、このことを否定的にとらえているものではありませんけれども、我が国の農業の重要な役割、側面として、地域コミュニティーの維持や充実に対して大きな役割を果たしていくんじゃないかと思っております。  

玉名市議会 2019-06-17 令和 元年第 1回定例会−06月17日-03号

食糧支援件数につきましては、平成28年度が延べ45件、平成29年度が延べ80件、平成30年度が延べ63件の支援を行なっているところでございます。今後市といたしましては、本事業のさらなる充実を図るため、広報紙、ホームページを通じて事業者等に対し、積極的に協賛の呼びかけを行ないますと共に、あわせて生活困窮者の一層の自立支援に取り組んでまいります。  以上でございます。

玉名市議会 2019-03-25 平成31年第 2回定例会−03月25日-04号

次に、委員から、10款6項1目保健体育総務費19節中、いちごマラソン大会補助金について、前年度から比較すると1,900万円ほど増額となっているが、内訳は、との質疑があり、執行部から、報償費390万円、のぼり・スタッフジャンパー等の消耗品費230万円、エイドステーション等の食糧費420万円、看板の増設などの印刷製本費100万円、通知等の発送に伴う切手代である通信運搬費120万円、記録の計測・距離の計測

荒尾市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第1回定例会(3日目) 本文

国内で発生する食品ロスの量は、年間646万トンと推計されており、これは国連の世界食糧計画が発展途上国に食料を援助する料の約2倍に上ると言われております。このうち、小売店や飲食店などの事業所から357万トン、家庭からは289万トン、全体の約45%が家庭から出ているのが現状です。1人1日当たりに換算すると約139グラムで、お茶わん約1杯分の御飯の量を捨てていることになります。  

玉名市議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会-03月06日-03号

農政は国策に左右され、農作物の輸入自由化拡大が食糧自給率の低下に拍車をかけています。玉名地方の繁栄は農業とともにあったと過言ではありません。ところが今日、農業を取り巻く情勢は非常に厳しいものがあり、農家からは、展望がないということを聞くこともあります。玉名市では、魅力ある農村を次世代に引き継ぐとともに、その進むべき道筋を明らかにした玉名市食料農業農村基本条例が制定をされました。

南小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

そのような中で、先般、県外事業所が本町での移動販売事業に取り組まれるとの新聞折り込みもあったようですし、一方で「買い物応援事業運営グループ」を構成する小国食糧や金十商店を中心に、移動販売事業の継続実施に向けて、現在、協議検討を行っていると伺っており、町としては、可能な範囲での地域商業サービス支援事業による町内事業所への取り組みを支援していく考えでございます。  

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号

物資等につきましては、資機材につきましては、できるだけ事前に配備し、何かありましたら、開設の折には自由に使える、いつでも使えるというような状態をつくりながら、その他の食糧とか水とか生活用品といったものについては、避難所の運営委員会の求めに応じて必要数量を配送していくというようなことを考えております。  

熊本市議会 2018-12-14 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号

また、国連の世界食糧計画が発展途上国に食料を援助する量の2倍にも相当します。  この食品ロスは、食品メーカーや小売店、飲食店、家庭など、食べることに関するさまざまな場所で発生しています。また、食品ロス削減には、事業系と家庭系の両面からの取り組みが必要となります。事業系廃棄物の削減については、現状の主な取り組みの一つにフードバンク活動があり、全国でもふえてきているところです。

荒尾市議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第4回定例会(2日目) 本文

FAO(国際連合食糧農業機関)によりますと、栄養不足の人口に歯どめをかけ、爆発的にふえる食料需要を賄うためには、2050年までに食料生産を70%増す必要があるということでございます。そのためには、アフリカや中南米などの発展途上国で耕作地を約3億ヘクタール拡大しなければならないとFAOは指摘しています。  

長洲町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-13

次にですね、災害応急対策計画の98ページに食糧供給計画がございまして、炊き出しのことでですね、場所として地域福祉センターなどが記載されております。地域福祉センターを使ったとしても、なかなかですね、地震なんかの場合、対応できるのかなという気がしますけれども、町内にはですね、大人数の食事を調理する施設がございません。

玉名市議会 2018-06-12 平成30年第 3回定例会−06月12日-02号

やっぱりその基幹産業であるのを、どうやっぱり伸ばすかっていったら、やっぱり行政もしっかり考えて、そして税収のちゃんとした確保、そしてやっぱり所得向上をやっぱりちゃんとここの基本計画で、ちゃんとやっぱりその所得向上ということで、そしてまた、その基幹産業食糧の安定供給ということで、ちゃんとうたってあるわけですから、やっぱりその辺はしっかりやっぱりJAさんと協議をしていただいて、そういう方向に、いい方向