28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

熊本市議会 2020-03-16 令和 2年第 1回予算決算委員会−03月16日-03号

6年生までの受入れには、厚生労働省が示す施設面積基準支援員数配置基準を満たす必要がございます。また、支援員高学年生への対応スキルを備えておく必要もあります。  現時点で、6年生までの受入れを想定した場合に、面積基準を満たしているのは、公営80クラブのうち39クラブとなっております。

玉名市議会 2019-12-09 令和 元年第 3回定例会−12月09日-03号

今後も国の基準に基づき、児童1人当たり面積基準等を確保した上で、児童数の推移を視野に入れ、利用希望者の動向を確認しながら、子どもの安全と安心を考え、学校保護者運営法人とも相談し、岱明ふれあい健康センター等活用も含めて考えてまいります。  以上でございます。 ○議長中尾嘉男君) 近松惠美子さん。

宇城市議会 2019-12-09 12月09日-04号

需要に対して、どれだけの児童保育できるかについては、保育士配置基準面積基準がありますが、配置基準については、厚生労働省令である児童福祉施設設備及び運営に関する基準第33条第2項において、0歳児は3人に1人、1歳と2歳児は6人に1人、3歳児は20人に1人、4歳児以上は30人に1人と定められております。 

熊本市議会 2019-12-04 令和 元年第 4回定例会−12月04日-04号

2点目に、施設基準充足状況についてですが、厚生労働省が定める面積基準は、児童1人当たり1.65平米であり、この基準を満たす公営施設は約7割に当たる55クラブとなっております。また、市が定めている面積基準は、経過措置として1.125平米と定めており、2つのクラブを除く、ほぼ全てのクラブが満たしている状況です。  

熊本市議会 2019-12-03 令和 元年第 4回定例会−12月03日-03号

議長退席、副議長着席〕  また、児童育成クラブでは、施設の狭隘さが大きな課題であり、厚生労働省が定める面積基準充足を目指して整備を進めております。4年生以上の受け入れについては、現在、小規模で施設に十分な余裕のある4クラブで実施しております。  今後も、十分な広さを有し、支援員確保ができたクラブから順次検討してまいります。          

熊本市議会 2019-02-26 平成31年第 1回予算決算委員会−02月26日-01号

高学年受け入れにつきましては、クラブの狭隘さの解消が必須であることから、現在、学校施設利活用を第一に進めており、特に児童育成クラブの所管が教育委員会に移管された平成28年度以降、20カ所で学校施設活用し、国の面積基準充足を目指して改善を図っているところでございます。  

熊本市議会 2018-03-09 平成30年第 1回定例会−03月09日-06号

次に、面積基準に関する経過措置についてお答えいたします。  施設面積基準については、国が示した基準をもとに、平成27年度に熊本放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例を定めた際、経過措置として、児童1人当たり1.125平米という基準を設けたものです。  狭隘な施設環境改善のために、施設新設のほか、学校施設利活用を進めており、今年度は9校で整備を行いました。

玉名市議会 2017-12-12 平成29年第 7回定例会−12月12日-02号

また、玉名地域におきましては、今年度岱明地域クラブで開始しましたが、今年度は特に1年生の利用が多かったこともあり、児童1人当たり面積基準を大きく下回り、運営に支障を来す状態となってしまいました。そこで来年度の児童募集に向け、各学校、委託する社会福祉法人等の協力を得て、来年度は岱明地区に新たに2クラブを増設し、利用希望者増加対応してまいりたいというふうに思っております。

熊本市議会 2017-09-11 平成29年第 3回予算決算委員会−09月11日-02号

現在、熊本市の条例による基準は、1人1.125平方メートルとなっていますが、国の基準としては2014年に1人1.65平方メートルという面積基準が示されています。子供たち放課後を過ごす大切な場所として、その需要はますますふえる傾向にあり、適切な環境を保障することは極めて重要です。施設面積基準国基準へと引き上げていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。  

熊本市議会 2016-12-07 平成28年第 4回定例会−12月07日-03号

東京都は待機児童解消に向けて施設面積基準緩和を行って、1施設受け入れ乳幼児の数をふやしての対応策ということで、ある意味姑息な手段だと思っていますけれども、乳幼児にとっての施設がゆとりがなく狭い環境では、保育の質が担保できないと思っています。熊本市の面積基準は、国の基準に比べて狭いのでしょうか、広いのでしょうか。  2点目、子育て支援員制度について。  

熊本市議会 2016-09-12 平成28年第 3回予算決算委員会−09月12日-02号

次に、施設環境整備についてでございますが、本市が運営しております児童育成クラブにおきましては、定員を設けず入会要件を満たす全ての児童受け入れているところでございますことから、現在国の面積基準を満たさないクラブが40校ございます。そのため、施設新設等だけでなく、学校施設利活用も図っているところでございまして、現在共用も含めまして18校において余裕教室等活用しております。  

八代市議会 2016-09-08 平成28年 9月定例会−09月08日-05号

なお、今回開設した3施設受け入れスペース確保人員配置等につきましては、本市のマニュアルの中で人員基準として、おおむね10人の要配慮者に対し、1人の生活相談員配置することや、面積基準として1人当たり2ないし4平米とすることを設けておりますが、避難者数が想定以上であったことや、震災が長期化しましたことから、これらの基準については国の通知に基づいて柔軟な対応をお願いしたところです。  

宇城市議会 2016-03-08 03月08日-05号

このうち、民泊に関しては、国は旅館業法簡易宿泊と分類した上で、今年4月から面積基準などを緩和する方針を打ち出しており、民泊が推進されることが期待されます。 西港の近くには、一部補修すれば活用できる状態空き家もあり、こうした空き家が民宿や民泊施設などとして活用が進めば、西港周辺景観向上地域活性化にもつながるものと思われます。

熊本市議会 2015-02-26 平成27年第 1回福祉子ども分科会−02月26日-01号

那須円 委員  国が基準を定めているから排除できないということでしたけれども、例えば、面積基準なんか国が定めた基準よりも、市はちゃんと厳しくしながら、質を保つための努力をされてきたわけですから、人員配置についても、市がちゃんと条例配置を定めれば、そこはできるというふうに思うんですよ。  

熊本市議会 2014-10-06 平成26年第 3回定例会−10月06日-05号

さらに、放課後健全育成事業においても、国が示す面積基準によるスペース確保緩和された有資格者配置基準、小学6年までの受け入れ態勢整備、財源の確保など、まだまだ課題解決が先送りにされ、条例が上程された感が否めません。全ての就学児童が安全、安心に放課後を過ごせる制度として見通しを持った具体的な計画が必要であることを指摘したいと思います。  

荒尾市議会 2014-09-10 2014-09-10 平成26年第4回定例会(4日目) 本文

2項が小規模保育とか認定こども園とか、そういうところに適用されていくということで示しているわけですけれども、今回の質問の中には子ども子育て支援制度では、施設によって保育基準環境が大きく異なることになりますということで、1、保育士配置基準緩和、2、保育の質の低下、3、給食の外部搬入を認めており、そこの子どもたち面積基準を低いほうに流れるおそれがあるのではということで、この条例に関して危惧を

荒尾市議会 2014-09-01 2014-09-01 平成26年第4回定例会(1日目) 本文

その認可する上での設備面積基準人員配置等基準をこの条例で定めることとなります。  ここで、議案資料7ページ7行目の表、(補足)新制度における施設事業認可及び確認をごらんください。上段が認可で、幼稚園、保育所認定こども園は都道府県の認可家庭的保育等市町村認可をいたします。下段が確認となり、認可施設事業所の中から給付対象となる施設事業市町村確認することとなります。  

熊本市議会 2014-03-12 平成26年第 1回福祉子ども分科会−03月12日-02号

那須円 委員  今、御答弁いただいて、一定程度、安心したところですが、面積基準やこうした有資格者配置基準なんかを緩和する形、要するに質を緩める形で待機児童一定程度解消できるような制度の中身に、ちょっと国の制度がなっていきかねないような状況もある中で、今、面積基準なんかも、熊本市独自のより厳しい基準運営されているところを守っていきながら、待機児童解消も含めて質の高い保育を提供してほしいなという

  • 1
  • 2