29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

熊本市議会 2020-12-18 令和 2年第 4回定例会−12月18日-09号

への対応 │ 57│ │    │     │ (災害医療含む)について          │   │ │    │     │ 「行政危機管理一元管理と、職員危機意識│ 58│ │    │     │ 持ち方について               │   │ │    │     │ コロナから学習しての市庁舎あり方水害地│ 59│ │    │     │ 震在宅勤務)について(青森市庁舎

熊本市議会 2020-11-30 令和 2年第 4回定例会−11月30日-目次

57)     「行政危機管理一元管理と、職員危機意識の持ち方につい     て……………………………………………………………………………( 58)   田中政策局長答弁………………………………………………………………( 58)   落水清弘議員質問………………………………………………………………( 59)     コロナから学習しての市庁舎あり方水害・地震・在宅勤務)     について(青森市庁舎

熊本市議会 2017-03-02 平成29年第 1回定例会−03月02日-03号

現時点で73万3,000人余りの人口を擁する我が熊本市では、このようなことは起こり得ないとは思いますものの、函館市、青森、秋田市等の中核都市を初め、先般テレビ報道されましたように、東京都豊島区も東京23区の中で唯一消滅するという危機に陥っているとの紹介がなされたことは御承知のとおりであります。  

荒尾市議会 2016-09-20 2016-09-20 平成28年第5回定例会(4日目) 本文

コンパクトシティと申しますのは、言うまでもなく都市的土地利用の郊外への拡大を抑制すると同時に、中心市街地活性化が図られた、生活に必要な諸機能が近接した、効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市施策のことで、現在、札幌市、稚内市、青森、仙台市、富山市、豊橋市、神戸市、そして、北九州市などでこのコンパクトシティ政策として公式に取り上げているというふうにお聞きいたしております。  

熊本市議会 2016-03-14 平成28年第 1回都市整備分科会-03月14日-02号

私は、実は例の再開発で名を挙げた青森破綻寸前だという話も聞いて、正直なところ、今からお金を出すときにはいつも元を取り返せないなら出すといかんというのが念頭にありますのと、貸すなら必ず返してもらえるというような裏づけがなければ貸したらいかんですよとしか言いようがないものだから、その確認をさせていただきたいんです。青森のことも含めて御答弁を願います。

熊本市議会 2016-03-07 平成28年第 1回定例会−03月07日-06号

全国的にもコンパクトシティの先駆けと言われ、熊本市と同じく株式会社の施行の再開発で行われた青森のアウガは、再開発ビルを経営する第三セクター債務超過によって事実上破綻に陥り、全面的に支援してきた青森が床を買い取り、公共化ということで市役所機能を再開発ビルへ移転することを検討、第三セクターに貸し付けていた23億円の債権放棄まで迫られる事態に陥っています。

熊本市議会 2013-09-17 平成25年第 3回定例会−09月17日-03号

国に対して、保険薬局無料低額診療事業対象となるよう働きかけていただくとともに、高知市、旭川市、青森などで実施されているように、保険薬局無料低額診療事業対象となるまでの期間、無料低額診療事業対象者薬代を補助していただくよう要望しておきます。  この無料低額診療薬代助成を行っている青森市長は、「市の財政も厳しいですが、困っている住民がいるのです。命にかかわる問題です。

八代市議会 2009-06-08 平成21年 6月定例会−06月08日-02号

まず、就任しました翌年に、まちづくり三法の改正が行われ、同時に中心市街地活性化基本計画策定が求められていたため、早速、中心市街地活性化基本計画策定の指示を行うとともに、計画策定推進体制強化のために国土交通省から副市長を迎え、約1年で計画策定し、平成19年5月28日、青森、富山市に次いで全国で3番目に内閣総理大臣認定を受けたところでございます。  

熊本市議会 2008-09-12 平成20年第 3回環境水道委員会−09月12日-01号

池田泰紀 廃棄物計画課長  3ページの表の中では、具体的に岡山市は条例の提案のところまでいっていらっしゃるとお伺いしていますし、青森かなり案として煮詰まっているとお伺いしております。あと、相模原市等は具体的に検討に入っているということで、検討レベルまで入っているところは過半数程度と。全く検討に入っていないというところの方が少ないという調査結果が出ております。

八代市議会 2008-06-17 平成20年 6月定例会−06月17日-03号

さきにも触れましたが、6月7日青森で開催されましたエネルギー担当大臣会合とか、あるいは13日大阪で開催されました主要国財務大臣会合とか、7月開催予定主要国首脳会議、これは北海道で開催される予定のようでございますが、環境、原油対策などを中心とした国際会議が相次いで持たれるわけでございますが、各種対策が早期に私たち国民市民生活に反映されますことを祈念いたしましてですね、この項を終わりたいと思います

八代市議会 2007-06-04 平成19年 6月定例会−06月04日-01号

認定は、全国第1号認定となった青森、富山市に続くもので、九州では、熊本市、豊後高田市、宮崎市とともに初の認定となります。  認定により、国の重点的な支援を受け、八代市中心市街地活性化協議会中心となり、商業者地域住民行政など、関係機関一丸となって中心市街地活性化に取り組んでまいりたいと考えております。  

合志市議会 2007-03-12 03月12日-03号

青森佐々木市長は3期12年間で、退職金が1億1,160万円だったそうです。宮城県は知事の退職金1期約5,200万円を全廃しております。県の借金が、なんと1兆3,800億円にのぼったからだということです。大阪市は1期4年で4,800万の半額に減額で2,400万です。尼崎市は3,553万9,200円を493万6,000円にカットしております。

熊本市議会 2007-03-02 平成19年第 1回定例会−03月02日-04号

私も計画案を見せていただきましたが、今回の基本計画においては商業活性化だけではなく、都市機能の充実やまちづくりに至るまで幅広い施策対象としており、また、計画が国に認定されれば民間事業へも国から直接的な支援が受けられるということであり、多くの都市計画策定に着手しており、既に青森富山市が国の認定を受けております。  

熊本市議会 2006-09-12 平成18年第 3回定例会−09月12日-04号

特に青森では、コンパクトシティ構想を打ち出し、都市機能中心部への集約を目指して、効果を上げつつあると聞いております。青森金沢両市を視察いたしましが、都市機能中心部に集約しつつあるなと肌で感じました。今回の改正まちづくり三法では、中心市街地活性化基本計画策定し、内閣総理大臣認定により、集中的に支援するとしています。  

  • 1
  • 2