788件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

玉名市議会 2020-12-11 令和 2年第 8回定例会-12月11日-04号

市の防災計画との整合性支援する側、支援される側の取扱いについてはあるのかお伺いしたいと思います。 ○議長内田靖信君) 総務部長 永田義晴君。 ◎総務部長永田義晴君) 江田議員ひとり暮らし高齢者等への対策について御答弁いたします。  本市地域防災計画には、災害対策基本法に定めます避難行動支援者支援制度に基づき、要支援者名簿作成し、それを活用した支援を明記しております。

八代市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会−12月10日-04号

これら以外の災害対応も含め、豪雨災害への対応過程で得た経験課題について、地域防災計画災害対応項目ごとに、現在検証を行っております。この検証結果に基づき、より現実に即した効果的な地域防災計画となるよう、来年の出水期前までに、検証結果を反映させた見直しを行うこととしています。  以上、お答えといたします。 ◆亀田英雄君 様々に報告いただきました。  

水俣市議会 2020-12-09 令和 2年12月第6回定例会(第3号12月 9日)

令和2年11月15日に、水俣地域防災計画に基づき、水俣市、防災関係機関関係団体自主防災組織地域住民等約500人が一体となって総合的な防災訓練を実施いたしました。まず、成果につきましては、警察、消防、自衛隊などの関係機関や、災害協定を締結しています関係団体等との平素からの顔の見える関係構築を図られたことや、災害発生時における、これら関係機関等との調整事項連携要領を確認できたことです。

八代市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会−12月09日-03号

本市防災計画には、緊急輸送道路指定路線として国道219号など9路線が記載されており、道路拡幅のり面強化整備につきましては、沿線関係自治体と一丸となって、国・県への要望活動を継続して行っております。  また、本市管理の市道、林道、農道につきましては、定期パトロールや路面の維持管理のり面強化等整備を行い、孤立集落対策を推進しております。

玉名市議会 2020-12-09 令和 2年第 8回定例会−12月09日-02号

桃田運動公園につきましても、蛇ヶ谷公園と同様に、玉名市地域防災計画の中で、菊池川左岸地区指定緊急避難場所として位置づけております。また、避難場所としましては、総合体育館などを開放しており、先ほどの蛇ヶ谷公園と同様に再整備を図る際には、防災機能の充実も考慮し検討してまいります。  以上です。 ○議長内田靖信君) 総務部長 永田義晴君。   

八代市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会−12月08日-02号

今後の防災体制のために、地域防災計画見直しをすることが必要ではないかと考えますが、どのように見直しを行われるのか、総務企画部長にお尋ねいたします。 ◎総務企画部長丸山智子君) 議員質問の八代市地域防災計画見直しについて、自席からお答えいたします。  現在、豪雨災害への対応過程で得た経験課題について検証を行っております。

熊本市議会 2020-12-08 令和 2年第 4回定例会−12月08日-06号

しかしながら、そこから見えてきた課題を含め、来年5月の防災会議までに地域防災計画見直しを行うということで、今回改正の必要性があると感じていることを数点述べさせていただきます。  まずは、ハード面として、避難所配置受入れ数に問題があったように思います。これは、私の住む地域の方々から多く聞こえてきました。中島、小島、松尾校区を例に挙げます。

熊本市議会 2020-12-07 令和 2年第 4回定例会−12月07日-05号

本市でも、地域防災計画にて緊急輸送道路が設定されておりますが、今般の豪雨被害を勘案し、本年4月1日に公開された熊本市統合型ハザードマップを活用した緊急輸送道路の確認及び災害の種類による検証のお考えがあれば、お聞かせください。  都市建設局長にお尋ねいたします。          

合志市議会 2020-11-30 11月30日-03号

本市防災計画書では、まだ書き換えられておりません。我々がいただいております令和元年度の地域防災計画書にはその件はまだ載っておりませんけれども、堀川同様、土砂災害警戒区域におきましても、最近様子が少し変わってきております。 そこで、同区域防災対策についてお伺いいたします。 現在、土砂災害警戒区域は何行政区、何世帯であるのかお答えください。 ○議長坂本武人君) 高島総務部長

荒尾市議会 2020-09-15 2020-09-15 令和2年第4回定例会(3日目) 本文

これまでに増しまして、地域と密接に連携を図り、地区防災計画策定支援防災リーダーの育成など、共助力向上を図ってまいりたいと思います。  以上、3点を今後の教訓といたしまして、取り組んでまいりたいと考えております。  次に、避難所開設避難行動支援者避難についてお答えをいたします。  

長洲町議会 2020-09-14 令和2年第3回定例会(第1号) 本文 2020-09-14

各学校では、防災計画地震津波防災マニュアル等作成するとともに、防災主任を中心に、防災教育年間計画作成避難訓練に取り組んでいます。これらは、児童生徒自然災害等の危機に際して自らの命を守り抜く主体的に行動する態度を育成するとともに、安全で安心な社会づくりに貢献する意識を高めることを目的としているものです。  

玉名市議会 2020-09-10 令和 2年第 6回定例会−09月10日-03号

防災計画がありますが、本当に甚大な被害がでるときは、それは全く機能しないということが予想をされます。そして、計画にないことが次から次へと瞬時に判断していかなければなりません。その心構えを行政、議会、市民が一緒になって日ごろから考えておかなくてはならないと思います。そのことを指摘をしまして、次の質問に入ります。   

熊本市議会 2020-09-09 令和 2年第 3回定例会−09月09日-03号

1点目の避難所整備方針についてでございますが、地域防災計画におきまして、安全な構造を有している建物であることはもちろんでございますが、スロープや手すり、トイレなどのバリアフリー化や非常用電源の確保など、必要な機能、初期の避難生活に必要な食料や物資の備蓄など、基本的な事項を規定しているところでございます。  

合志市議会 2020-08-27 08月27日-03号

◆9番(青山隆幸君) 災害対策基本法のさらなる避難行動支援のために取り組むべき事項ということがございまして、それに基づき、本市地域防災計画書にも、避難誘導支援体制づくり項目の中に、一人一人の避難行動支援者に対して、複数の支援者避難場所避難経路などの避難方法について定めるなど、具体的な避難支援計画、いわゆる個別計画作成するとなっております。