376件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2028-08-28 08月28日-03号

21年前に起きた阪神淡路大震災にて注目され始めたと聞いております。 感震ブレーカーについてですけれども、感震ブレーカーとは、設定値以上の揺れを感知しますと自動的に電気の供給が遮断し、地震の二次災害である火災を防ぐ製品と聞いております。 以上です。 ○議長坂本武人君) 青山議員。 ◆9番(青山隆幸君) そうなんですね。

熊本市議会 2020-09-09 令和 2年第 3回定例会−09月09日-03号

神戸市では、阪神淡路大震災を機に、医療産業都市構想を立ち上げ、既に相当な実績を上げております。熊本市の産業活性化のためにも、神戸市をモデルに九州、アジアの医療産業中心都市を目指す構想も検討すべきではないかと考えております。  続きまして、コロナ感染に関する風評被害についてお尋ねいたします。  全国感染症により生じる風評被害が大きな問題となっております。

宇土市議会 2020-06-18 06月18日-03号

また今年1月に放送された阪神淡路大震災25年の検証番組で,建築資材アスベスト原因とする中皮腫・肺がんの病を取り上げました。番組で中皮腫を最近発症した人が記憶をたどる場面があり,仕事は建築でないのになぜ中皮腫になったのかを振り返り,住んでいた住宅に隣接する学校が地震被害を受け,解体するときに風で飛んできたアスベストの粉塵が原因ではないかと思っているとありました。

玉名市議会 2020-06-11 令和 2年第 4回定例会−06月11日-04号

日本防災士機構は、阪神淡路大震災教訓の伝承と市民による新しい防災への取組を推進し、我が国の防災危機管理に寄与することを目的に平成15年に創設されました。国をはじめとする公的な財政支援によるものではなく、純然たる民間自律の発想と民間パワーによる努力によって地域防災力の向上に貢献をしておられます。  

熊本市議会 2020-06-11 令和 2年第 2回定例会−06月11日-02号

この概念は、阪神淡路大震災以降、地域防災力自治力等も含めて地域の力とは何ぞやということで生まれた言葉です。  自治体によっても、首長なり行政として、地域力はこういう概念で、こういうふうに取り組みますよというふうに様々な取組が行われている自治体もあります。特に北海道は、この地域力をきちんと文言化、数値化して様々な研修なり人づくり組織づくりのための取組などが行われているやに聞いています。  

八代市議会 2019-12-13 令和 元年12月定例会−12月13日-04号

また、地震人的被害は、阪神淡路大震災の際には、死者の約1割、負傷者の約5割が家具などの転倒によるとの情報もあり、補助事業とあわせて、市民の皆様に、みずからの身を守るため、家具転倒防止など身近な耐震化を行っていただくよう周知してまいります。  以上、お答えとします。 ◆亀田英雄君 御丁寧にありがとうございました。  

八代市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-02号

阪神淡路大震災では、要救助者の約77%を救出したのは近隣住民でありました。近隣住民が互いに助け合い、負傷者などの救出や応急手当を迅速に行うことが多くの人命を救うことになります。地域において、日ごろから資機材の取り扱いや基本的な救護法を学習、訓練し、1人でも多く一刻も早く助け出すための備えをすることが望まれています。  

熊本市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日庁舎整備に関する特別委員会−09月26日-01号

1995年の阪神淡路大震災に被災した神戸市庁舎でも、1989年の竣工でありますが、地震後の耐震診断未実施の状況で132メートルの超高層建築物が使用されていること、また、築48年たっております札幌市庁舎についても、耐震診断をなさって、耐震性能の不足が判明しているにもかかわらず建てかえを慎重に検討されていること、こういう事例を見ますと、やはり私どもとしても慎重な検討というのが大事ではないかと思います。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回厚生分科会−09月24日-01号

まず、この資料には記載しておりませんけれども、今回の法改正の背景といたしまして、平成7年に発生しました阪神淡路大震災における災害援護資金の貸し付けにおいて、平成7年当時、被災者生活再建支援法がなかったこと、これ平成10年に制定されていますが、そういったことだとか、阪神淡路大震災被災者の中には、現在も返済が続いているケースがあること、また、神戸市などで地方公共団体として貸付原資国等への返還義務

熊本市議会 2019-09-18 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月18日-02号

内閣府によりますと、阪神淡路大震災における女性犠牲者数は男性の1.4倍、東北大震災でも人口構成比を勘案すると女性犠牲者の方がはるかに多かったことがわかっております。  熊本地震発災時にも妊産婦や女性特有のニーズが見過ごされるなど、防災災害対応避難所運営女性の視点が不可欠であることが浮き彫りになりました。

熊本市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-06号

個人的にとてもすばらしいと感じたワーク式の研修がありまして、クロスカードという阪神淡路大震災教訓をもとにつくられたカードゲームを御存じでしょうか。  各カードに問題が1問ずつ書いてあり、それに対して、イエスかノーかの答えをみんなで出して、その理由を共有していくという簡単なシミュレーションゲームです。  問題の一例を挙げますと、設定災害時、あなたは食料担当の職員です。

宇城市議会 2019-09-09 09月09日-05号

雲仙普賢岳の噴火、阪神淡路大震災、不知火高潮災害東日本大震災最後熊本地震など多くの地震が発生しました。さて、新しい元号令和は、梅の花が美しく咲き、また香る様子を歌った歌から取られています。新しい時代が自然・社会とともに、長く平和な時代になることを切に願い、これで私の一般質問を終わらせていただきます。 ○議長長谷誠一君) これで、坂下勲君の一般質問を終わります。 

熊本市議会 2019-08-02 令和 元年 8月 2日庁舎整備に関する特別委員会−08月02日-01号

だから、全般の建物は、全部新しい耐震規定で設計するようになりまして、これが実は今、耐震改修耐震診断やっている、この規定より前の旧基準で設計した建物阪神淡路大震災で大きな被害を受けたということで、そういう建物に対して耐震診断をやって、耐震補強が必要ならやってくださいということになったわけです。  

熊本市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日庁舎整備に関する特別委員会−06月26日-01号

それで飛び出ている地震波1つは、横文字のアルファベットで書いてあるからよくわからないんですけれども、1つはコウベと書いてあるので、阪神淡路大震災地震波の何かの1つを使っているのではなかろうかと推察がされます。  そうすると、あとはみ出ている2ついずれかは、ちょっとこのアルファベットだけでは、私はどの地震波を使ったか理解ができなかったんですよね。

玉名市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-04号

平成に入ってからでも阪神淡路大震災、東日本大震災記憶に新しい熊本地震北海道地震大阪北部地震、そして今年1月ありました和水町の震度6弱の地震などで、ここ数年地震などがあります。また、ここ数年、大雨や台風の甚大な被害もあっております。特に我が玉名市は、海抜ゼロメートルの海岸線を抱え、その対策はなかなか進まないのが現状ではないでしょうか。2,000年余り昔、島原大変のとき、多くの犠牲者もあります。

熊本市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

また、国土交通省の調べによりますと、阪神淡路大震災及び東日本大震災において多くの電柱が倒壊する一方、地中線被害は小さかったとされており、災害を未然に防止する観点から無電柱化事業の効果は高いと認識しております。  最後に、今後の予定につきましては、国の第7次無電柱化推進計画との整合を図り、緊急輸送道路災害拠点病院へのアクセス道路を優先的に実施していくこととしております。

宇城市議会 2019-03-11 03月11日-07号

この内閣府の報告書において被災者台帳先進事例1つとして取り上げられている被災者支援システムは、1995年の阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた兵庫県西宮市が独自に開発をしたシステムで、現在、地方公共団体情報システム機構J-LISジェイリス)の被災者支援システム全国サポートセンターにおいて、全国地方公共団体に無償で公開、提供をされています。

宇城市議会 2019-03-07 03月07日-05号

平成7年の阪神淡路大震災、平成23年の東日本大震災、そして昨年の西日本豪雨災害などで多くの命が奪われました。宇城市でも平成11年の高潮災害平成28年の熊本地震などがありました。まさしく平成は大規模災害の30年だったと言えます。宇城市も合併から14年経ちました。当初7万都市を目標に掲げましたが、少子高齢化が進み人口減少が続いております。