202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 2020-12-15

(2)都市計画区域整備開発及び保全方針に基づき、道路、公園、上下水道など快適な生活のための基盤整備を図るとしていたが、どのような効果をもたらしているか伺う。  (3)この10年間、住みたい、住み続けたい暮らしができるまちを目指し、まちづくり計画により取組を進めてきたが、長洲町にとってどのような効果をもたらしているかお伺いします。  以上、お伺いします。

宇城市議会 2020-12-03 12月03日-03号

まず、都市計画区域内にあります都市公園についてですが、面積では、国の示す面積基準値を満たしておりますが、市立公園見直し等や昨年度策定した長寿命化計画に基づき、国の補助を活用した遊具等の適切な維持管理や更新を実施し、長寿命化を図るように努めます。 次に、市立公園は、補助財源もないことから新たな手法による公園管理整備の在り方について検討していきます。 

宇城市議会 2020-09-09 09月09日-04号

江頭地区には江頭ニュータウンもあり、市の都市計画区域内の全体的には、都市公園としては充足しているというところでございます。 現在は、コロナ禍分散避難を御協力いただいているところですが、避難所として近くには、ラポートもございます。また、御存じのとおり来年1月の供用開始へ向け、小川防災拠点センター建設も進めているところでございます。

宇土市議会 2020-09-08 09月08日-02号

農業の振興を図るべき地域として指定している農振農用地区域において,宅地開発をする場合は農振除外の手続きが必要となりますが,都市計画区域内においては,第一種住居地域や第一種中高層住居専用地域などの住宅系用途地域を拡大することで,農振農用地区域から除外されることになります。市としましても,民間による宅地供給を進める上で,住宅系用途地域を拡大することは有効な手段であると考えております。 

宇城市議会 2020-06-11 06月11日-02号

また、現地は、都市計画区域内の用途地域外ですので、高さ制限はありませんが、容積率建ぺい率制限があり、容積率は、敷地面積に対する延床面積割合で200%以下、建ぺい率は、同じく敷地面積に対する建物面積割合で70%以下と決められています。また、建設用地として、100戸に2台分の駐車場緑地等を含めますと、1万平方㍍(100㍍×100㍍)程度の確保が必要となります。 

荒尾市議会 2020-05-08 2020-05-08 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文

これは、個人が都市計画区域内にある譲渡対価が500万円以下の低額な低未利用土地またはその上に存する権利を譲渡した場合、その年中の低未利用土地等譲渡に係る長期譲渡所得の金額から、100万円を控除することができるという特別控除が創設されるものでございます。  適用は、令和3年1月1日からとなります。  議第39号専決処分については、以上でございます。  

熊本市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日大都市税財政制度・都市問題等特別委員会−12月16日-01号

大石浩文 委員  まず、都市計画区域内に所在する土地、家屋ということで賦課されるということですので、当然その都市計画、いわゆる市街化区域に関する事業に使うということで、ただ一部、やはり市街化を越えたところにわたる事業等というのも当然都市計画事業でもあると思うんです。

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回総務委員会-12月09日-01号

都市計画税につきましては、税法上で定められております目的税でございまして、何の事業にでも使っていい普通税と異なりまして、使途都市計画事業目的に充てるための税金という、市税ということでは税法上位置づけられているものでございまして、その使途につきましては、資料の4ページにありますとおり、例えば、街路の整備でしたり、下水道整備でしたり、都市計画区域内で実施される都市計画事業に充当するための目的税という

長洲町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 2019-06-17

長洲都市計画区域について、昭和37年3月に町内全域区域として決定し、平成11年10月に都市計画法及び建築基準法の改正に伴う用途地域の設定を実施しております。本町におきましては、長洲小学校区を中心に第一種住居地域等住居系用途地域を設定しており、さまざまな用途地域を設定することで、住環境商工業の利便の促進を図ることとしております。

熊本市議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号

さかのぼれば平成24年、本市が指定都市への移行直前まで、私たちの地元であります北区植木町は、植木都市計画区域が存在していました。しかし、その後は一体的なまちづくり方針が定められ、熊本都市計画区域へと編入され、その折、都市計画区域区分、いわゆる線引きが行われました。当時の市としての見解は、都市計画法7条の規定に準じるとして、議会でも施行前からその正当性を示されました。

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回環境水道委員会−09月18日-01号

今回の本委員会におきまして計画案の説明を行い、御意見をいただいた後、都市計画区域の変更につきましては、翌年3月の都市計画審議会に付議し、承認を得たいというふうに考えております。今後の下水道面的整備につきましては整備手法の工夫など、さらなるコスト縮減に努めるとともに、速やかに下水道への接続が見込まれる地区を重点化するなど、効率的で効果的に整備を進めてまいりたいと考えております。  

宇土市議会 2018-02-28 02月28日-04号

都市公園面積については,新たに,都市計画区域内に相当規模公園をつくるということは厳しく,数値を上げていくことは困難だと思われます。汚水処理人口普及率については,公共下水道漁業集落排水への加入を促進していくとともに,単独浄化槽あるいは汲取り式の汚水処理から,合併浄化槽への切替えを推進していく必要があります。

荒尾市議会 2017-12-13 2017-12-13 平成29年第5回定例会(5日目) 本文

エ、それと道づくりの観点から、都市計画区域になっていながら無償提供ばかりで買収できないのかと。よその事例を調べても、無償提供が言われておりますがと思うようになっております。農地を守ると言いながら、それもよしとしますけれども、それ以前に、農村に住む生活者を守るというのが先決じゃないでしょうかと思うようになってきております。  農村地区において、業と生活(住む)は混住しております。

玉名市議会 2017-12-12 平成29年第 7回定例会−12月12日-02号

次に、都市計画マスタープランに対する見解についてでございますが、現玉名都市計画マスタープランは、都市計画法第18条第22項に基づく市町村の都市計画に関する基本的な方針に位置づけられる計画であり、上位計画である県の都市計画区域マスタープラン玉名総合計画を初めとする各種関係計画を踏まえ、おおむね20年後を想定した都市づくりの理念や目標などの基本的な方向性を示すものとして、平成26年3月に策定されたものです

宇土市議会 2017-12-05 12月05日-02号

宇土市においても,これに従い,都市計画区域を決め,その中に市街地用途地域を定めていると思いますが,まずはこれまでの経緯について,建設部長に答弁お願いします。 ○議長(山村保夫君) 建設部長野添秀勝君。 ◎建設部長野添秀勝君) おはようございます。 御質問にお答えいたします。 まず,都市計画区域について説明させていただきます。