91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2021-07-08 07月08日-05号

過労ラインを超える1カ月100時間未満の時間外勤務を可能にするという今回の改定については反対する」との討論がありました。 賛成討論として、「国に準じた条例改正であり、なおかつ委員会の審議の中で、委員の方から職員健康状態勤務時間についていろいろ質問したときに、担当課長のほうから、今後、職員人事採用についても考慮していくというような答弁もあったので賛成する」との討論がありました。 

熊本市議会 2020-03-24 令和 2年第 1回定例会−03月24日-04号

一、本改正は、教職員業務量適正管理を目的としているものの、規則において国の指針に基づき、一時的・突発的な場合といえども業務時間の上限過労ラインに近いものと規定することから、本改正案には賛同できない。  一、国の基準に基づく改正であることは理解するが、本改正の趣旨を鑑み、学校現場の声や実態を十分踏まえた取組を求めたい。  旨、意見要望が述べられました。  

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回教育市民委員会−03月17日-01号

通常予見されていないけれども、そういう事態が発生したらば1か月100時間、年間で720時間というのが定めがあって、このとおり決められるので、もし例文どおりにいくとさっき課長がおっしゃったから、いくのであればこれの運用についてはある程度のものを示しておかないと、だって月に100時間なんていえば過労水準を上回るような時間ですよね。

合志市議会 2020-03-07 03月07日-05号

ここでは医療や介護現場での人手不足が深刻な状態にあり、人手不足により一人一人の過重労働が進み、過酷な夜勤や長時間労働が解消されていないこと、医師・看護師過労を引き起こす事態が続いていること、それが注意力の低下を引き起こし、事故発生率を高めることを指摘しています。皆さん平成23年6月に厚生労働省が発した5局長通知をご存じでしょうか。

長洲町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-17

時間外労働上限について、月45時間、年360時間を原則として、臨時的な特別な事情がある場合でも、年720時間、月100時間未満、2カ月ないし6カ月平均で、複数月で80時間を限度に、これが過労ラインです。また、労働者健康確保措置実効性を確保する観点から、労働時間の状況を省令で定める方法により把握しなければならないこととしている。  

長洲町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-16

これは、年単位変形労働時間制を導入し、教師の働き方改革を進めるものですが、この法律の改正については、教員過労による休職や過労がある中で疑問があり、小規模校ではそこで働く教師の数をふやす対応が重要で、そこも難しいのではないかと。そこも難しいのであれば、現在の2校体制よりも1校で臨むべきではないかと思いますので、町の考えを伺います。  

水俣市議会 2019-12-10 令和元年12月第5回定例会(第2号12月10日)

しかし、これは過労ライン超過勤務80時間をもとにした数字であって、本来これはゼロでなければならないものだというふうに思います。  月80時間の超過勤務をしている人がまだ1割から組合の調査では2割近くまで、1割から2割近くもそういう人がいると捉えるべきではないかと思います。この点についての見解をお聞かせください。1点目ですね、今のが。  

熊本市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-06号

そして、今年度におけるプログラム成果と今後の見通しですが、現在、いわゆる過労ラインである時間外の在校時間が月80時間を超える教職員数は、平成29年度と今年度の同時期を比較して4割程度減少するなど、成果があらわれてきたところです。  また、各学校における独自の取り組みも進んでおります。

熊本市議会 2019-12-04 令和 元年第 4回定例会−12月04日-04号

子供たちのため」を合い言葉に、過労に至ってしまうような痛ましい事態もあっている中で、志高く、能力のある方々が教師の道を選び、我が国の学校がさらに充実・発展するためには働き方改革が必要なこと。変化の激しい時代を生きる子供たちに「たくましく生きる力」を育むためには、教師は本分である教育活動にこれまで以上に力を注ぐ必要があること。

熊本市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-06号

1点目は、時間外の在校時間が、いわゆる過労ラインである1カ月80時間を超える教職員数をゼロにすること、2点目は、時間外の在校時間を平成29年度実績と比べ、全体で25%削減することであります。  この目標達成のため、議員御案内の3つの取り組み方針を定め、校務支援システム導入やスクールソーシャルワーカーの拡充、学校閉庁日設定勤務時間外の留守番電話対応等を実施しております。

宇土市議会 2019-06-21 06月21日-04号

それに土曜日曜の勤務時間を加えると,1週間で小学校教員で57時間25分,中学校教員で63時間18分となっており,1か月当たりにしますと過労ラインの80時間に近い残業,あるいはそれを超える深刻な勤務状況になっております。本市におきましても,これに近い勤務状況ではないかと思いますが,どうなっているのか教育部長にお聞きいたします。 ○議長(柴田正樹君) 教育部長宮田裕三君。

玉名市議会 2019-06-14 令和 元年第 1回定例会−06月14日-02号

いろいろな取り組みをされているということで、減ってはいるんですけど、岐阜市の教育委員会職員サポートプランというのを出されておりまして、これで何をされたかといいますと、働き方改革のために保護者、地域の皆さん本市では教職員は12.5%過労ラインの目安の80時間超えている業務実態なんですよというのをわざわざつくって、全世帯に配布されていると。

八代市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会−03月22日-05号

規則の中では、2から6カ月の平均を80時間以下ともされていますが、健康に働き続けるためには、単月でも労災認定基準過労ラインを超えてはならないものです。ましてや、行政が率先して是認するという点において反対いたします。  最後に、議案第34号・平成31年度八代市一般会計補正予算・第1号について反対討論いたします。  

荒尾市議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第1回定例会(4日目) 本文

教職員においては、加重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっており、平成30年版の過労等防止対策白書では、加重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘しています。  そこで、二つ目質問として、平成30年度から実施された土曜授業における今後の課題対策について伺います。  三つ目質問は、放課後児童クラブについてであります。  

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回総務委員会-02月28日-01号

山部洋史 委員  この上限といいますか、今回、人事院の規則改正されたということで、いわゆる過労ラインと言われる一月80時間というようなラインはあるんですけれども、その点についてはいかがでしょうか。  また、これ以外でも、いわゆる他律的な職務というような言い方もありますけれども、そういう状況においては時間がどのようになるのか、御説明いただけますでしょうか。

熊本市議会 2018-12-27 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号

分析の結果、最低賃金違反政府のいう22人どころか、1,927人の全体の67%、過労ラインを超える人は10%に上りました。暴力やセクハラなどの人権侵害も浮き彫りになっています。政府聴取票の提出を拒むのは、制度全体はうまくいっている、だから修了者特定技能1号へという改定法の根本が覆るからです。  

熊本市議会 2018-12-14 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号

過労ラインと言われる勤務時間の在校時間が1カ月80時間を超える教職員をゼロにする。2点目、対平成29年度実績比でということで、平成32年度までには教職員正規勤務時間外を25%減らすとうたってあります。  先日の白河部議員プログラムの進捗と課題についての質問に対しても、現在取り組んでいるということで、その取り組みについては内容を申し上げませんが、一定評価するところです。  

熊本市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号

このプログラムの策定に当たって、熊本市教育委員会が独自に調査した結果、平成29年4月から本年2月までの期間、正規職員勤務時間外の在校時間がいわゆる過労ラインとされる1カ月に80時間を超えた教職員が793人、全教職員の約2割に上っており、教職員の長時間労働実態が明らかになっています。  

熊本市議会 2018-09-13 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号

言うまでもなく、英語導入以前から先生方は超多忙を極めておられ、本市でも2割もの先生過労ラインでの職務を強いられている現状です。本来であれば、そうした予備時間は先生方の働き方軽減に向けられるべきではないでしょうか。  本市がこの3月に策定した教員の時間創造プログラムとの整合性も問われます。時間創造プログラムでは、2020年度までに先生方過労ラインをゼロにするとしています。