182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回経済分科会−03月17日-02号

31の項に定めております熊本商工連携等新商品開発事業審査会を削除するものでございます。これは、商工連携支援方法の変更に伴い、審査会廃止するものでございます。  次の8ページをお願いいたします。  80の項に、熊本市健全な森づくり推進計画(仮称)策定委員会附属機関として設置するものでございます。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回経済分科会−09月24日-01号

6次産業化商工連携推進への取り組みとしまして、地元農水産物流通拡大推進取り組み、国内においては福岡での展示商談会フードスタイル」への出展や個別商談会くまもと逸品商談会」を開催したほか、海外への販路拡大としてイタリアや香港でのフェア開催や、海外バイヤーを招聘した個別商談会を実施いたしました。これらの事業に係る平成30年度の決算額は、2,949万円となっております。  

熊本市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-06号

3点目、6次産業化商工連携と国内外への流通拡大について、お願いいたします。          〔西嶋英樹農水局長 登壇〕 ◎西嶋英樹 農水局長  農業支援に関する3つの御質問に順次お答え申し上げます。  まず、新規就農者への支援でございます。  本市農業の中核を担います認定農業者は1,521戸ございます。

南小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

具体的に言いますと、結局、買いたいと思われるような小国町の品物が少ないということで、この取り組み生産段階だったり、加工であったり、商工連携なんかしながら開発をしていかなければならないという課題があったわけです。この辺のところをどう検討されたのか。それはやはり町の人がかかわる人々が多くなると。多くなれば、当然、町からの発信量も多くなるということですので、大変重要なことだと思っております。  

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回経済分科会−02月28日-01号

那須円 委員  予算の中に出てきていないかもしれないんですが、当初予算(案)のポイントで廃止・見直しされた事業というところの中に、農水局農業政策課商工連携促進事業がありますが、第6次産業とかも含めて大事な事業だったのではないかと思うんですが、廃止理由の中には、より効果の高い事業への転換により廃止、休止というふうなところで理由づけがされているわけですけれども、これについては、当初予算はどの部分でどのように

合志市議会 2019-02-27 02月27日-03号

さらには、今でいう商工連携当時は私は理解できなかったんですけども、バイオフォレストの誘致と書いてありました。何を誘致するのか意味わからなかったんですが、6次産業振興というふうに私は読み替えさせていただきました。 その中で、スマートインターを第1期基本構想、そしてまちづくりの真ん中にうたってありました。しかし、じゃあどうしたのかというと、要望陳情というかたちで終わっていたんですね。

合志市議会 2018-08-28 08月28日-02号

また、この機会を生かした商工連携による付加価値をつけた農産物や加工品販売強化推進していきたいと考えております。 今後も国の動向を注視しながら、本市農業の発展に寄与していくところでございます。 以上です。 ○議長吉永健司君) 松本議員。 ◆7番(松本龍一君) 市としても頑張っていただくということであります。本当に農家にとって、大変な危機といいますか、大きな波が来ているなと思っています。

合志市議会 2018-06-08 06月08日-01号

くまもと未来型農産業コンソーシアム推進協議会を立ち上げ、農地有効利用商工連携による新産業の創出により、地元農家所得向上を図ることに努力してまいります。 一方、熊本地震からの業績低下から、各工業団地における業績も持ち直し、地域に根差した地域循環型の中小企業育成も進めてきました。来年春のスマートインターチェンジ完成により、これからはさらに市の持つポテンシャルが上がると想定されます。

合志市議会 2017-12-18 12月18日-05号

また、産業振興部については、商工連携と6次産業推進していく」との答弁がありました。 議案第45号 合志職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 委員より、「この条例改正により、より働きやすくなったとの解釈でいいか」との質疑に対して、執行部より、「今回の改正は、育児休業取得要件の緩和、取得期間の延長、対象となる子の範囲の拡大になるので働きやすくなる」との答弁がありました。 

熊本市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会-12月12日-付録

農水局)  №12 水路設計業務事前説明会の突然の中止について(中央区役所)  №13 画図地区排水路工事にかかる関係者全員による説明の要請について(農水局)  №14 競輪事業への関与及び職員への叱責について(経済観光局)  №15 全国高等学校選抜自転車競技大会広報への関与について(経済観光局)  №16 全国高等学校選抜自転車競技大会開会式での乱暴な言動について(経済観光局)  №17 商工連携商品開発助成

熊本市議会 2017-10-31 平成29年10月31日北口和皇議員の不当要求行為等に関する調査特別委員会-10月31日-01号

次に、「競輪事業への関与及び職員への叱責」、「全国高等学校選抜自転車競技大会広報への関与」、「全国高等学校選抜自転車競技大会開会式での乱暴な言動」、「熊本城マラソンでのおもてなし隊への職員動員」、「画図ゴルフ場横排水路工事着工中止の強要」、「商工連携商品開発助成に関する執拗な要求」事案についての説明を求めます。

八代市議会 2017-10-03 平成29年 9月定例会−10月03日-02号

6次産業化商工連携等につきましては、県のアグリビジネスセンター連携し、6次産業化プランナーであるアドバイザーの指導・助言もいただきながら、取り組みを進めているところでございます。坂本鶴喰地区での米のブランド化販売戦略支援既存アイテムブラッシュアップなど、少しずつではありますが、成果が出てきていると実感しているところでございます。  

熊本市議会 2017-09-11 平成29年第 3回予算決算委員会−09月11日-02号

商工連携促進事業690万円についてお伺いしていきます。  今回質疑する商工連携促進事業690万円は、平成28年度の決算状況報告書を見ると、政策名、豊かな自然環境をいかした活力ある農水産業振興のうちの145ページと146ページの事業の一つと思われますが、この両方のページでのどの実績に当たるかよくわかりませんでした。

熊本市議会 2017-04-18 平成29年第 1回(閉会中)経済委員会−04月18日-01号

E6次産業化商工連携推進におきましては、新規事業といたしまして、熊本の食の復興PRブランド化推進事業に取り組むこととしております。  それから、最後にF農水産業関連施設早期復旧営農再開でございますが、今般の震災からの早期復旧を図るために、経営体育成支援事業農地等災害復旧事業に所要の事業経費を計上させていただいて、それぞれ取り組むこととしておるところでございます。  

八代市議会 2017-03-24 平成29年 3月定例会−03月24日-07号

次に、議案第6号・平成29年度八代市一般会計予算中、当委員会関係分でありますが、歳出の第5款・農林水産業費、第1項・農業費農業振興費フードバレー6次産業化等推進事業906万3000円について、執行部から、本事業は、6次産業化推進アドバイザーを核とした6次産業化商工連携による新商品開発支援地域内特産物の高付加価値化支援などに取り組むもので、具体的な事業内容としては、6次産業化推進アドバイザー