運営者 Bitlet 姉妹サービス
475件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-08-28 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月28日−02号 農産物の輸出国では、日本への輸出を増やそうと待ち構えているところもあると聞きます。  そこで、農業に対してどの程度影響が及ぶと考えられるかお伺いをします。  また、先に結ばれました日本とEUのEPAについても同様にお尋ねします。 ○議長(吉永健司君) 中村部長。 もっと読む
2018-06-12 玉名市議会 平成30年第 3回定例会−06月12日-02号 しかしながらいろんな状況の中で、やっぱりこう見ましても、耕作放棄地がやっぱり転々とやっぱり点在する中で、自民党の農林部会が新聞に出してたのが、その米の輸出増へ支援拡大ということで、低コスト産地を育成ということで、ここに新聞に書いてあったのが、その平野部、平野部では多収量米といって、1反当たり、普通だったら大体8俵から多く取れて10俵ぐらいのところが普通なんですけれども、この多収量米というのは12俵から もっと読む
2018-03-08 八代市議会 平成30年 3月定例会−03月08日-05号 それは、フードバレー等についてはたくさんの予算をつけていただいております、輸出関係についても。だけど、振興策の中でのトマトの事業関係の、項目もないし、数字がないという中で、今回の予算というのは、毎回私は、この園芸振興費についてはですね、委員会で質問した、発言をし、質疑をしたことが多いわけでありますけども、今回、このような数字を見る中でですね、もう再質問しません。 もっと読む
2018-03-02 宇城市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月02日−04号 先ほど部長の答弁にありましたメリット面としては、海外に農産物を自由に輸出できる。確かにそうです、日本の品物は品質が外国産に比べてやはり勝っております。しかしながら、やはり経済が低迷するそうした中で、外国の安いものが入ってくれば、やはり多くの国民はそれに飛びつくだろうと思っております。そういうことになれば、世界に日本の品物を輸出されますけれども、今生産されている品物が全部輸出まではいきません。 もっと読む
2018-02-26 宇土市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-02月26日−02号 漢方薬等の原料となります薬用作物は,中国などからの輸入が8割を占めておりますが,近年では輸出規制等による輸入価格の上昇から,国産原料の安定的な確保が求められております。  そのような中,国においては,薬用作物支援関連対策としまして,「茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業」が平成30年度予算に計上されております。  本事業では,主に三つの支援がございます。 もっと読む
2017-10-06 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月06日-05号 次に、林業でございますけども、近隣諸国の木材輸出の増加や木質バイオマス燃料用チップの需要増に伴い、木材価格の回復傾向も見られる中、熊本県や八代森林組合と連携し、国、県補助事業の有効活用を林業事業体へ促すことによって、担い手の確保、育成に努めてまいります。   もっと読む
2017-10-06 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月06日-05号 次に、林業でございますけども、近隣諸国の木材輸出の増加や木質バイオマス燃料用チップの需要増に伴い、木材価格の回復傾向も見られる中、熊本県や八代森林組合と連携し、国、県補助事業の有効活用を林業事業体へ促すことによって、担い手の確保、育成に努めてまいります。   もっと読む
2017-10-04 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月04日-03号 この北九州市は、東南アジア地域の水質改善のため、もう一つ、上下水道インフラ海外輸出を積極的に官民連携で展開しており、特に、カンボジアでの水道整備の成果は目覚ましく、顕著な国際貢献を行っております。  とある機関の試算によりますと、SDGSに伴う世界における年間の経済波及金額は14兆円市場とも言われております。 もっと読む
2017-10-04 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月04日-03号 この北九州市は、東南アジア地域の水質改善のため、もう一つ、上下水道インフラ海外輸出を積極的に官民連携で展開しており、特に、カンボジアでの水道整備の成果は目覚ましく、顕著な国際貢献を行っております。  とある機関の試算によりますと、SDGSに伴う世界における年間の経済波及金額は14兆円市場とも言われております。 もっと読む
2017-10-03 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月03日-02号 その一つとして、農産物の海外輸出等が考えられますが、前段として、クルーズ船への供給を行い、日本の農産物のよさを知ってもらう取り組みから始めてみてはいかがなもんでございましょう。例えば、米のパック御飯をクルーズ船に供給することで、輸出拡大につなげようとする取り組みも行われているところがございます。なかなかその品物も人気があると聞いています。   もっと読む
2017-10-03 八代市議会 平成29年 9月定例会−10月03日-02号 その一つとして、農産物の海外輸出等が考えられますが、前段として、クルーズ船への供給を行い、日本の農産物のよさを知ってもらう取り組みから始めてみてはいかがなもんでございましょう。例えば、米のパック御飯をクルーズ船に供給することで、輸出拡大につなげようとする取り組みも行われているところがございます。なかなかその品物も人気があると聞いています。   もっと読む
2017-09-06 水俣市議会 平成29年9月第4回定例会(第3号 9月 6日) この時期に木質バイオマス事業の原料としての需要の増加、中国、韓国への輸出の急増により木材価格が通常より高く取引され、市場価格も安定していることが主な要因となっております。  次に、伐採後の土砂流出など環境問題が起こっているのかとの御質問にお答えします。   もっと読む
2017-08-24 合志市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-08月24日−03号 次に豚肉につきまして、EUの生産量は世界の2割を占めており、その中で輸出は約1割となっております。一方国内の豚肉の供給量は、国産が50%、残り50%のうちEUからの輸入は35%を占めているところでございます。協定発効後は加工向け冷凍肉など低価格部位の輸入が増加する恐れがあり、国内価格への影響を懸念しているところでございます。 もっと読む
2017-06-21 水俣市議会 平成29年6月第3回定例会(第3号 6月21日) 水俣の山はさほど急峻ではないので、とても作業しやすい上に新栄合板もありますし、海外向けの輸出にも立地がいいというふうに話されていました。最近は若い人の応募もあって、定着もしているそうです。この林業関係の就職というのは、全国的にも若い人が応募しているのがふえているというのは新聞報道でも見ました。 もっと読む
2017-06-16 湯前町議会 平成29年 6月 定例会(第4回)-06月16日−02号 それから、輸出材としての需要も最近は出始めたということでございます。文字どおりこれまで湯前の地域の皆様が守り育ててきていただいた林業資源をどう活用するかというのが課題でございます。その中にあって森林組合等々、各事業体でもそれぞれの取り組みをされておりますので、そういったところの支援をしていく、そのことが雇用の拡大につながっていくという認識を持っております。 もっと読む
2017-06-16 宇土市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月16日−03号 対象作物は,主食用米のほか,加工用米,飼料用米,米粉用米や輸出用米でございまして,子実用に栽培される全ての水稲でございます。  具体的な取組の内容としましては,個々の農業が機械を保有している状況を見直し,地域の小規模農家らの作業を担い手が一手に引き受け,農機を効率的に利用する体制への移行を後押しする。 もっと読む
2017-06-16 八代市議会 平成29年 6月定例会−06月16日-06号 最後に、海外への販路拡大については、友好港を締結している台湾基隆市において、平成27年度、28年度とフェアを開催したところですが、このフェアを契機として複数の事業者の輸出が始まり、現在でもお取引を継続されていらっしゃいます。   もっと読む
2017-06-13 合志市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月13日−03号 と申しますのは、輸出産業でありますトヨタ自動車、ホンダ、日産、自動車産業は、港から車を輸出して外貨を稼いでいます。利益につながります。その港の整備あたりは一切国がします。自動車会社、あるいはIT関連が負担するかもしれませんけども、あまり話は聞いたことはありません。港湾の整備は国です。 もっと読む
2017-06-13 美里町議会 平成29年度6月会議(第1号) 本文 2017-06-13 いわゆるメリットといいますかね、認定を受けた時点でのメリットというのは、町長が答弁されたように大崎地域のこの農業遺産という形での国際的な知名度が上がるということと同時に、大崎地域の農産物の認知度あるいは農産物の、国際的にも輸出とか、そういうほうにも国際的に有効活用できる、いわゆる農業遺産登録認定されたことによる、それをうまく利用して大崎地域の農産物を海外あるいは海外ならず国内外に発信できると。 もっと読む
2017-03-17 荒尾市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会(5日目) 本文 しかし、安倍内閣は原発の再稼働を認め、原発を外国へ輸出しようとさえしています。何と浅はかなことでしょう。空はつながり、海もつながっているこの地球、ここ荒尾市も無関係ではいられません。お金より命が大切、最優先すべきであることと確認したいと思います。  それでは、質問に入らせていただきます。   もっと読む