71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2019-08-02 令和 元年 8月 2日庁舎整備に関する特別委員会−08月02日-01号

この建物は、非常にここよりもはるかに軟弱地盤でして、もう今だったら絶対にくいを打つ建物です。地上6階地下1階、ところが、やはり当時は場所打ちコンクリートぐいとか、なかなかいいくいがあんまりなかったんです。  広島県の特徴としては、転石といいまして、もう1メートルを超えるような大きな岩が、地面の中にいっぱいあるんです。川がいっぱいあって、上流から来たんです。

熊本市議会 2019-07-02 令和 元年第 2回定例会−07月02日-06号

加えて、 │ │ 軟弱地盤の存在で工期も工事費も見通せないばかりか、サンゴ移植など、環境 │ │ 保全対策は全く不十分であります。辺野古基地の既成事実化を図ろうとし、な │ │ りふり構わず工事を強行しようとする安倍政権の対応は、県民の民意と沖縄 │ │ 自治を何重にも踏みにじる暴挙であり、断じて許されません。

荒尾市議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(5日目) 本文

国会審議では、日本では深さ70メートルまでしか基礎工事ができませんが、辺野古工事予定地には、深さ90メートルの軟弱地盤が存在し、工事が不可能であることが判明いたしました。それにもかかわらず、安倍政権沖縄県民の意思を踏みにじり工事を強行し続けております。  共同通信社が3月9日と10日に実施した全国電話世論調査によると、この県民投票の結果を政府は尊重すべきだとした回答が68.7%に上りました。

熊本市議会 2019-01-27 令和 元年第 4回(閉会中)経済委員会−01月27日-01号

熊本競輪場は、現在500mバンクから変更して400mバンクによる整備予定しておりますけれども、バンク設置予定箇所地盤を調査しました結果、軟弱地盤があったことがわかりました。これによりまして、地盤補強が必要になったと判断しました。また、雨水冠水対策といたしまして、競輪場敷地から出る雨水を処理するために調整池を設置することが必要と判断しております。これらが主な増加の原因と考えております。  

玉名市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会−09月12日-03号

また、着工したとしても本工事に入る前、この地域軟弱地盤であるため、沈下を防ぐため余盛りをし転圧を約半年間かけなければなりません。それから本工事の着工となります。ですから市道認定は1本ずつではなく、全路線を一緒にすべきだと思います。これはなぜかと言いますと、用地交渉が済んだところから着工できるためであります。また、道路ができたとしても降った雨の排水をどこに流すのか、排水路が必要であります。

宇城市議会 2018-09-10 09月10日-05号

その他主なものとしましては、被災農業者事業完成進捗の遅れが見られる被災農業者向け経営体育成支援事業補助金1億9,265万1千円、国の補正予算措置による都市防災総合推進事業補助金などを活用しました防災コミュニティ施設整備事業3億1,500万円、道路新設改良補助事業4億7,385万9千円、そして海底の軟弱地盤対策に不測の時間を要しました上部工を除く黒崎内潟線戸馳大橋架け替え事業の1億9,128万6千円

宇城市議会 2018-06-19 06月19日-04号

その結果として、建設場所軟弱地盤であることが判明いたしましたので、地盤改良工法による基礎構造を採用いたしました。 建物構造・規模につきましては、木造平屋建て延べ床面積を188平方㍍としております。配置計画では、建物敷地のほぼ中央に配置しまして、浸水被害を避けるため、建物の高さを現地盤より1㍍かさ上げして建築をいたします。

玉名市議会 2018-06-12 平成30年第 3回定例会−06月12日-02号

ところがこの駅前周辺は地元では深田地区と申しまして、新幹線駅ができるときに15メートルまでL値が0ということは、非常に軟弱地盤ということです。特に、向かいにありますケーズ電気横につくる道路通常中牟田線と申しますが、先だって市道認定をしていただきました。今から用地交渉とか、測量しながら、工事が行なわれていくかと思いますけども、この箇所は余盛りを1年間かけなきゃなりません。

宇土市議会 2018-03-09 03月09日-05号

工事状況ですが,「宇土市側」では,盛土区間について,軟弱地盤改良工事が行われているところであります。また,「熊本市側」については,改良工事が完了しております。(仮称緑川大橋については,橋脚部分地質調査が完了しております。 次に,「宇土道路」における平成29年度の国の予算について,当初予算が6億1千万円,補正額が4億円で,合計額が10億1千万円となっております。 

宇土市議会 2017-12-18 12月18日-05号

工事状況について,「宇土市側」では,盛土区間について軟弱地盤改良工事が行われております。また,「熊本市側」については,改良工事が完了しております。 (仮称緑川大橋については,橋脚部分地質調査が終わり,現在,解析とりまとめ中とのことであります。 次に,「宇土道路」における工事状況については,城塚橋及び上網田橋下部工工事が行われております。

宇土市議会 2017-09-22 09月22日-05号

工事状況について,宇土市側では,盛土区間について軟弱地盤改良工事が行われております。また,熊本市側についても1件の改良工事が行われております。(仮称緑川大橋については,橋脚部分地質調査が行われております。 次に,宇土道路における工事状況については,城塚橋及び上網田橋下部工工事が行われております。

宇土市議会 2017-06-28 06月28日-04号

工事状況について,宇土市側では,盛土区間について軟弱地盤改良工事が行われております。また,熊本市側についても,1件の改良工事が行われております。(仮称緑川大橋については,橋脚部分地質調査発注手続き中とのことであります。 次に,宇土道路における平成29年度の国の当初予算は,6億1,000万円であり,前年度より1億1,000万円の増額となっております。 

宇土市議会 2017-03-22 03月22日-05号

工事状況ですが,宇土市側では,盛土区間について,軟弱地盤改良工事が行われているところであります。また,熊本市側については,軟弱地盤への対策について検討が行われており,1件の改良工事が行われております。(仮称緑川大橋については,下部工工事に向けて引き続き漁業補償協議が行われております。 次に,宇土道路については,割井川区及び平原区の橋梁予備設計が完了しております。

熊本市議会 2017-02-22 平成29年第 1回環境水道分科会−02月22日-01号

1の小型合併処理浄化槽設置費助成は、下水道事業計画区域外において、小型合併浄化槽を設置する皆様に補助金を支給するもので、今年度は熊本地震が影響し、建築資金軟弱地盤の問題から、個人住宅建てかえや建築が進まず、補助申請の数が伸びなかったことによるものでございます。  最後に、14ページをお願いいたします。  中段の1、し尿投入施設整備経費665万6,000円でございます。  

宇土市議会 2016-12-16 12月16日-05号

工事状況ですが,宇土市側では,盛土区間について,現在,軟弱地盤改良工事が行われているところであります。また,熊本市側については,軟弱地盤への対策について検討が行われており,今後の予定としまして,1件の改良工事が発注される予定であります。 緑川大橋については,漁業補償協議は,前回から進捗はありませんが,設計に必要な地質調査の立ち入りについては,了解が得られたとのことであります。 

玉名市議会 2016-12-08 平成28年第 6回定例会−12月08日-03号

非常にその唐人川系統というのは軟弱地盤というふうにずっとその昔から言われている地域だそうです。やっぱりそういうことも加味しますと、やっぱりもちろん熊本県としては13億円投資をして、一応工事は完了してるということなんですけれども、もし万が一、その常総市で起こりました鬼怒川の氾濫ですね、ああいうことが起こらないとも限らない。

荒尾市議会 2016-06-23 2016-06-23 平成28年第4回定例会(5日目) 本文

市長は過去に荒尾競馬場跡地等沿岸部について議会で附帯決議した、港湾や土木工学などの専門家による検証もないまま、何の根拠もなく「超軟弱地盤であり水害などの災害リスクが高く危険地域。」と安易に発言をされている。特に、沿岸部地域に住まわれている市民に対して心理的不安を与えてきたと思うが、今回の想定外の大地震による被害状況を踏まえて、いまだ「危険地域」という認識を持つでしょうか。  

宇土市議会 2016-03-23 03月23日-05号

また,「熊本市側」については,軟弱地盤への対策について検討が行われております。 (仮称緑川大橋については,下部工工事に向けて引き続き漁業補償協議が行われております。 次に,「宇土道路」については,網津地区網田地区用地調査が行われており,また,起点側終点側のJRをまたぐ橋梁予備設計及び県道58号と網津川をまたぐ橋梁部地質調査並びに橋梁予備設計が行われているとのことでした。