128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-12-02 令和 2年第 4回定例会−12月02日-02号

次に、警察庁調査によりますと、令和2年1月から9月までの熊本市の自殺者数は87人でございまして、昨年1年間の総数88人と既に同数程度となっております。新型コロナウイルス感染症の影響などにより、自殺リスク増加も懸念されるところであり、強い危機感を持って自殺対策に取り組んでまいります。  

八代市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-02号

警察庁は2020年1月6日に、2019年の交通事故死亡数統計発表し、それによりますと、2019年は死亡者数が過去最少の3215人で、高齢者死亡数は減少していますが、全体の5割以上を占めているとのことでありました。  本市においては、今年に入って1月に既に2件の交通死亡事故が起きています。  

長洲町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-16

議員がおっしゃいました長洲町通学路交通安全プログラム、この策定に関しましては、平成25年12月に、国土交通省文部科学省、あと警察庁から通学路の交通安全の確保に向けた着実、かつ効果的な取り組みの推進についてという通知があっておりまして、緊急合同点検を行って、その後も継続して、合同点検対策や改善の取り組みを推進する内容となっております。  

荒尾市議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年第5回定例会(5日目) 本文

警察庁は、昨年末時点で約563万人いる75歳以上の運転免許保有者が、202 2年には100万人増えて663万人に膨らむと推計している。  こうした状況を踏まえ、国は2017年施行の改正道路交通法で、75歳以上の免 許保持者違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務付けたが、いまや 高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。  

八代市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-02号

その事故以降も高齢者による事故が続いており、警察庁によると、75歳以上の高齢運転者は、この10年で2倍近くにふえ、事故率も75歳未満の2倍以上になっています。さらに、アクセルの踏み間違いは75歳未満の8倍近くに達しています。加齢に伴う判断力低下は、認知症と密接に結びついているとされ、このため、75歳以上で運転免許更新する場合は認知機能検査が義務づけられております。  

水俣市議会 2019-06-27 令和元年6月第3回定例会(第4号 6月27日)

警察庁によると、75歳以上の高齢運転者は、この10年で2倍近くにふえ、事故率も75歳未満の2倍以上になっている。高齢運転者事故要因アクセルの踏み間違いは、75歳未満の8倍近くに達している。加齢に伴う判断力低下は、認知症と密接に結びついている。このため75歳以上で運転免許更新する場合は、認知機能検査が義務づけられています。  

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

実際、2019年3月、警察庁発表によると、2018年に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーの約95%は、検査の結果、認知症ではない人だったこともあり、自動車の運転には認知機能低下だけに着目するのではなく、運転技量そのものに着目する必要があるとも言われています。  

熊本市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回都市整備委員会−06月24日-01号

次に、2番の警察庁通達箇所についてでございますが、過去5年間で子供が当事者となった重大事故が発生した箇所につきましては、交通管理者教育関係者点検を6月14日から実施しておるところでございます。  最後に、3番の園児移動経路安全確保についてでございます。ここにつきましては、関係省庁間で調整中としておりますが、6月18日付で内閣府から施設管理者のほうに通知が発出されております。

宇土市議会 2018-12-06 12月06日-02号

警察庁統計によりますと,全国で毎年8万人以上の方の行方不明届を受理しており,このうち認知症又は認知症の疑いにより行方不明になった旨の申し出があった人数は,平成27年が1万2,208人,平成28年が1万5,432人,平成29年が1万5,863人と増え続けており,届け数の20%近くに上っております。 次に,認知症の方が行方不明になった場合の捜索の流れについてお答えいたします。 

水俣市議会 2018-09-13 平成30年9月第3回定例会(第4号 9月13日)

警察庁運転免許統計によると、2017年の自主返納件数は42万3,800件で、その半数以上を75歳以上が占め、増加傾向にあります。  免許証自主返納を進めることが今後の人生を明るく、住みやすい環境をつくるために、以下質問いたします。  本市の65歳以上及び75歳以上の運転免許保有者は何名か。  近年の高齢者ドライバーによる事故件数はどうなっているのか。  

玉名市議会 2018-06-13 平成30年第 3回定例会−06月13日-03号

先週、警察庁発表によると、免許更新時に検査認知症の恐れがあるといわれた高齢者ドライバーが5万7,000人にのぼり、免許取り消し免許停止処分となったそうです。しかし、このことは免許自主返納全国で824万人、きのうは城戸議員が1,000万人を超えたということがありましたけども、これ熊本県でいうと14万人買い物難民、それから通院難民という問題が露呈をします。

熊本市議会 2018-06-11 平成30年第 2回厚生委員会−06月11日-01号

高取直樹 精神保健福祉室長  昨年の自殺者数のお尋ねでございますが、警察庁自殺統計でございます。昨年は自殺者数が98人でございます。前年度と比べまして22人の減少となっております。  以上でございます。 ◆田中敦朗 委員  あわせて、本人に聞かないとわかりませんけれども、その98人の方の自殺の理由に関して、どのように把握されていますでしょうか。