46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-09-09 令和 2年第 3回定例会−09月09日-03号

また、採用年数に応じた研修計画に基づき、行政能力、専門能力向上を図っているところでございますが、新興感染症等にも対応できる保健師育成を目指し、さらなる健康危機管理研修強化してまいりたいと考えております。          〔13番 日隈忍議員 登壇〕 ◆日隈忍 議員  答弁ありがとうございます。  

熊本市議会 2020-06-22 令和 2年第 2回予算決算委員会−06月22日-02号

こうしたミスが繰り返されていることで選挙正当性を揺るがし、ひいては本市行政能力に対する信頼を失墜させるものと大変重く受け止めております。  熊本市の全ての職員は、選挙事務は自らに課された重要な任務であるということを自覚するよう市長としても徹底して指導してまいりたいと考えております。         

熊本市議会 2020-06-15 令和 2年第 2回定例会−06月15日-04号

こうしたミスが繰り返されていることで、選挙正当性を揺るがし、ひいては本市行政能力に対する信頼を失墜させるものと大変重く受け止めております。熊本市の全ての職員は、選挙事務は自らに課された重要な任務であるということを自覚するよう、市長として徹底して指導してまいりたいと考えております。  調査検証は、第三者委員会によりまして公平公正な立場から可能な限り行われたと伺っております。

熊本市議会 2020-06-12 令和 2年第 2回定例会−06月12日-03号

こうしたミスが繰り返されていることで、選挙正当性を揺るがし、ひいては、本市行政能力に対する信頼を失墜させるものと大変重く受け止めております。  熊本市の全ての職員は、選挙事務は自らに課された重要な任務であるということを自覚するよう、市長として、徹底して指導してまいりたいと考えております。

熊本市議会 2019-09-06 令和 元年第 3回定例会−09月06日-03号

執行部におかれては、地域の違いを見越した法律をもとに、独自の制度具現化を図ることはとても高度な行政能力が求められると感じますが、私の思いは冒頭述べたとおりでございます。重ねて申し上げますが、研究が深まり、早期に実現化しますよう念じております。  さて、次は地方行政のあり方についてお尋ねさせていただきます。  

長洲町議会 2014-12-16 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 2014-12-16

また、ジョブローテーションを通じた定期的な人事配置により、幅広い行政能力の開発の育成も併せて図っているところでございます。  この中におきまして、外部研修の一部では、職員の主体性を確保するため、毎年予算編成時期に合わせて希望調査を行い、おのおのの職員の希望する研修への派遣を行っているところでございます。  

玉名市議会 2013-12-06 平成25年第 5回定例会−12月06日-01号

また、市の将来像やあるべき行政の姿を実現するためには、市民住民ニーズを的確に把握し、それに応じた適切な施策を遂行できる行政能力向上や、施策選択集中によるさらなる経費削減による財政力強化が必要であり、加えて急激な環境の変化に柔軟かつスピーディーに対応することのできる職員力経営力が求められております。

玉名市議会 2013-08-30 平成25年第 3回定例会−08月30日-01号

今後も市の将来像や、あるべき行政運営の姿を実現するため、市民ニーズを的確に把握し、それに応じた適切な施策が遂行できるよう、行政能力向上を目指すとともに、施策選択集中により、一層の経費削減による財政力強化が必要であると考えます。  次に、子育て、医療、福祉などの施策からなる暮らしの分野での達成度は、平成24年度末で68%、最終年度では73%を見込んでおります。

熊本市議会 2011-12-06 平成23年第 4回定例会−12月06日-05号

なぜならば、本市が今後政令市として大規模かつ多種多様な行政課題に対応していくためには、みずからの行政能力を高めつつ、さらなる権限と財源を求めていかざるを得ないと思うからです。だとすれば、ある意味これまで以上に県との二重行政の弊害を感じていくのではないでしょうか。  それを実証しているのが、政令指定都市市長会が提案している特別自治市との新たな大都市制度です。

玉名市議会 2009-06-11 平成21年第 4回定例会-06月11日-02号

合併によって財政力強化でありますとか、あるいは市としての行政能力向上でありますとか、そういうものがまずは市民ニーズに向けられてそれが生かされる市政の運営を心がけていくべきである。そういうふうに思うところであります。同時に、見方によりますが、この合併の痛みを非常に大きくまず感じたのは、あるいは職員の皆さんであったかもしれません。合併時697名いた職員が今620名を切っております。

玉名市議会 2008-06-12 平成20年第 2回定例会−06月12日-02号

地方分権時代に備えて各市町村行政能力がきちっとしておかなきゃならん、そのためには町村合併も進めてそれぞれの自治体行政能力をつかめておかなきゃならんということも私は合併が進められたひとつの大きな理由である、そういうふうに自身受けとめております。そしてその地方分権が言われ始めて数年がたちました。

熊本市議会 2007-12-12 平成19年第 4回定例会−12月12日-02号

妊婦健診については、厚労省が方針を出して1年、今の時点で方向も出せないようでは、その行政能力が問われます。政令指定都市に移行するためには、自治体の相当の力量もその要件となりますが、そういう点でもいかがなものでしょうか。最低5回は次年度実施すべきですし、望ましいとされる14回についても将来的に実施する見通しを示すべきであることを指摘いたします。  

熊本市議会 2007-03-07 平成19年第 1回総務委員会−03月07日-02号

半年もたって調査も済んでいないというなら、相当行政能力が問われると思うんです。それこそ問題だと思います。  それで、やはりこの19年度の早いうちにこの実態を改善して、もう即刻是正して、適切に、公平にこの管理がなされるように図っていただくようにしていただきたい。そこのところをきちんと表明していただくと、私としてはもう納得ができます。 ○坂田誠二 委員長  どうですか。

玉名市議会 2007-03-02 平成19年第 2回定例会−03月02日-01号

そのような中で顕在化する少子高齢化社会に的確に対応した施策を推進し、地方分権の受け皿となるよう行政能力を高めていくためには議会や市民の理解を得ながら、信頼と勇気ある改革を進めていかなければなりません。昨年末に市の最上位の計画である玉名市総合計画基本構想を策定しました。信頼と勇気ある改革を今後10年間の基本理念とし、人と自然が響き合う県北都玉名を将来像に施策を進めてまいります。

宇城市議会 2005-12-13 12月13日-03号

地方分権への対応、市町村には自己決定自己責任が求められて、企画立案を含めた行政能力向上を図り、財政基盤の確立をしていかねばならない今日であると思います。そこで行政組織改革に伴う取り組みについて、これは市長自らこの三大改革をいち早く取り上げ、そういう中での本市の発足でもあります。そこで、本年10月1日人事異動が行われました。