149件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八代市議会 2013-06-11 平成25年 6月定例会−06月11日-03号

また、昨年12月の議会、ことしの3月議会、そして、6月議会と、毎回の議会のたんびに、植原議員、小議員そして、太江田議員と、全く予期しない方々が御逝去なされ、本当に私たちも事故、あるいは健康に十分に留意しなければならないなと、そのように感じております。  皆様におかれましても、大切な地域の宝であります。

八代市議会 2013-03-04 平成25年 3月定例会−03月04日-02号

この議場に、志半ばで倒れられ、残念にも臨まれることができませんでした、先般急逝された小議員昨年亡くなられた植原議員に改めて哀悼の意を表したいと思います。  さて、3月1日に春一番が熊本に吹いたと報道され、私の家の近くの広場にも退職校長会からいただきましたカワヅザクラが一足早く満開の状態でございます。春爛漫の季節も、すぐそこと感じられるころとなりました。

八代市議会 2013-02-25 平成25年 3月定例会−02月25日-01号

中村和美君 登壇) ◆中村和美君 それでは、奥様、また、後援会の幹部の皆様がたくさんおいででございますが、僭越ながら、議会を代表いたしまして小議員へお別れ言葉を述べさせていただきたいと思います。  本日ここに、今は亡き小薗純一議員の御逝去を衷心より悼み申し上げますとともに、議員一同を代表して、謹んでお別れ言葉を申し上げます。  

八代市議会 2012-12-05 平成24年12月定例会−12月05日-04号

これは小議員質問にもありましたけれども、低所得者が圧倒的多数です。滞納のために資格証明書短期保険証を保持する人もほとんど変わっておりません。横並びです。  そこで、本市が低所得者への対応策をとっておられると思いますが、その内容についてと効果についてお尋ねいたします。            

八代市議会 2012-09-10 平成24年 9月定例会−09月10日-02号

(「おはようございます」と呼ぶ者あり)  小議員質問の、クルーズ客船寄港への準備状況についてお答えいたします。  御案内のとおり、来月には日本籍1隻、外国籍2隻の計3隻のクルーズ客船入港予定でございます。まず、10月5日には韓国ハーモニークルーズ社クラブハーモニー八代港に入港いたします。

八代市議会 2012-06-15 平成24年 6月定例会−06月15日-06号

市長福島和敏君 登壇) ◎市長福島和敏君) 小議員から、ざっと質問するから、ざっと答えろということでございますが、私自身市長になって、こういう質問は初めてで、経験もありませんし、財政とどうしたらいいかということで随分議論をいたしました。一口で言いますと、慣例でずっとやってきたということが答えで、これをどうするかというのが真剣に議論をしたわけです。答えは真剣に答えたいと思います。  

八代市議会 2012-06-12 平成24年 6月定例会−06月12日-03号

この3月議会同僚の小議員中心市街地活性化基本計画の総括について発言され、山本商工観光部長より、36事業が取り組まれ、3つの目標指数は達成できなかったが、下げどまり、または微増となっており、一定の効果はあらわれたと考えている。反省点としては、商店街への誘客につながらなかったこと、売り上げ増加まで至っていない点を指摘され、今後は商店街の主体的な活動が必要である。

八代市議会 2012-03-09 平成24年 3月定例会−03月09日-06号

たちはこの本会議で旧市のときに、これは小議員藤井議員も一緒でしっかり覚えておられると思いますが、大変この議場で混乱をしてですね、否決した経緯もあります。そういう中で、これは八代港の問題と工業用水上水道転用の問題です。当時の福島知事沖田市長が覚書、そしてまた1通については八代港の問題。八代港の問題についてはですね、ある程度県は今進んでおります。

八代市議会 2012-03-07 平成24年 3月定例会-03月07日-04号

あらかじめお断りをいたしておきますが、私も初日の小議員と同じで、態度は別といたしまして、決して声が大きいほうではありません。もし補聴器をお使いの議員さんがおいででしたら、少しボリュームを上げていただきますようにお願いをしたいと思います。  私自身、短い議員の期間ではありますが、一般質問の仕方についても決して行政側に詰問や攻撃はしないという方針なり信念なりを貫いてまいりました。

八代市議会 2012-03-06 平成24年 3月定例会-03月06日-03号

金額の大小じゃなくてですね、きのう、小議員からも指摘がありましたでしょう。市に金がないなら県や国から持ってこいと、そういう努力をしなさいと。そういうふうに言われましたね。私は大変すばらしい意見だと思って、きのう聞いておりました。  だから、別にですね、そういう金も持ってこれないならですね、知恵を使えばいいんですよ。

八代市議会 2012-03-05 平成24年 3月定例会−03月05日-02号

そもそもこの問題は、昨年の12月議会で小議員が、本市の国保の基金が他市町村と比べて保有額がかなり多いので、市民への税金の緩和措置として活用したらどうかという案から、市長が前向きにやることを前提に考えております、という答弁から始まったと考えます。  私は、この答弁は中身をよく精査もせず軽率な発言だったと思っています。

八代市議会 2011-12-05 平成23年12月定例会−12月05日-02号

しかしながら、今、小議員からお話がありましたとおり、世の中の仕組み、流れ、そういうことからしますと、現状では大変難しいということで、現在は1.6%に上がるべきものを、1.5%に据え置くという御提案を皆さんにさせていただいております。  また、現状を考えてみますと、震災後の増税が予想されます。

八代市議会 2011-09-09 平成23年 9月定例会−09月09日-06号

そういう点で、今、小議員が申されましたとおり、八代のスポーツによるまちづくり、そのアドバイザーみたいな形も考えながら、今後対応を考えていきたいと思います。アドバイス、ありがとうございました。 ◆小薗純一君 ありがとうございました。  私は、今の副市長答えに対してですね、そういう質問をしたつもりです。

八代市議会 2011-03-10 平成23年 3月定例会-03月10日-05号

初日は、小議員よりみずからのカラーはどこにあるのかと、そういう厳しい指摘もありました。2日目にも、田中議員より同様の質問がありましたが、特に、ここは聞いてくれぬかとか、言い足りなかったという部分もあろうかと思います。市長の予算に込めた思いというものをお聞かせください。  壇上での質問は以上で終わります。後の発言、再質問については発言者席より行います。

八代市議会 2011-03-07 平成23年 3月定例会−03月07日-02号

今、小議員から、先ほど100億円の目標に対してたった5億円しか、ぬしゃ、23年度末にはなかつよと。まあ、多分私、実は答えるとき非常に心苦しかったんですね。そんな中で、じゃあ、もう少し、どんどんその目標に向かっていくためには、今やっている事業をもう一回ゼロベースで、市民ベースで見直せないかというのが、今度の発想なんですね。