224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

玉名市議会 2019-06-28 令和 元年第 1回定例会−06月28日-05号

派遣目的日本遺産に関する3市合同の議員研修会への出席のため  派遣場所、山鹿市役所本庁5階会議室  派遣期間、令和元年8月20日の1日間  派遣議員、全議員  平成29年4月に、日本遺産に認定されました「米作り、二千年にわたる大地の記憶〜菊池川流域「今昔「水稲」物語」〜」に関し、山鹿市・菊池・玉名市の菊池川流域3市議会議員合同の研修会が開催され、全議員が出席されることとなっております。

玉名市議会 2019-06-14 令和 元年第 1回定例会−06月14日-02号

熊本県内におきましても、天草市や菊池などがこの事業に取り組んでおられますが、モデル事業調査報告書を拝見いたしますと多くの課題もあるようでもございます。しかしながら本市といたしましても、議員がおっしゃったとおり、非常にこの事業についても有効と考えますので、先進自治体の事例等を参考にしながら、関係人口創出について検討してまいる所存でございます。  以上でございます。

玉名市議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会-03月06日-03号

この計画、昨年の12月末現在で、全国で186の自治体が計画を作成しており、熊本県内におきましては、都市計画の区域を有する自治体14市7町のうち、熊本市、荒尾市、菊池の3市のほうが計画策定を終わられている状況でございます。本市といたしましても今議会債務負担行為を上程しておりますので、御承認後、新年度から3年間で計画策定を予定しております。

玉名市議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会−03月05日-02号

先進地の太宰府市では、8年前に制定され、県内では菊池のみが制定されております市民遺産制度を20年目の節目を機に、また、天皇陛下即位のため元号も変わります。平成は一昔前となっていきます。ここで玉名市百選に変わる、そして関わる市民に光を当てることでモチベーションアップにもつながり、強いては市民健康増進、地域振興、経済効果にも大いに貢献できると期待が持てるこの制度を制定することは有効と考えます。  

玉名市議会 2018-12-26 平成30年第 5回定例会−12月26日-05号

派遣目的 日本遺産に関する3市合同の議員研修会への出席のため  派遣場所 玉名市役所本庁4階会議室  派遣期間 平成31年1月29日の1日間  派遣議員 全議員  平成29年4月に日本遺産に認定されました、「米作り、二千年にわたる大地の記憶〜菊池川流域「今昔『水稲』物語」〜」に関し、山鹿市・菊池・玉名市の菊池川流域3市議会議員合同の研修会が開催され、全議員が出席されることとなっております。

玉名市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-03号

このような本市の特色や優位性を生かして、本市の魅力を全国に発信し、新幹線新玉名駅など地理的優位性をしっかりと生かした活動も荒尾市、山鹿市、菊池、阿蘇市、島原市など、有明城北圏域を意識した県北の都として玉名市の将来像につながるものであるというふうに考えているところでありますので、そういった今後のまちづくりにありましても、議員各位の御理解と御協力を切に賜りたいというふうに存じます。  

玉名市議会 2018-09-13 平成30年第 4回定例会-09月13日-04号

◆7番(北本将幸君) この3,500人、目標に近づけるということなんですけど、2,000人ぐらいだったんで、3,500人って多いのかなと思っていたんですけど、きのうの説明会であったんですけど、この県北の菊池平成29年度で4万2,086人、とうに3,500人超えられています。お隣の山鹿市さんも平成29年度は3,538人と、3,500人達成されています。玉名市は、2,000人ぐらいと。

玉名市議会 2018-09-11 平成30年第 4回定例会−09月11日-02号

次に、本市が行なっている松原海岸でのイベントの状況につきましては、平成28年度から海水浴期間以外の利活用の推進と市外からの誘客を目的として県北3市1町、菊池、山鹿市、和水町、玉名市が連携した北熊アウトドアフェスを実施しており、本市ではビーチを利用したアクティビティとして、ウォーターサバイバルゲーム大会とビーチサッカーフェスタを行なっております。

水俣市議会 2018-06-28 平成30年6月第2回定例会(第4号 6月28日)

まず1点目に、消防団員の減少に歯どめをかけるために、報酬の増額も必要ではないかという御質問でありますが、まず消防団員の報酬を県内14市で比較をいたしますと、一番高いのが上天草市の3万1,700円、一番低いのが山鹿市の1万5,000円で、本市は菊池、合志市と並び2万円であり、県内では7番目となります。  

水俣市議会 2018-06-27 平成30年6月第2回定例会(第3号 6月27日)

熊本県では、既に天草市や菊池など、このサテライトオフィスの事業で先に手を挙げていらっしゃるというふうに聞きました。本市も負けることなく、早目の行動をお願いし、この質問を終わります。 ○議長(福田 斉君) 次に、農業政策について、答弁を求めます。  城山産業建設部長。   (産業建設部長 城山浩和君登壇) ○産業建設部長(城山浩和君) 次に、農業政策について、順次お答えします。  

宇土市議会 2018-06-15 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月15日−03号

昨年の12月議会の中でも紹介させていただきました菊池の「きくち防災行政ナビ」のように,宇土市防災行政無線から流れる情報行政からのお知らせも宇土市お知らせメールから配信していただけないかと思いますが,総務部長にお伺いをいたします。 ○議長(山村保夫君) 総務部長,杉本裕治君。 ◎総務部長(杉本裕治君) 御質問にお答えします。  

玉名市議会 2018-06-12 平成30年第 3回定例会−06月12日-02号

具体的には、平成26年度の香港へのトップセールスに始まり、台湾の台北市及び高雄市での旅行博への出店、いちごマラソンを素材としたツアーの商品化、菊池、山鹿市、和水町及び玉名市で構成するくまもと県北観光議会への広域連携事業などを実施しており、着実にインバウンド施策を進めているところです。  

玉名市議会 2018-06-04 平成30年第 3回定例会−06月04日-01号

玉名市でも、菊池、山鹿市、和水町の首長さまをはじめ、議員各位、そして国土交通省消防団協力事業所などで編成する水防班が一堂に会し、先月13日に菊池川水防演習を実施し、大雨時などの対処について訓練を行い、また、関係機関との会議などの中でも、市民の尊い生命財産災害から守るため、本格的な出水期を迎えた、この時期の大雨情報などに細心の注意を払いながら、お互いの連携を強化し、防災体制等の確立に努めてまいることといたしております

玉名市議会 2018-03-26 平成30年第 2回定例会−03月26日-05号

昨年サッカー中体連県北大会が山鹿市、大津町、七城町、菊陽町で1週間にわたって開催され、全国から山鹿市や菊池などに宿泊されている。大会を誘致できるような設備、地元が活性化するような設備をつくっていかないと、そういった大会誘致を見逃すことになり、地元経済にマイナスであるそういった観点を総合的に考えて、場所や規模、附帯設備についても考えていくべき、との意見がございました。  

八代市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会−03月08日-05号

繰り入れの額を調べてみますと、熊本市は10億6040万円、宇土市で2億1000万円、上天草市で1億6935万円、菊池で4421万円、多良木町で2368万円などです。これらの自治体は、独自の判断で激変緩和に頑張っています。  国保税が特別会計であることは法定外繰り入れをしない理由にはなりません。「国保実務」の10月2日号には、国保の都道府県化に基づく激変緩和について、次のように書かれています。