180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇土市議会 2020-06-17 06月17日-02号

この相談窓口は,正職員会計年度任用職員とその被扶養者が,電話メール臨床心理などに健康相談ができ,状況によっては,県内の施設で専門家面談を受けることができるものです。この窓口に関する情報につきましては,毎週水曜日に繰返し全庁メールで周知しております。 以上でございます。 ○議長柴田正樹君) 藤井慶峰君。 ◆13番(藤井慶峰君) ありがとうございました。

南小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

最後に、精神面ケアですが、町では、小国小学校小国中学校教育相談員を配置して、児童生徒保護者が抱える様々な不安への対応を行っているほか、山形県スクールカウンセリング研究会代表世話人である臨床心理の大御 均先生によるスクールカウンセリングを年6回、個別相談の形を取り実施しており、今年度も既に5月末に実施しました。

長洲町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-16

また、臨床心理、助産師による相談事業実施など、母親や乳児の心身ケア育児サポート等育児不安からの心身の安定を図る目的で子育て支援事業への取り組みに力を入れているところでございます。  3点目の、育児体験活動への取り組みにつきましては、町内の保育所認定こども園において、両中学校の3年生の生徒保育実習ということで、保育体験を毎年行っている状況であります。  

玉名市議会 2019-12-10 令和 元年第 3回定例会−12月10日-04号

そのほか、広報たまなやホームページにおいて定期的に周知し、臨床心理による年16回の無料相談を開催するなど、さまざまな心の悩みをお持ちの人に対し、直接に向かい合い、面談による丁寧な対応を行なっております。  今年度におきましては、9月に職員対象とした自殺予防に関する研修や、また、11月には市民やその他関係機関対象とした自殺対策研修会を開催し、啓発活動にも取り組んでいるところでございます。

玉名市議会 2019-11-27 令和 元年第 3回定例会−11月27日-01号

委員から、「玉名市の自殺率県内平均より高いが、自殺防止取り組みは」との質疑があり、執行部から、「電話予約による臨床心理による個別相談実施しており、今後も継続して実施したい。そのほか、関係機関対象研修会の開催を予定している。また、今年度自殺対策の計画を策定予定であり、個人情報を含むため、慎重に取り扱う必要があるが、自殺者が減るよう努力していきたい」との答弁でした。  

荒尾市議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第5回定例会(3日目) 本文

平成29年度応募状況については、一般事務職が47名、土木職が1名、身体障がい者の事務職が1名、臨床心理が1名、土木施工管理技士については応募がなく、また、試験を受けなかった辞退者については、全体で14名にもなり、実質36名の受験となりました。  この大幅な減少を受けまして、平成30年度の募集については、前期試験後期試験にわけるなど、採用試験のあり方を変更いたしました。

荒尾市議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年第4回定例会(4日目) 本文

また、福祉課内には、精神保健福祉士をはじめ、臨床心理、社会福祉士など資格を持った職員が在籍しておりますので、連携しながら取り組むとともに、「熊本県ひきこもり地域支援センターゆるここ」や、医療機関就労支援事業所への紹介や、本人の同意を得ての自宅訪問等アウトリーチ実施をしております。  

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

あわせて、ひきこもりといいましても、経済的困窮を伴うケースや精神的な病状に起因したケース就労支援が必要なケースなど、さまざまなケースがございますので、生活相談支援センター相談支援員福祉課に在籍する精神保健福祉士社会福祉士臨床心理等の資格を持つ職員とが連携しながら対応をしているところでございます。  

荒尾市議会 2019-06-24 2019-06-24 令和元年第4回定例会(2日目) 本文

具体的な取り組みとしましては、各学校においては、アンケート調査個人面談教育相談などを通じて、日常的ないじめ把握に努めるとともに、心の教室相談事業により相談員を配置し、心の教育及び生活指導充実を図っていることにあわせ、教育委員会臨床心理スクールソーシャルワーカーを配置し、学校現場と連携した実務レベル教育相談体制を整えております。  

荒尾市議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第1回定例会(2日目) 本文

いじめ虐待対策につきましては、各学校実施しますアンケート調査個人面談教育相談などを通じて、日常的ないじめや家庭での状況把握に努めるとともに、心の教室相談事業により相談員を配置し、心の教育及び生活指導充実を図っていることにあわせまして、教育委員会臨床心理スクールソーシャルワーカーを配置し、学校現場と連携した実務レベル教育相談体制を整えております。  

荒尾市議会 2018-12-18 2018-12-18 平成30年第4回定例会(4日目) 本文

具体的な取り組みとしましては、各学校においてはアンケート調査個人面談教育相談などを通じて、日常的ないじめ把握に努めるとともに、心の教室相談事業により相談員を配置し、心の教育及び生活指導充実を図っていることに合わせ、教育委員会臨床心理スクールソーシャルワーカーを配置し、学校現場と連携した実務レベル教育相談体制を整えております。  

八代市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会−12月04日-02号

障害福祉サービス、いわゆる療育を受けるに至った経緯の中で最も多いのは1歳6カ月児健診や3歳児健診等の際に、母親等から子育てに関する困り感の訴えなどがあり、市の子供発達相談を介し、臨床心理による発達検査相談を経たケースです。また、保護者が自発的に専門医療機関を受診した場合や、主治医や保育園などから勧められ専門医療機関を受診したケースなどがあります。  

荒尾市議会 2018-06-19 2018-06-19 平成30年第2回定例会(4日目) 本文

年度からは、職員採用した臨床心理スクールカウンセラーとして専従させており、教育相談にかかるさらなる連携強化を図っております。  本市の小学校におけるいじめの現状でございますが、平成29年度における1,000人当たりの認知件数は11.8件で、全国平均より低く、ここ数年減少傾向にございます。  

熊本市議会 2018-03-15 平成30年第 1回教育市民分科会−03月15日-02号

その後、専門的な臨床心理資格を持つスクールカウンセラーの導入を徐々に図りまして、一昨年までは中学校の半分、21校を拠点校としましてスクールカウンセラーを配置しておりました。スクールカウンセラーの枠を徐々に拡大するにつれて、心のサポート相談員の方は人員的には少しずつ減少していったというのがこれまでの経緯でございます。 ◆古川泰三 委員  当初より半分以下になっている。46人だからね。

熊本市議会 2018-03-14 平成30年第 1回予算決算委員会−03月14日-04号

この福田病院には、産婦人科医を初め、助産師臨床心理、ソーシャルワーカーなど、専門的スタッフ年間1万件を超える出産から育児相談も受けていますが、問題解決策の一つとして、5年ほど前から特別養子縁組のあっせんに関する第三者委員会設置等、独自のノウハウを磨きつつ、全国規模で、養親を紹介し合う協議会の中心的な役割も担っておられます。  

荒尾市議会 2018-03-13 2018-03-13 平成30年第1回定例会(5日目) 本文

子育て支援センター設置や運営に当たり、保健師助産師、あるいは臨床心理ソーシャルワーカーなどの専門職実施事業に応じて適切に配置し円滑に業務を進める必要がありますことから、人材の確保はもちろんのこと、十分な広さの相談室確保などを図ることによって、市民にとって利用しやすい環境を整えたいと考えております。  次に五つ目関係機関との情報の共有にお答えします。  

熊本市議会 2018-03-07 平成30年第 1回定例会−03月07日-05号

このため熊本市では、この結果をもとにしたスクールカウンセラーを配置し、児童生徒カウンセリングを行うとともに、保護者や教員の相談に応じ心のケアを行い、幸いにも全国からも臨床心理が来ていたことで、昨年2月23日の6回目調査では465人に減少し、このまま落ちつくのではと思われていましたが、平成29年度に入り行われた調査では、1回目は834人にふえ、2回目の調査でも961人とふえていました。  

熊本市議会 2018-03-06 平成30年第 1回定例会−03月06日-04号

スクールカウンセラーは、今年度熊本地震後の子供たちの心のケアを図るため、臨床心理を全中学校区に配置して、これまでの約2倍の活動時間を確保しております。  また、スクールソーシャルワーカーは、先ほど御質問にもありましたけれども、今年度は9人体制年間9,900時間、次年度予算案では10人体制、1万1,000時間を予定しております。