2709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2020-11-26 11月26日-02号

先日、グランメッセで開催されました「創造的復興に寄与する先進建設防災減災技術フェア」でも、多くのブースでAIを活用した技術が展示され、見学に来ていた高校生は興味津々に見たり、あるいはその技術を体験しているのを見て、今の子供たちAI技術に対する関心の高さ、あるいはそれに対する適応能力の高さを目の前で見てまいりました。 

熊本市議会 2020-09-29 令和 2年第 3回定例会−09月29日-06号

│  また、多くの知的障がい者には契約能力がないと判断されているにもかかわ │ │ らず、支援費制度以降、障害福祉サービス利用契約が知的障がい者と事業者 │ │ 間で行われているところです。                      │ │  このような仕組みの下では、国等行政機関公的責任が明確ではないばかり │ │ でなく、むしろその後退が進む懸念を持っています。

荒尾市議会 2020-09-28 2020-09-28 令和2年第4回定例会(5日目) 本文

さらに政府は、地上配備型迎撃システム、イージス・アショアの配備を撤回したことを受け、敵基地攻撃能力の保有を含む安全保障政策の見直しの検討を進めており、先制攻撃を含め、日本はますます戦争のできる国へと突き進んでいます。  荒尾市は、非核平和都市を宣言しており、平和行政としてのアピールをしています。

合志市議会 2020-09-20 09月20日-05号

認定第6号 平成30年度合志市工業用水道事業会計利益の処分及び決算 委員より、「現在、工業用水道のキャパシティー、契約水量はどれくらいなのか」との質疑に対して、執行部より、「平成30年度末時点で給水の企業数は7件、配水能力は1日当たり2,300立方メートル、契約水量は1日当たり2,154立方メートルとなっており、契約率は93.65%となっている」と答弁がありました。 

荒尾市議会 2020-09-16 2020-09-16 令和2年第4回定例会(4日目) 本文

生まれた環境能力、発達の違いに関わらず、等しく一人の人間として、それぞれの大切な今を生きています。  ところが、大人はつい子供の声を聞かず、大切にしなければならない子供の今を奪いがちです。学校でも地域でも、様々なところで子供たちは安心で安全な今を過ごす権利を奪われているのではないでしょうか。  しつけのためにという理由で虐待を繰り返し続け、命を落としてしまう子供も数多くいるのが、日本の現状です。

荒尾市議会 2020-09-15 2020-09-15 令和2年第4回定例会(3日目) 本文

荒尾職員セクハラ・パワハラ防止指針に掲げる三つの基本姿勢に関する取組を中心に継続して行い、全ての職員が平等で、互いの人権が尊重され、その能力を十分に発揮できる職場環境づくりに努めていきたいと考えております。 12:◯坂東俊子◯坂東俊子君 一通りの答弁、ありがとうございました。  

荒尾市議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第4回定例会(2日目) 本文

多量の雨が降ることで、河川が氾濫したり堤防が決壊したりすることで、市街地農地などに水が流れ込む外水氾濫に加え、市街地農地などに、排水能力を超える多量の雨が降り、排水が追いつかず、建物や土地が水に浸かる現象で浸水害と呼ばれることもあります。  さらに、内水氾濫は、二つのパターンに分けられます。

熊本市議会 2020-09-09 令和 2年第 3回定例会−09月09日-03号

また、採用年数に応じた研修計画に基づき、行政能力、専門能力向上を図っているところでございますが、新興感染症等にも対応できる保健師育成を目指し、さらなる健康危機管理研修強化してまいりたいと考えております。          〔13番 日隈忍議員 登壇〕 ◆日隈忍 議員  答弁ありがとうございます。  

合志市議会 2020-08-27 08月27日-02号

成年後見制度は、認知症や知的障がい、精神障がいなどの理由で、判断能力が不自由な方々財産管理介護サービス施設入所に関する契約など、本人が不利益を被らないように保護し、支援するものでございます。判断能力の程度に応じて「後見」「保佐」「補助」の3段階に分かれ、本人や親族の申し立てにより、家庭裁判所で選任された後見人等支援をいたします。

荒尾市議会 2020-06-23 2020-06-23 令和2年第3回定例会(3日目) 本文

Society5.0時代を生きる子供たちが、未来社会を自立的に生き、社会形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成していくため、今後も努力していく所存でございます。  続きまして、健やかな学び保障感染防止対策でございます。  学び保障につきましては、議員お話しのとおり、学校ICTの整備も大きな取組の一つでございますが、そのほか様々な取組を展開してまいります。  

熊本市議会 2020-06-22 令和 2年第 2回予算決算委員会−06月22日-02号

こうしたミスが繰り返されていることで選挙正当性を揺るがし、ひいては本市行政能力に対する信頼を失墜させるものと大変重く受け止めております。  熊本市の全ての職員は、選挙事務は自らに課された重要な任務であるということを自覚するよう市長としても徹底して指導してまいりたいと考えております。         

合志市議会 2020-06-18 06月18日-03号

今後も公共施設などの建設や運営などを民間企業の資金や経営能力技術能力を生かす方法として、指定管理者制度公設民営方式包括的民間委託自治体業務のアウトソーシングなどを常に考慮しながら対応していきたいと考えております。 以上です。 ○議長(坂本武人君) 澤田議員。 ◆6番(澤田雄二君) 一概には言えないということですね、わかりました。

熊本市議会 2020-06-17 令和 2年第 2回総務分科会-06月17日-01号

これは、総務省消防庁補助内示を受けまして、災害時における消防団救助能力向上を図るため、夜間活動のための投光器や発電機とともに水難救助用ボート等配備し、地域防災充実強化へつなげるものでございます。  以上でございます。 ○高本一臣 分科会長  次に、議第142号「熊本市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」の説明を求めます。