38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

熊本市議会 2020-06-17 令和 2年第 2回総務分科会-06月17日-01号

続きまして、(4)番、職員意識向上に取り組むことにしておりまして、民主主義の根幹であります選挙が適正に行われまして、有権者の貴重な1票に込められた民意を開票結果として正しく示すことが選挙事務での使命であることを十分認識して選挙事務に取り組む必要がありますので、この意識改革についても十分に取り組んでまいりたいというふうに考えております。  選挙管理委員会からの説明は以上でございます。

熊本市議会 2018-03-09 平成30年第 1回定例会−03月09日-06号

この取り組みにより、市民サービス向上を図りつつ、時間内に仕事を終える、不要不急の時間外勤務をしないという職員意識変化も見られるなど、一定の効果が出ているところでございます。  今後もこのような取り組みを継続していくことで、長時間勤務による健康被害の防止やワーク・ライフ・バランスの観点からも、人件費を含めたコスト削減に努めてまいります。          

熊本市議会 2017-06-14 平成29年第 2回定例会−06月14日-04号

加えまして、本年2月から業務の終了時間を定めた時間外勤務成果としましては、通常業務の時間外勤務が時間数にして平成27年度比で年間35.2%の削減、また新たなルールを実施した2月、3月を平成27年度と比較すると39.6%の削減となったところであり、さらには職員意識変化仕事のやり方の見直しにもつながっているものと考えております。

熊本市議会 2016-09-21 平成28年第 3回予算決算委員会−09月21日-04号

決算について」中、当分科会関係分について論議があり、  一、職員意識向上事業について、事務処理ミス根絶に向けた努力が続けられているものの、軽微な事務処理ミスが散見される。特に、今年度は通常業務に加え、復旧・復興業務を行っている現状を考慮すると、人員配置見直しによる職員負担軽減を図り、改善してもらいたい。  

荒尾市議会 2016-09-20 2016-09-20 平成28年第5回定例会(4日目) 本文

14:◯前田敬介◯前田敬介君 所掌事務、そのときに動く内容というのは、今、全職員意識が高い人も低い人もたぶんいらっしゃると思うんですけれども、本当に動けるんですかね。何人充てるとか、これを自分が、今、その災害時に急にきたときに動ける意識をつけているのかなと思うんですが、ちょっとそこら辺が疑問なんですけれども。  

熊本市議会 2016-09-14 平成28年第 3回総務分科会−09月14日-01号

山部洋史 委員  それでは、決算状況報告書の43ページ、職員意識向上事業についてお尋ねします。  この件は昨日も総括質疑で、あと繰り返し質問されてきたところですので、ただ一方で、やはり成果指標達成状況がずっと未達成であることと、指標との乖離が大きいということで、再度委員会でもお尋ねさせていただきたいと思います。  

熊本市議会 2016-09-13 平成28年第 3回予算決算委員会−09月13日-03号

続きまして、職員意識向上事業についてお伺いいたします。  この職員意識向上事業について質疑をするというのも、なかなか私自身としても、毎年毎年さまざまな不祥事とか事務処理ミスが起こっているということで、例年起こっている中で、私が議員になって、そういったことが起こらなかったことは、多分1回もないのかなと思っています。  

八代市議会 2015-11-30 平成27年12月定例会−11月30日-02号

幸村香代子君 2項目め人権に関する市職員意識調査についてお尋ねをいたします。  本年3月の一般質問のセクハラ問題について取り上げましたが、その折、市職員を対象にした人権に関する意識調査を行う旨の答弁がありました。その際、ハラスメントに関する項目も入れるということでした。その調査が終わったということですので、その内容についてお聞きします。

八代市議会 2014-09-08 平成26年 9月定例会−09月08日-02号

次に、職員意識改革についてでございますが、住民自治組織が全校区で立ち上がり、自治活動活性化には行政支援を含めた職員サポート体制は必要であると認識しております。住民自治によるまちづくりは、これまで市民講座まちづくりによる研修会、先進地から招いての講演会などを開催されています。  私は、自治体職員行政のプロであり、職員意識改革市民にとって非常に重要なことであります。

熊本市議会 2014-06-12 平成26年第 2回定例会−06月12日-05号

そこで、本年度は例年実施しております全般的な男女共同参画意識を高めるための職員研修に加えまして、女性職員活躍促進に向けた研修を行いますほか、今後の取り組みに生かすため、例えば産休、育休の取得における課題と昇任に対する考え方など、職員意識調査を実施することとしているところでございます。  

熊本市議会 2013-12-10 平成25年第 4回定例会−12月10日-03号

まず、1点目の開票に臨む姿勢でございますが、昨年末の衆議院議員選挙では、複数ミスによる開票作業のおくれとともに、選挙事務に対する職員意識欠如も指摘されたことから、今年度から選挙事務に対する意識向上を図ることを目的に、新規採用職員研修選挙事務に関する研修を組み入れたところでございます。  

熊本市議会 2013-09-26 平成25年第 3回企画教育市民分科会−09月26日-01号

大石浩文 委員  そういった研修の中に織り込んであるということですが、市長部局においては、同様に不祥事根絶に向けてということで、これも決算状況書あたりを見てみると、非常にこの、特にやはり大きな職員意識向上事業ということで、コンプライアンス推進室が所管をしながら、いわゆる法令遵守、公務員としての意識倫理観を高めてということで、一つの事業としてこれはその点に取り組んでいるということがあるわけです。

合志市議会 2012-09-18 09月18日-04号

行政評価の検証につきましては、毎年職員に対して実施しております行政改革に関する職員意識調査と、そういったものの中で設問を設けて職員意識についての把握を行っております。その中で、行政評価に関する理解度という設問がございまして、それに対しまして回答は十分理解している、大体理解しているが合わせて69%でございました。

熊本市議会 2012-03-13 平成24年第 1回総務分科会−03月13日-01号

今後、このような事案が再び起こらないように管理チェック体制強化職員意識改革に努め、市民皆様信頼回復に取り組んでまいりたいと思います。  まことに申しわけございませんでした。 ◎橋本孝 消防局長  消防局でございます。私ども、委員会の御審議に先立ちまして、職員不祥事につきまして、おわびと御報告を申し上げたいと存じます。  

熊本市議会 2011-10-07 平成23年10月 7日財政運営のあり方に関する特別委員会-10月07日-01号

そしてまた、職員意識醸成という、非常に柔らかいイメージの言葉がありますけれども、これは要するに、もうすべての職員が、この公会計を活用して自分職場において何らかの結果を出さなければならないという意味合いのものです。醸成という、非常に柔らかい言葉ですけれども、同課のすべての管理職の方々が、この公会計を活用しようと思う気持ちを、まず持っていただきたいという言葉だと御理解いただきたいと思います。  

熊本市議会 2011-06-07 平成23年第 1回(閉会中)総務委員会−06月07日-01号

今後、このような事案が再び起こらないよう、事務事業の再点検を行いますとともに、管理チェック体制強化職員意識改革に努め、市民皆様信頼回復に取り組んでまいりたいと考えております。まことに申しわけございませんでした。 ○くつき信哉 委員長  発言は終わりました。  次に、執行部の紹介をお願いいたします。

熊本市議会 2010-12-10 平成22年第 4回総務分科会−12月10日-01号

今後さらに、職場風土改革職員意識改革に向けまして粘り強く取り組み市民皆様信頼回復に努めてまいりたいと考えております。何とぞよろしくお願い申し上げます。 ○齊藤聰 分科会長  発言は終わりました。  これより分担議案の審査を行います。  議第265号「平成22年度熊本市一般会計補正予算」中、当分科会関係分についての説明を求めます。

  • 1
  • 2