877件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2020-12-17 12月17日-06号

国会では、12月初旬、事業規模26兆円の大型経済対策閣議決定されました。このような国の政策に対しては、時を違わずして迅速に取り組み、新たな施策を展開していく必要もあります。 しかし、一方で、将来にわたり市民サービスを継続していくには、常に財政運営健全性を保ち、財政規律を堅持するための実効性のある仕組みを持つことが大変必要であります。

合志市議会 2020-09-20 09月20日-05号

共同通信社が9月11日、12日、両日に実施した世論調査によりますと、「今後安倍政権が優先して取り組むべき課題は何だと思いますか、二つまで答えてください」の質問には、年金、医療、介護が最多の47%、2番目が景気や雇用など経済対策そのあと子育て少子化対策25.7%と外交安全保障23.3%は続きますが、憲法改正は5.9%です。

荒尾市議会 2020-06-30 2020-06-30 令和2年第3回定例会(6日目) 本文

コロナ禍における緊急経済対策での国支給10万円の特別定額給付金において、オンラインによる申請ができること、あるいはマイナンバーカードでしか申請できないとの勘違いもあり、若干の伸びがあったようです。  この特別定額給付金でのオンライン申請において、暗証番号を忘れた、暗証番号を複数回間違え、ロックがかかってしまったことで、全国の自治体窓口での混雑。システムに負荷がかかりオンライン障害が発生。

宇土市議会 2020-06-30 06月30日-05号

商工費では,新型コロナウイルス経済対策商品券事業費として5,310万2千円を増額するものであります。 次に,議案第59号,令和年度宇土一般会計補正予算(第5号)について。当委員会所管の主なものを申し上げます。 まず,農林水産業費では,食品産業・6次産業化交付金事業として4,796万4千円を増額するものであります。 

荒尾市議会 2020-06-24 2020-06-24 令和2年第3回定例会(4日目) 本文

現在、各国で感染が広まっており、主要国でも経済の急回復は見通せず、過大な債務を抱え、通貨や財政が弱い国々では、経済対策の余地も少なく、社会不安が強まり、貧困層を中心に恐慌の生活苦から暴動が頻発し始めたり、国内対立国際関係の悪化も激化するなど、世界は激変していると言われています。  

玉名市議会 2020-06-23 令和 2年第 4回定例会−06月23日-06号

補正の主な内容は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う追加経済対策を盛り込んだ国の第2次補正予算の対応、また、本市独自の緊急経済対策の第3弾として、中小小規模事業者に対する家賃補助など、4事業総額9,509万6,000円について、早急に対応するためのものであるとの説明があり、続いて歳入について項目ごと説明がありました。  

荒尾市議会 2020-06-23 2020-06-23 令和2年第3回定例会(3日目) 本文

今後の経済対策をお伺いいたします。  次に、4)介護崩壊を防ぐ対策等についてお尋ねをします。  高齢者が入所する介護施設感染した入所者職員は、5月8日時点で少なくとも700人おり、このうち79人の方が亡くなっていたことが共同通信の調査でわかっています。国内の亡くなった方の14%にも上っています。  自宅から通うデイサービスやショートステイの通所施設でも、9人の方が亡くなっております。

宇土市議会 2020-06-19 06月19日-04号

また,新たな支援策として,宇土新型コロナウイルス経済対策商品券給付を予定しております。これは基準日,6月1日までに認定を受けた令和年度就学援助受給者が属する世帯世帯主について,基本額1万円に2万円を上乗せし3万円分の商品券給付するものでございます。 今後も継続して,就学援助制度の周知の徹底を行ってまいります。 以上でございます。 ○議長(柴田正樹君) 福田慧一君。

玉名市議会 2020-06-11 令和 2年第 4回定例会−06月11日-04号

しかし、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として成立した令和年度補正予算では、2023年度に達成を目指していた1人1台の端末整備を前倒しし、今年度中に行なうこととして、令和年度補正予算に計上されていた小学校5年、小学校6年、中学校1年以外の全ての学年分について補助金が計上されました。本市としましても、今年度中に1人1台の端末を整備できるよう準備を進めているところでございます。  

玉名市議会 2020-06-10 令和 2年第 4回定例会−06月10日-03号

国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策といたしまして、感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済住民生活支援し、地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるように創設されました地方創生臨時交付金が国の第1次補正で1兆円計上されたところでございます。本市への第1回目の配分額は、2億8,443万円で、市独自の経済対策生活支援対策の財源とするものでございます。

南小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

本町には7,624万1,000円の限度額が示されましたので、この交付金を活用し、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う予防対策及び経済対策を実施することとし、所要額追加しました。  このほか、年度当初の人事異動に伴う職員人件費及び会計年度任用職員報酬等の組替え、財政調整基金への積み増し等合わせて2億1,396万8,000円を措置するものです。  

玉名市議会 2020-06-01 令和 2年第 4回定例会−06月01日-01号

また、先月27日、政府は新型コロナ感染拡大を受けた経済対策として、過去最大規模となる32兆円にも上る巨額な二次補正予算案閣議決定。今月中旬の成立予定ですが、スピード感実効性が強く問われる中、支援が必要な方々に対し、いかに早く、迅速に届けることができるかが課題となっております。

南小国町議会 2020-05-15 令和2年第6回臨時会(第1日) 本文 2020-05-15

今回の補正は、4月30日に決定された国の2020年度補正予算を受け、「子育て世帯への臨時特別給付金」の実施に要する経費及び新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け、町の単独事業として実施する感染防止対策及び経済対策等に要する経費、合わせて3,301万8,000円の増額を行うものであります。この結果、補正後の予算総額は68億4,177万5,000円となります。  

玉名市議会 2020-05-13 令和 2年第 3回臨時会−05月13日-01号

そこで玉名市といたしましては、現在、最も困っておられる飲食店本市観光資源温泉旅館に重点的かつ迅速に支援を図ることを目的に、5月1日に補正予算を専決処分させていただき、緊急経済対策の第1弾として、飲食店特別支援金宿泊施設特別支援金の受付を5月1日より開始し、5月8日から支給開始をいたしました。

宇土市議会 2020-05-11 06月15日-01号

農林水産業費では,令和年度経済対策として,船場川湛水防除事業及び県営水利施設整備事業を計上しております。 土木費では,同じく令和年度経済対策として,準用河川改修事業経費及び急傾斜地崩壊防止対策事業費,並びに国県営道路整備事業経費を計上しております。 消防費では,消防団経費増額を行っております。 

荒尾市議会 2020-05-08 2020-05-08 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文

以上のような状況を踏まえ、本日提案いたします令和年度荒尾市一般会計補正予算(第3号)は、本市単独で行います支援策に約1億8,100万円のほか、国の経済対策等によるものに約53億4,300万円、合計で55億2,456万円を計上いたしております。  今回の本市支援策は、今の窮状を国や県の支援策と相まって、何とかしのいでもらうことに主眼を置いた第1弾との位置づけをしております。