157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2021-03-18 令和 3年第 1回教育市民委員会−03月18日-01号

あともう一つ、委員おっしゃいました研究指定校については、これ指導課の方で見直されてある程度整理して、これから大分少なくなっていく予定です。  以上です。 ◆上野美恵子 委員  では、実情は後ほど資料等指定校のアンケートについてをいただければと思います。  それと、だから今言ったようにそういう声がやはりあるんです。

長洲町議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 2020-12-14

長時間労働になったきっかけが、研究指定校になったことで、その先生が研究主任になって業務が一気に増えたということなんですけども、その研究指定校になった結果、研究起票作成というのが発生するんでしょうけども、これは今も、これは天草の事例ですけども、起きたときも、起票作成というのは、もう全くやり方というのは変わってないんでしょうか。

玉名市議会 2019-12-11 令和 元年第 3回定例会-12月11日-05号

その研究指定校として、玉名町小学校伊倉小学校玉陵小学校中学校として有明中学校となっていました。自分なりに結構使ってあるなと思っておりましたが、それが学力向上につながっているかと思いますと、必ずしもそうではないように思います。全国学力テストでは、そうではありませんでした。予算の中身は特別支援教育特別支援看護複式学級支援などとほとんどが報酬でありました。

水俣市議会 2019-12-11 令和元年12月第5回定例会(第3号12月11日)

具体的な施策を幾つか紹介しますと、教師の資質向上のための教育セミナー実施や、市教育委員会による学力向上研究指定校推進事業児童生徒基礎学力向上を目指す放課後補充教室実施等取り組みを行っており、平成29・30年度と比較して、今年度全国平均との差が縮まっており、一定の成果を上げていると考えられます。 ○議長岩阪雅文君) 桑原一知議員。 ○(桑原一知君) 2回目の質問に入ります。  

玉名市議会 2019-11-27 令和 元年第 3回定例会−11月27日-01号

そのほか、歳出に関しては、「職員公用車事故免許証確認国際交流現状、マイナンバーカードへの旧姓表記職員旧姓使用老人クラブ現状支援市道栗尾石橋線工事範囲小学校研究指定校」など、多岐にわたる内容確認や質疑がありました。  以上、審査を終了し、採決の結果、議第60号については、全員異議なく原案のとおり認定することに決しました。  

荒尾市議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第4回定例会(1日目) 本文

また、その下になりますが、モデル校ICT環境整備事業費は、今後の小中学校に対するICT整備に向け、まず教育ICT研究指定校である桜山小学校モデル校とし、タブレット無線環境を先行して整備するものでございます。  以上で、所管の案件について御説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。

熊本市議会 2018-09-13 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号

初めて授業をする教員でも授業のイメージを持てるように、研究指定校での授業の動画や使用した教材等教育センターのホームページに掲載をしております。また、研究成果をもとに平成30年度から31年度移行期における熊本市版年間指導計画例作成し、小学3年生からどのように移行期授業を行えばよいかを全ての教員に示しているところです。

水俣市議会 2018-06-26 平成30年6月第2回定例会(第2号 6月26日)

年度から2カ年の研究指定を行っており、本年度中に研究実践発表予定となっております。この発表で、報告される成果と課題を検証し、本市に合った小中一貫教育の形を模索していきたいと考えております。  4つ目は、働き方改革についてです。  緊急対策教育委員会における学校業務改善のための取り組み状況調査を引き続き実施していくかとの御質問にお答えします。  

荒尾市議会 2018-06-19 2018-06-19 平成30年第2回定例会(4日目) 本文

年度、市内3中学校電子黒板各1台と英語デジタル教科書を配備しましたが、本年度は先般決定したICT研究指定校である桜山小学校電子黒板を全学級に1台ずつ計8台を集中配備し、英語授業のみならず視覚的にも音声的にもわかりやすい教材提示ができるICT機器を活用したわかりやすい授業を実践していきたいと考えております。  

荒尾市議会 2018-02-26 2018-02-26 平成30年第1回定例会(1日目) 本文

また、今後のICT機器を活用した効果的な授業のあり方を検証していくために市教育委員会研究指定校を1校指定し、電子黒板を集中配備いたします。  学力向上などのソフト面につきましては、荒尾に誇りを持つ子どもを育てるための郷土学習充実を目指して、平成30年度から「土曜授業」を始めてまいります。

長洲町議会 2017-12-15 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 2017-12-15

24年度県指定でございますICTを活用した未来学校創造プロジェクト事業研究指定校としまして、山江村は中学1校、小学校2校ございますが、全校で電子黒板児童生徒用タブレット端末の日常的な活用が行われております。  さらには、県内他地域では八代市、氷川町といった自治体でも先進事例として研究発表などが実施されておるところでございます。  

合志市議会 2017-08-25 08月25日-04号

例示以外でもプログラミング学習活動として実践することが可能でありますので、プログラミングに取り組むねらいを踏まえつつ、研究指定校の実践例でありますとか、そういうものを具体的な計画指導例でありますとか、そういうのを参考にしながら、学校教育目標児童実態等についてあわせながら今後検討して、合志市の小学校でも取り入れていきたいというふうに考えておるところです。 以上です。

熊本市議会 2017-06-14 平成29年第 2回定例会−06月14日-04号

県内では高森中学校、近県では福岡教育大附属久留米小学校、または千葉県柏市の全小学校などで文科省研究指定校として先行して取り組んでおります。御答弁にもありましたように、プログラミング教育は、プログラム作成を学ぶことが目的ではなく、各教科等で育まれる思考力を基盤に論理的思考を身につけることが重要だと捉えているとのこと。