4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊本市議会 2017-09-04 平成29年第 3回定例会−09月04日-04号

市電が延びる県道熊本高森線と主要環状線である熊本バイパス交差点、神水交差点に近いからです。この市民病院も昨年の熊本地震に罹災したことで、東町4丁目の国家公務員東町住宅跡地での移設再建に向けて工事が進められております。この場所は交通アクセスの点から見ると、第二空港線の縦軸にはありますが、一旦渋滞すると熊本空港への到着がおくれ、飛行機に乗り損なう恐れがあります。

熊本市議会 2014-09-26 平成26年第 3回都市整備分科会-09月26日-01号

◎福原茂 土木総務課長  熊本バイパスですけれども、国土交通省において、平成17年度に現在の6車化はされておりますけれども、現在も朝夕の慢性的な渋滞が発生しているということは私ども認識しておりまして、そういった意味もありまして、市で熊本市長が会長となっております地域規格熊本環状道路建設促進期成会の要望の中で、国に対しては慢性な渋滞の解消について検討を進めてほしいという要望をしております。

熊本市議会 2013-06-11 平成25年第 2回定例会−06月11日-03号

まず、熊本都市圏の骨格となる道路、2環状11放射線道路網についてでありますが、熊本環状道路は、熊本西環状線、国道3号植木バイパス、国道3号熊本北バイパス、国道57号熊本バイパスから構成され、熊本都市圏における交通ネットワークの中核をなすものであります。このうち熊本西環状線は、熊本環状道路西側を構成する新たなルートで、これが完成すると大きな環状効果が期待されます。  

熊本市議会 1991-06-20 平成 3年第 2回定例会−06月20日-05号

また、道路では地域経済振興のため、そして混雑解消に期待が寄せられている熊本北バイパスは昭和五十年に都市計画決定しながらも、今年度ようやく新南部町から龍田町間(約一キロ)を供用するだけにとどまり、熊本バイパスは容量を越える車の増加によっていずれ機能を果たさなくなってまいります。  

  • 1