5468件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2022-11-27 11月27日-03号

熊本連携中枢都市圏、こちらのほうの協議によりまして、熊本市近隣13市町村地球温暖化対策実行計画を策定する予定になっております。この取り組みは、地球温暖化への対策圏域全体として捉え、検討し、各地域特性を生かした考えのもと削減目標を掲げ、施策を実行するものでございます。これにより、波及効果推進効果がより高い事業になると考えております。 

合志市議会 2021-11-28 11月28日-04号

その後、熊本大学の竹内准教授訓練に対する講評と講話をいただきました。関連して、消防団による避難行動支援者救出訓練社会福祉協議会による災害ボランティアセンター開設訓練市食改善グループ自衛隊による炊き出し訓練消防署による救急救命講習煙体験コーナー災害持ち出しグッズ展示自衛隊消防署警察署による車両の展示等を行っております。

合志市議会 2021-06-14 06月14日-01号

令和元年 6月 定例会(第1回)            令和元年第1回合志市議会定例会会議録 第1号令和元年6月14日(金曜日)              ―――――――――――――――――   議事日程 第1号  令和元年6月14日(金曜日)午前10時00分開会 第1 会議録署名議員の指名について 第2 会期の決定について 第3 諸般の報告について 第4 (議案第36号)熊本市町村総合事務組合

合志市議会 2020-11-26 11月26日-02号

次に、熊本地震以降、全国震度6弱以上の地震が8件起こっております。その中の一つは、今年、2019年1月3日、18時10分頃に和水町で震度6弱が発生しております。現在でも、この2カ月の間、震度2、3の有感地震県内で8回発生しています。先月の熊日新聞に、再び日奈久断層地帯の揺れによる熊本地震クラスの大地震がいつ起きてもおかしくない、震度7クラスの地震が確実に来るという記事が記載されていました。

合志市議会 2020-11-25 11月25日-01号

――――――――――――――――本日の会議に付した事件 議案第64号 合志災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例 議案第65号 合志水道事業給水条例の一部を改正する条例 議案第66号 合志市民センター条例の一部を改正する条例 議案第67号 合志市民体育館条例の一部を改正する条例 議案第68号 熊本市町村総合事務組合の共同処理する事務変更及び規約の一部変更 議案第69号 合志市福祉

熊本市議会 2020-09-29 令和 2年第 3回定例会−09月29日-06号

エンターテインメント支援基金条例の一部改正│ │             について                    │ │ 第  9 議第200号 熊本市立図書館設置条例の一部改正について    │ │ 第 10 議第201号 熊本老人福祉センター条例の一部改正について  │ │ 第 11 議第202号 熊本公衆浴場基準条例の一部改正について    │ │ 第 12 議第203号 くまもと

熊本市議会 2020-09-28 令和 2年 9月28日議会活性化検討会-09月28日-01号

他の自治体との比較ということで、一般質問議員個人持ち時間制と同様の制度としている政令指定都市熊本県との比較でございますけれども、左の質問回数制限なしが川崎市、新潟市、広島市、年1回が熊本市と浜松市、それから、熊本県におきましては、任期中の4年間で6回、それから、年に2回というところが相模原市という状況となっております。  

熊本市議会 2020-09-23 令和 2年 9月23日大都市税財政制度・都市問題等特別委員会-09月23日-01号

政令指定都市の総額でいけば、臨時財政対策債残高割合は35%というふうになっていますが、熊本市で見ればいかがですか。 ◎黒木善一 財政課長  平成30年度決算でいきますと、本市一般会計市債残高は約4,420億円でございます。このうち、臨時財政対策債は約1,820億円となっておりますので、割合としましては約41.2%というのが本市状況でございます。

荒尾市議会 2020-09-16 2020-09-16 令和2年第4回定例会(4日目) 本文

一方、温室効果ガス排出実質ゼロを目指す熊本県下の取組について、気候非常事態宣言を行っている自治体は小国町だけです。森林の適正管理地熱発電活用という地域特性の活力に力を入れています。  2019年12月4日、熊本県では、蒲島知事熊本県議会において、2050年までに県内CO2排出実質ゼロを目指すことを宣言しました。

荒尾市議会 2020-09-15 2020-09-15 令和2年第4回定例会(3日目) 本文

現在、熊本市には助成制度があり、熊本市を除く県内に住んでいる方で条件が合えば、県の特定不妊治療を受けられるということですが、本市でも昨年10月から一般不妊治療助成をされておられるようです。  そこで、本市での不妊治療について、状況周知等をお伺いいたします。  二つ目に、産後ケアの充実についてお伺いいたします。  

荒尾市議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第4回定例会(2日目) 本文

なお、熊本県におきましては、いまだリスクレベル4が維持されたままになっております。そして、議員が御指摘のとおり、今後、秋から冬にかけて新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザの感染も心配されております。  教育委員会といたしましては、現在、文部科学省熊本教育委員会から示された衛生管理マニュアル学校の新しい生活様式基準に、学校の規模や実情に応じて対策に努めております。  

熊本市議会 2020-09-11 令和 2年第 3回定例会−09月11日-05号

本市においても、熊本版観光型MaaS取組といたしまして、熊本国際観光コンベンション協会において、市電・バスの1日乗車券観光施設入館料等がセットになった周遊アプリの導入を進めているところでございます。  今後、この実施状況を検証するとともに、全国各地における事例を参考にしながら、熊本版観光型MaaSの拡充について検討してまいりたいと考えております。          

熊本市議会 2020-09-10 令和 2年第 3回定例会−09月10日-04号

最初に、熊本市の医療圏におけるコロナ対策医療逼迫度についてお聞きします。  熊本県には、10の2次医療圏があり、基本的には今回の新型コロナウイルス感染症の直接対応や感染患者収容等についても、それぞれの医療圏が主体となって行うことになっております。  熊本市は、熊本地震後に策定された県の地域医療構想により、上益城郡域を吸収する形で熊本上益城医療圏と再編されました。