45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2017-06-14 平成29年第 2回定例会−06月14日-04号

3番目、西区役所に隣接して西部清掃工場の還元施設として、熱源の利活用と西部地区の活性化を目指し、おんぼの湯の工事が始まり、地域として大変期待しております。政令市移行時から区バスや民間のバスの区役所乗り入れを期待していましたが、実現しませんでした。区役所利用はもちろんですが、おんぼの湯の完成後は、利用客の増が期待されます。

熊本市議会 2017-03-16 平成29年第 1回総務委員会-03月16日-02号

◆北口和皇 委員  特別委員会でも、4件であるということの是非が問われると、たった4件では、結局パブコメとは言えないというようなことを申し上げましたけれども、この件に関しては、東部清掃工場を廃止するという…… ○寺本義勝 委員長  東部清掃工場ではなくてリサイクル情報プラザ。

荒尾市議会 2016-12-12 2016-12-12 平成28年第6回定例会(3日目) 本文

その後、昭和59年10月、金山不燃物埋立地が設置され、昭和63年には、当時、大牟田・荒尾両市の境界紛争和解成立し、善隣友好の証とも言える大牟田・荒尾両市の共同清掃工場新開クリーンセンターが完成、それと同時に荒尾市ごみ焼却場が廃止となり、平成2年にごみ中継施設リレーセンター東宮内が稼働開始となりました。  

熊本市議会 2016-09-27 平成28年第 3回定例会−09月27日-08号

について         │259│ │    │    │ 特別措置法の制定見込み           │259│ │    │    │ 地元負担を限りなくゼロにするための国からの支│259│ │    │    │ 援                     │   │ │    │    │連携中枢都市圏構想と震災復興について     │262│ │    │    │ 公共施設の相互利用(清掃工場

熊本市議会 2016-08-29 平成28年第 3回定例会−08月29日-目次

み…………………………………………………(259)     地元負担を限りなくゼロにするための国からの支援…………………(259)   大西市長答弁……………………………………………………………………(260)   田上辰也議員質問………………………………………………………………(261)   ・連携中枢都市圏構想と震災復興について…………………………………(262)     公共施設の相互利用(清掃工場

荒尾市議会 2016-03-10 2016-03-10 平成28年第2回定例会(3日目) 本文

荒尾市、大牟田市が共同で新清掃工場である当時の新開クリーンセンターを建設するに当たり、4項目が確認事項として締結され、その一つが中継基地建設及び環境整備は荒尾市で行うとの記載があるため、確認書の再整理が必要になります。  最後に三つ目の今後の見通しについてでございますが、現在、試験搬入について荒尾市、大牟田市が協議をしながら案をつくり上げているところでございます。

玉名市議会 2015-03-11 平成27年第 1回定例会-03月11日-03号

これからも玉名町小学校20億円、(仮称)玉陵小中学校20億円と、さらに周辺整備に数億円、新市民会館に20億円、サッカー建設に10億円、横島町体育館、さらに玉名中央病院の建てかえ、また、有明広域圏事務局管轄所管ではありますが、玉名消防署の建てかえ、玉東清掃工場焼却炉最終処分場建設、また天水支所の改築等々、大規模、小規模の公共施設の改修、新設計画がめじろ押しであります。

熊本市議会 2015-02-19 平成27年第 1回定例会−02月19日-03号

新しく西に持ってきて、清掃工場横の辺に持ってくれば、その病院経営に対して相当また時間がかかるのではなかろうかと、市民病院とやりとりしながら病院の移し凍結の難しさというのがわかりました。  それともう一つは、実はうちの孫が去年生まれたんですけれども、ある産婦人科で生まれまして、救急車で市民病院に行きました。

熊本市議会 2014-09-26 平成26年第 3回企画教育市民委員会−09月26日-01号

その前に、うちは西部清掃工場の還元施設という中で、プール体育館、格技場というのは、前に約束していたのはどうなっているのかというのです。それだと今度、いろいろな面で、みんなのお力が足らなかった、私一人だけだって反対をしてやるぞ、覚えておけという捨てぜりふが今度は出てくるわけです。そうではないでしょう。お互いが持ちつ持たれつでないと。ちゃんと筋論でいかないといけないと。これで終わります。  

熊本市議会 2014-06-26 平成26年 6月26日財政運営のあり方に関する特別委員会−06月26日-01号

一番問題になりますのは、清掃工場の維持管理をどうするか。機械の方です。構えの方は、今のでいいんです。ほかにも、機械はいろいろあるんです。そうすると、御存じだと思いますけれども、よその会社は非常に手を出しにくい部分であるんです。  2ページに、メンテナンス産業育成というのが載っておりますけれども、例えば、昔はエレベーターでも製作会社がメンテナンスを請け負うと、ずっと決まっていたんです。  

熊本市議会 2013-09-13 平成25年第 3回定例会−09月13日-02号

私は、この地域西区役所、西部公民館、城山スポーツ公園、西老人福祉センター、長寿の里、そして西部清掃工場などが集中しております新たな行政区域が誕生していると思います。区役所清掃工場が隣同士でございまして、そういうのはここ以外はありません。西部区域では共存しております。将来はまた、消防施設やよその行政施設等の移設も考えられており、西部の行政の拠点地区となります。

熊本市議会 2013-03-18 平成25年第 1回企画教育市民分科会−03月18日-02号

そういう中で、本来なら西部清掃工場が先にできるときの還元施設では、体育館、格技場、プール図面まで引いてできていたんですよ。市役所は大うそつきなんですよ。そういう、つくります、できますから協力してくださいで、西部清掃工場はできたわけです。そうやっている中に南部スポーツセンターが後発進ででき上がっているわけ。我が西部には、そういう面では何もないというのが実情です。  

熊本市議会 2012-12-12 平成24年第 4回定例会−12月12日-06号

清掃工場もそうです。益城町熊本市の近くに自前で清掃工場火葬場もつくっておられますが、一緒にやれば喜ばれたのではないかと思います。普段から良好なお付き合いをしていれば、きっとこちらからの合併の申し入れは受け入れてもらえたのではないかと思っています。  ところで、墓地の供給は足りているのでしょうか。核家族化の進行で、日本家族制度は大きく変化しています。

八代市議会 2012-12-03 平成24年12月定例会-12月03日-02号

実は、今回お話しをしますのは、調査項目ではありませんが、その中でトイレに、ごみ減量化しましょうというのが張ってありましてね、お尋ねをしましたら、自慢をしながら、うちは2基ある清掃工場を1基、もうとめましたという話、非常に胸を張って、自分たちはごみの減量化に努めているという話をされました。  

熊本市議会 2012-07-10 平成24年 7月10日財政運営のあり方に関する特別委員会−07月10日-01号

それはそれで一定の評価に値するのではないかと思いますが、逆に、これは東部清掃工場の流れもありますが、民間の業者の関係についても配慮をしていくということに流れ的にはなっているので、今の流れからするとしわ寄せはないのではないかなという気はしますけれども、特にその辺を、やはり私としては地場の企業関係の問題を含めて、今後の問題としては考えていく必要があるのではないかなと思いますが、これは御答弁いただくような

荒尾市議会 2012-06-13 2012-06-13 平成24年第4回定例会(4日目) 本文

昭和63年2月、共同清掃工場新開クリーンセンターが完成、4月、荒尾市ごみ焼却場を廃止、以降は新開クリーンセンターに輸送。平成2年8月、荒尾市ごみ中継施設完成、いわゆるリレーセンター東宮内として稼動、平成14年11月新開クリーンセンター休止、12月RDFセンター運転開始、これは平成14年12月ダイオキシン規制の改正によりというふうに聞いております。

熊本市議会 2012-06-11 平成24年第 2回企画教育市民分科会−06月11日-01号

この西部清掃工場とこの区役所の間にも20台ぐらいあるでしょうが」と呼ぶ者あり) ◎永田剛毅 西区長  それは入って69台でございます。         (「それも入れて」と呼ぶ者あり) ◎永田剛毅 西区長  はい。         (「ああ、これは69とある」「ああ、これも枠内になる」と呼ぶ者あり) ◎永田剛毅 西区長  ええ、ちょっと右下の方に飛び出している部分が20台強あります。

熊本市議会 2011-06-29 平成23年第 2回予算決算委員会−06月29日-02号

ただ、この工場は私が城山に行きまして、もともと城山半田に清掃工場がございました。その後、現地点に移転をした約20数年前の話でございますけれども、そのときも大変賛成、反対と私たちの城山校区を二分するような形で選定をされながら、西高校の近くということもございましたけれども、その西側に置けば教育にどういうふうな障害が出るかという、いかがなものかという形で、再度今の地点に決定をしました。