4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

水俣市議会 2019-03-05 平成31年3月第1回定例会(第2号 3月 5日)

水俣条約1周年フォーラムで蒲島知事は、熊本県から出た水銀が輸出され、世界で新たな水銀被害を生まないように、熊本県のごみから回収される水銀と同じ量を熊本県と熊本市で保管・管理することにしたと発表しております。  そして、水俣市にはもう一つ大きな課題があります。土壌に埋設された水銀汚泥の管理の問題です。

水俣市議会 2018-06-27 平成30年6月第2回定例会(第3号 6月27日)

水銀フリーということは、この辺を調査して、水銀被害がもう一度起きないようにするということが水銀フリーなんです。これを約束されたわけだから、すごいことをお約束になったと思って、ぜひ進めていただきたいということで、ここは取り上げました。そういう趣旨です。  これはもう質問にしません。質問は、次にいきます。3回目の質問に入ります。  最初幾つか喋りますから、それはメモされなくていいです。

水俣市議会 2015-12-09 平成27年12月第6回定例会(第3号12月 9日)

これは、線引きされた地域外にも水銀被害を受けた人がいることをあらわしています。このことから、不知火海沿岸はもとより、山間地域も含めた住民の健康調査が必要と思うがどうか。  ③、水俣病公式確認60年を半年後に迎えるが、これまでとは違った企画を考えているのか。  ④、市長は患者、被害者には、みずから足を運んで話を聞きたいと言っておられるが、これまでどのようなアクションをされたのか。  

  • 1