401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南小国町議会 2019-09-04 令和元年第5回定例会(第1日) 本文 2019-09-04

気象庁は、記録的な大雨や異常高温の背景として、地球温暖化に伴う気温の上昇と水蒸気量の増加と分析をしていますが、2010年代に入って急増していると言われているこうした気象現象を目の当たりにすると、「まさか」が起きる時代になったとも言えます。だからこそ、私たちはこれまでと違う思考で「備え」をしたほうがいいというのを念頭に置きたいと思います。  

荒尾市議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年第4回定例会(4日目) 本文

警戒レベル1には、気象庁が発表をいたします防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害の心構えを高めるレベルです。警戒レベル2は注意報ハザードマップ等により避難場所や避難経路の確認など、避難に備えみずからの避難行動を確認するレベルです。警戒レベル3からは市町村が発令をいたします。避難準備・高齢者避難開始、避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は立ち退き避難するレベルです。

玉名市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-04号

確かに、小田地区や石貫地区から、これらの避難所までそれなりの距離もございますし、場合によっては増水した川を渡る必要があるといった課題もございますが、昨年の西日本豪雨の事例を教訓に、早めの避難に努めていただくことをお願いすると共に、今年内閣府から示されました防災気象情報がこれまでは、避難勧告など文言によるものから、5段階の数値を用いた警戒レベルに変更されてございますとおり、本市といたしましてもこれまで

八代市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会−03月22日-05号

ちなみに、想定最大規模とは、現状の科学的な知見や研究成果を踏まえ、利用可能な水理・水文観測、気象観測等の結果を用い、現時点において、ある程度の実現性を持って想定し得る最大規模のものとして設定するというふうになっています。 ○議長(福嶋安徳君) 堀議員。 ◆堀徹男君 はい。 ○議長(福嶋安徳君) 簡潔に。それだけ説明しても。 ◆堀徹男君 はい。私は。

八代市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-02号

この事業によるトマトの低コスト耐候性ハウスの導入実績でございますが、本市におきましては、台風などの気象災害に強い産地づくりのために、平成24年度から本事業による耐候性ハウスの導入が始まっており、平成30年度までの7年間で47事業主体、390戸の受益農家において延べ400棟、118.3ヘクタールが導入され、このうち新設が51.5ヘクタール、建てかえが66.8ヘクタールとなっています。

水俣市議会 2019-02-20 平成31年3月第1回定例会(第1号 2月20日)

また、市が管理している避難所21箇所のうち、現在、テレビが設置されていない17箇所にポータブルテレビを設置することで、地域住民の避難後における気象情報等の円滑な取得を可能にし、避難者の不安を払拭します。  加えて、消防車両の計画的更新に合わせ、消防資機材の提供・配備を進め、地域防災力の充実・強化を図ります。  

玉名市議会 2019-02-06 平成31年第 1回臨時会−02月06日-01号

今後とも、地震はもとより、異常気象による大型台風ゲリラ豪雨など、いつ発生するかわからない災害に備え、関係機関との連携を密にし、災害発生時の被害を最小限に食い止めるための方策を立て、市民の安心・安全の確保に努めて参りたいというふうに思っております。  さて、本議会に提案いたしておりますのは、平成30年度玉名市一般会計補正予算1件であります。

荒尾市議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第4回定例会(2日目) 本文

そして、ことしも台風がたくさん発生しており、台風の複数回の発生といった異常気象もふえ、被害はふえる一方になると思います。  現在の農業問題をまとめると、ほかにも多くの問題がありますが、この3点だと思います。高齢者がふえ、海外の安い食べ物がふえ、労働環境自然環境も悪化している状況になっているということで、非常にこの3点が今から考えていかなければならないというふうに思います。  

合志市議会 2018-11-27 平成30年12月 定例会(第4回)-11月27日−02号

気象災害による停電が増えております。本市といたしましても、そういうときの抜本的な対策が必要だと思います。非常用電源の設置やエネルギーインフラの整備、ひいては再生可能エネルギー地産地消を目指して、自治体出資の地域電力会社を設立するところも出てまいりました。  まず、本市の取り組みについて伺いたいと思います。 ○議長(吉永健司君) 坂本部長。 ◎総務部長(坂本政誠君) お答えをいたします。  

玉名市議会 2018-09-27 平成30年第 4回定例会−09月27日-05号

このところ、あいさつのたびに異常気象災害の話をしている状況でありますが、今議会が開会してすぐの9月4日にも台風21号の上陸、9月6日には震度7の揺れに見舞われた北海道胆振東部地震が発生し、再び多くの犠牲者が出ております。改めまして、お亡くなりになった方や御家族へ心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げさせていただきたいというふうに存じます。

荒尾市議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(3日目) 本文

明らかな異常気象、これまで経験したことのないような災害にどう対処すればいいのか、自分の命は自分で守る意識をもっと高める必要があるのではないでしょうか。  今回の豪雨災害でも、災害が起きるまで避難せず、逃げおくれた例が多かったとお聞きいたしました。逃げおくれの一因には、心理学でいう「正常性バイアス」があったと分析されていたのを、よく耳にしました。

南小国町議会 2018-09-14 平成30年第6回定例会(第3日) 本文 2018-09-14

幸い、被害は発生することなく収束いたしましたが、識者によれば、ことしの気象状況は寒波、豪雨、台風の状況などから、羽越水害が発生した昭和42年と非常に類似しているとの見方もございますので、秋の長雨シーズンを前にして、災害時における住民の早期避難誘導に心して取り組んでまいりますので、議員各位の一層の御支援を賜りますようお願い申し上げます。  

玉名市議会 2018-09-13 平成30年第 4回定例会-09月13日-04号

確かに、今年の夏は、猛暑が連日のように続き、気象庁としても異常気象として発表されたところでございます。特に、今年は、報道でも夏の暑さに対して命を守る行動をとってくださいというような注意喚起が多くなされた年ではなかったかと思います。  本市におきましては、公式スポーツの誘致及び夏場の熱中症対策目的に玉名市桃田運動公園の総合体育館メインアリーナに昨年度末までに空調設備が完備したところでございます。