24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回厚生委員会−03月17日-01号

第2に、塩素系薬剤による浴槽水遊離残留塩素濃度の見直しなど、衛生措置基準整備を行います。  第3に、モノクロラミンによる浴槽水消毒基準並びにその他規定の整備を行うものでございます。  なお、施行日は令和2年4月1日を予定しております。  以上です。 ○井本正広 委員長  次に、議第57号「熊本市動物の愛護及び管理に関する条例の一部改正について」の説明を求めます。

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回環境水道分科会−12月09日-01号

3の定期排水業務委託につきましては、水道管残留塩素低減を防止するために、市内一円の水道管内停滞水を定期的に排水するものでございます。限度額は704万円でございます。  4の地下水位及び地盤沈下観測業務委託につきましては、本市が所有する53カ所の地下水位観測井と、5カ所の水源地等に設置した地盤沈下計により、地下水位及び地盤沈下量変化を毎月巡回し、計測するものでございます。

玉名市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-04号

また、大腸菌等検査滑石保育所ほか10施設で毎月実施しており、色度、濁度、残留塩素については、毎日水道施設管理業者検査し、報告書の提出をお願いしているところでございます。  次に、原水につきましては、水道管理目標設定項目などの検査を年1回実施しており、大腸菌等については、溝上水源地ほか13施設で3カ月に1回、それから、色度、濁度の検査については、毎日行なっている状況であります。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回環境水道分科会−12月19日-01号

3の定期排水業務委託につきましては、水道管残留塩素低減を防止するために、市内一円の水道管内停滞水を定期的に排水するものでございます。限度額は580万円でございます。  4の地下水位及び地盤沈下観測業務委託につきましては、本市が所有する53カ所の地下水観測井と、5カ所の水源地等に設置した地盤沈下計により、地下水位及び地盤沈下変化測定するものでございます。限度額は330万円でございます。  

宇城市議会 2018-12-07 12月07日-04号

毎日検査でございますが、色・濁り・臭味・残留塩素濃度につきましては、一定配水ごとに毎日行うことになっております。 市としましても、安全・安心な水の確保供給のため、安全管理徹底に努めていきたいと思っております。 ◆1番(原田祐作君) 再度質問いたします。今の答弁の中で、上水道給水区域外の小中学校3か所と災害避難施設4か所が、上水道が給水されていないということがありました。

熊本市議会 2016-06-30 平成28年 6月30日熊本地震からの復旧・復興に関する調査特別委員会-06月30日-01号

具体的な検査方法でございますが、各棟各階給水ポイントから最も遠い末端の蛇口で検査を実施することといたしまして、水道から十分に水が出るようになりましたら、しばらく水を出し、その上で無色であること、濁りやにおい、味に異常がないこと、また遊離残留塩素濃度が1リットル当たり0.1ミリグラム以上であることを検査いたしまして、その安全性確認を行ったところでございます。         

熊本市議会 2015-12-09 平成27年第 4回環境水道分科会-12月09日-01号

4、定期排水業務委託水道水残留塩素濃度低減を防止するため、水道管内停滞水を定期的に排水するものでございます。179カ所分で、委託料580万円でございます。  5、地下水位及び地盤沈下観測業務委託は、地下水位観測井54本と、地盤沈下計5カ所について毎月巡回し、観測機器の保守と計測を行うものでございます。委託料363万円でございます。  

長洲町議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第1号) 本文 2014-09-11

そのため、水道法第22条では、衛生上の措置としまして、水道事業者厚生労働省令の定めるところにより水道施設管理及び運営に関し、消毒、その他、衛生上必要な措置を講じなければならないとされており、また、その衛生上必要な措置としまして、給水栓における水が残留塩素を0.1mg/l以上保持するように塩素消毒することになっております。  

熊本市議会 2013-03-11 平成25年第 1回定例会−03月11日-06号

最後に、3点目の水質管理の取り組みについてでございますが、水質管理につきましては、局内に分析機器専門技術者を配置し、毎年策定しております水質検査計画に基づきまして、残留塩素等の検査を毎日実施いたしますとともに、給水栓水検査を毎月、原水検査を年3回、浄水検査を年2回行っているところでございます。  

八代市議会 2010-06-15 平成22年 6月定例会−06月15日-03号

次に、水質検査でございますが、本市ホームページにも掲載をしております八代市簡易水道事業水質検査計画に基づき、各地区ごと残留塩素など3項目検査を毎日、一般細菌大腸菌など9項目検査を毎月、カドミウム、水銀などの有害物質等41項目検査を3カ月ごと1回、39項目原水検査を年1回実施しているところでございます。  昨年度の水質検査の結果は、浄水に異常はございませんでした。  

玉名市議会 2008-12-11 平成20年第 4回定例会-12月11日-02号

これまで残留塩素濃度測定は毎日午前9時半以降2時間おきに計6回測定しまして、管理点検表に記録しておりましたが、1回目の測定時は塩素注入時間が十分でなく、基準値以下の場合もございました。2回目にはその濃度基準値も満たすなどしていたものですので、1回目の測定した時点での対応が十分ではなかったということでございます。

玉名市議会 2006-09-14 平成18年第 4回定例会-09月14日-02号

最後残留塩素チェックはしているかということでございますけれども、現在行なっておりません。  以上でございます。 ○議長(松田憲明君) 教育長 菊川茂男君。   [教育長 菊川茂男君 登壇] ◎教育長菊川茂男君) 北本議員の御質問にお答えいたします。まず、現在の特殊学級の数でございますけれども、小学校特殊学級が18学級、中学校は6学級、計の24学級でございます。

熊本市議会 2006-09-08 平成18年第 3回定例会−09月08日-02号

例えば、現在高遊原配水地を建設中でございますが、これが完成いたしますと、市の東部地区はこの配水地を経由した自然流下による配水方式となり、残留塩素の量も平準化されることが期待されますため、よりおいしい水をお届けできるものと思っております。  いずれにいたしましても、水道局といたしましては、今後とも安全でおいしい水道水安定供給に努めてまいりたいと考えております。          

荒尾市議会 2005-12-12 2005-12-12 平成17年第6回定例会(2日目) 本文

さらに、東京都水道局では、都独自のおいさしに関する水質目標を設定し、不快な臭い、不快な味を感じさせるもとになっている残留塩素、トリクロラミン、有機物の3項目について重点的に取組みを進めておられます。  そのほか、河川が原水になっている福岡市や久留米市なども、さらにおいしい水を供給するため、さまざまな努力をされております。  

熊本市議会 1998-06-17 平成10年第 2回定例会−06月17日-05号

次に委員より、先般、長崎の総合技術大学飲用井戸が原因と見られる集団赤痢の発生が報じられていたが、これから夏場にかけ食中毒の多い季節となるが、当局の水質検査体制は万全かとただされたのに対して、給水栓末端残留塩素を〇・二ミリグラムパーリッターに維持する検査を実施しており、市民に安全でおいしい水を供給するため万全の体制で臨んでいる旨の答弁がありました。  

熊本市議会 1997-06-12 平成 9年第 2回定例会−06月12日-03号

また、使用水安全確保のための残留塩素測定器による水質検査等を、学校給食日常点検票によってチェックするように指導いたしております。  また、学校給食関係職員に対します研修におきましても、衛生管理面に関する回数をふやし意識の高揚を図っております。さらに、学校に対しましても、各担任による給食当番衛生管理 チェックや、子供たちの手洗いが徹底しますよう指導をしているところでございます。  

  • 1
  • 2