42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回都市整備委員会−09月24日-01号

弓削秀和 土木管理課長  ゆうかファミリーロードにつきましては、建設当時、県の時分に工事された道路でございまして、当時の道路構造令からいきますと、正式名称的には自転車歩行専用道路という位置づけでございます。現在の基準でいきますと、この歩行専用道路といいますのは、現状の道路構造令では4メーターの幅が必要で、単独路線ということでの規定になっております。  

熊本市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-04号

次に、そのうち下南部画図線につきましては健軍商店街を通過する道路で、その区間の現在の利用形態は終日一方通行うち土日祝日は午前11時から午後6時まで歩行専用道路となっており、地域方々生活に密着したものとなっております。  そこで、今後の道路あり方を含め、引き続きまちづくり観点などに加えて、市民病院の開業に伴う交通流動の調査など、幅広い視点で検討してまいります。          

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号

次に、27ページの番号21から28ページの番号22までが地元要望による認定、29ページの番号23が自転車歩行専用道路道路整備による認定、30ページの番号24から31ページの番号25までが道路整備による認定及び廃止、32ページの番号26が払下げによる1路線廃止となっております。  続きまして、定例会議案の29ページをお願いいたします。  

熊本市議会 2018-06-06 平成30年第 2回定例会−06月06日-02号

白川ちゃりんぽみちについては、河川改修後の堤防敷地を活用した自転車歩行専用道路として本市整備を行っており、現在、白川橋から明午橋までの右岸3.2キロを供用開始しております。  今年度は、子飼橋から龍神橋までの約1キロを整備する予定で、来年度以降は、現在、国において整備が進められております明午橋架けかえ工事完了後、子飼橋までの左岸側整備計画しております。  

荒尾市議会 2017-06-05 2017-06-05 平成29年第2回定例会(1日目) 本文

通学路となっております自転車歩行専用道路の2カ所に、防犯カメラを設置する経費となっております。  防犯カメラを設置することにより、学生等をねらった声かけ犯罪事案等に対する抑止力を向上させ、安心できる地域づくりを推進するものでございます。  次に、19ページいちばん上の航空写真図作成経費でございます。  固定資産税適正課税のために要する、航空写真に要する経費でございます。

熊本市議会 2015-12-09 平成27年第 4回都市整備委員会-12月09日-01号

平成23年6月に策定いたしました(1)の計画の概要でございますが、自転車でお出かけしたくなるまちづくり基本理念に、自転車公共交通手段と踏まえまして、①の近距離移動における自転車利用促進、②のサイクルアンドライドの促進による自動車から自転車プラス公共交通への転換、③の地域拠点中心とした日常生活圏における自転車利用促進基本方針といたしまして、走行環境では、自転車走行空間整備白川自転車歩行専用道路

水俣市議会 2014-06-18 平成26年6月第2回定例会(第3号 6月18日)

そのほとんどが田園風景の中を走る自転車歩行専用道路をすばらしいと評価するものばかりでした。  また、市内から散歩やランニングで利用されている市民方々も多くいます。今後、この道の利用価値として、第5次総合計画にある重点事業、花と緑のまちづくりの中で日本一の花と緑の散歩道兼サイクリングロードとして、のり面にツツジ、アジサイや、芝桜を植えたり、藤棚のトンネルをつくって活用したらどうかと思います。

八代市議会 2013-03-04 平成25年 3月定例会−03月04日-02号

また、市道田中町萩原町線は、JR八代駅を起点とし、市内中心部を周回する自転車歩行専用道路でありますし、通勤通学朝夕ウオーキングなどレクリエーションの場としても多くの市民方々利用されておられる路線でありますことから、同様に整備することにした次第でございます。  以上、お答えといたします。

八代市議会 2011-08-30 平成23年 9月定例会-08月30日-01号

議案第79号の市道路線認定については、新開町から建馬町にかけて歩行専用道路として新たに整備をする1路線について市道路線認定するものです。  議案第80号の八代有線テレビジョン放送施設等条例の一部改正については、放送法改正により所要改正を行うものです。  議案第81号の八代市税条例等の一部改正については、地方税法などの改正に伴い、所要改正を行うものです。  

熊本市議会 2010-12-14 平成22年第 4回都市整備委員会−12月14日-03号

上通りのアーケードにつきましては、基本的には道路交通法上の歩行専用道路ということで、これを自転車で行く場合は道交法違反ということになるということで、警察の方も取り締まられておるというふうに聞いておりますし、土日祭日あたり生活安全課交通安全指導員、そちらの方も指導に出ておられるというふうに聞いております。  いずれにしても、ルールを守るとかマナーの問題というふうに思います。

八代市議会 2010-06-14 平成22年 6月定例会−06月14日-02号

まず、自転車歩行専用道路、緑回廊線から水辺のプロムナードへつなぐ延伸計画進捗状況ですが、青果市場の東側にある県道区間整備状況につきましては、県施工分でございますが、県道八代不知火線交差点部整備工事を残し、歩道の拡幅は既に完了いたしております。交差点部につきましては改良に伴い、支障となる消防署新開分署施設の移転が既に終了している状況でもあり、工事の完成は今年度末と聞いております。  

熊本市議会 2009-06-17 平成21年第 2回定例会−06月17日-03号

熊本周辺整備事務所からの回答は、池亀踏切道路については、道路管理者熊本市)及び交通管理者警察)との協議の中で、新設される都市計画道路野口清水線及び花園インター線上熊本法成寺線との交差点の間隔が400メートルと近く、その区間内での交差点設置は交通安全上好ましくないという判断から、自転車歩行専用道路計画となっています。  

熊本市議会 2009-06-16 平成21年第 2回定例会−06月16日-02号

私は、ぜひともこれにあわせて、シンボルロード歩行専用道路として、森の都くまもとを象徴するような緑の並木道や、日本一地下水都市くまもとを実感できる水のモニュメントなどを整備して、快適な空間の中で、熊本城の雄姿を臨み、市民観光客も心から本市の魅力を味わうことができるシンボルロード整備すべきであると考えます。  そこで、お尋ねをいたします。