36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

合志市議会 2020-03-07 03月07日-05号

日本医療保険制度に対する世界の評価は非常に高く、世界トップクラス長寿国となり、乳児死亡率など健康指標もよく、国民保険制度世界に誇れる制度ということであります。今後もこうして安心して医療を受けることができるということ、これは互いに支え合い、持続可能な制度として我々は運用していくべきであります。 

水俣市議会 2018-12-12 平成30年12月第4回定例会(第3号12月12日)

そういった形で、日本医療のメリットというのは保険証があれば、基本的にどこの医療機関でも一定の料金で医療サービスを受けることができます。ただし、患者自身が必要だと思えば、医療機関を何度も受診することができるので、医療費を増大させているという指摘もあります。その逆の問題もあります。自己判断治療をやめてしまえば逆に重症化してしまい、医療費がかえって高額になる場合もあります。  

宇土市議会 2018-08-31 08月31日-03号

今後,高齢者の増加や医療複雑化,高額な治療費保険適用になるなど,様々な要因が絡み合うことで日本医療費が増え続ける可能性がございます。国民医療費は,私たちが支払う健康保険料税金,窓口で支払う患者負担,そしてそのほかの財源にて支えられていて,医療費42兆円のうち16兆円が税金で,二十数兆円が健康保険料において支えられており,内訳ということになっております。

玉名市議会 2018-03-09 平成30年第 2回定例会-03月09日-04号

そしてまた、この予防接種によってこの厚生労働省のこういう数字が出ているもんですから、やっぱり日本医療費の抑止ということでも、結局普通の玉名市の在住の方は病院にかかろうが、医療費無料ですから、義務教育以下の方は。全然腹は痛まんのですけども、お国としては、1日目だったですよね、多分、吉田議員福祉ていうか、まあその問題で福祉部長日本は42兆円がかかっていると。

玉名市議会 2017-06-20 平成29年第 4回定例会-06月20日-03号

◎市長(高嵜哲哉君) 私も足も目も向けてですね、要望に対しては100%応えたいというふうな気持ちは、これはだれしもがあるだろうというふうに思いますけれども、先ほど、宮田議員も言われましたように、医療費老人医療無料になった結果、今の日本医療費はどれだけあるかということを考えたときに、もう既に国家予算に匹敵するような医療費がかかっているというのも起因してるのかなというふうな感じはいたします。

南小国町議会 2016-10-25 平成28年第8回臨時会(第1日) 本文 2016-10-25

日本医療は、アメリカ医療現場のようなチーム医療が浸透しているとは思えませんが、医師患者との信頼関係が非常に大切であることは、どこの国、どこの町でも共通することです。そして、ペイシェント・エンパワーメント、患者力といわれますが、この力も高めていただき、冷静に判断していただきたい。命にかかわる治療であるならなおさら患者さん方には必要なことです。

長洲町議会 2016-03-10 平成28年第1回定例会(第2号) 本文 2016-03-10

なぜこれが出てきたかということについてですね、答弁席にいらっしゃる方は私より若い方が多くてですね、なかなかそんな昔のことを言われてもというふうに思われるかもしれませんけれども、日本医療費は毎年ふえ続けてるんですね。それはもう皆さん御承知のとおりだと思います。そのことにですね、やはり国が危機感を持ったのが1980年ごろなんですよね。

荒尾市議会 2015-09-24 2015-09-24 平成27年第5回定例会(4日目) 本文

さかのぼること平成16年、市民病院のみならず日本医療界に激震が起こりました。それは、医師の新臨床研修医制度の導入によるものです。端的に言うと、新人医師が自分の好きなところで研修ができるシステムであり、これにより大学の医局が持っていた人事権が半ば失われ、便利で娯楽に富む都市部で最新の技術が学べる病院医師が集中し、地方医療は疲弊いたしました。市民病院も例外ではありませんでした。

玉名市議会 2015-03-12 平成27年第 1回定例会-03月12日-04号

現在日本は、前例のない超高齢化社会に迎えており、今後医療に対するニーズはさらに高まり、日本医療フリーアクセスを実現し、より多くの国民が受診しやすく供給側も質の高い医療を実現してまいりました。その医療の質の高さは世界と比較してもトップクラスである。その一方で、日本医療現場は、医師不足過重労働医師偏在等が山積みしています。公立病院赤字経営もその一つであります。

玉名市議会 2014-06-13 平成26年第 3回定例会−06月13日-03号

現在日本医療費は年間平成24年度で38.4兆円となっています。人口1億2,000万人で割ったとしても先ほど玉名市が36万円だったんですが、1億2,000万で割ったとしても年間1人当たり30万円以上使っていることになります。国保財政が限界でも保険料も値上げもできない、そうなると医療費を削減するしかありません。

荒尾市議会 2014-06-09 2014-06-09 平成26年第3回定例会(2日目) 本文

日本医療制度は、全ての国民公的保険に加入し、保険証1枚あれば、いつでも、どこでも必要な医療が受けられる国民保険です。皆保険を支えているのが、市町村が運営する国民健康保険です。ところが、今国保料が高過ぎて払えずに、国保から締め出される人たちがあり、皆保険空洞化が加速しているわけです。国保料が払えないのは372万2000世帯と、全加入世帯の2割近い水準です。

長洲町議会 2014-03-19 平成26年第1回定例会(第6号) 本文 2014-03-19

日本医療は良心的な医療従事者の献身的な努力によって支えられ、その医療水準世界でもトップの位置を占めているといっても過言ではありません。TPP交渉が行われておりますが、医療保険に含まれているこの市場開放の問題も重要です。  一方で厳しい町の財政から見て、町としても国の進める医療政策と町民の置かれている状況の板挟みに苦しんでおられるというところは理解できます。

水俣市議会 2013-09-12 平成25年9月第3回定例会(第4号 9月12日)

そして日本医療制度、皆保険制度が崩されて、公的保険制度がないアメリカ社会への道に進む危険があるとも言われています。議会でも意見書を上げたという経過がありますけれども、この急速に動きが強まっている中で、ぜひとも改めて、この水俣でこのTPPの問題を考えたいということで最初に質問させていただきます。  ①、TPP日本が参加した場合、水俣農林水産業にどのような影響が出ると考えているのか。  

荒尾市議会 2013-06-19 2013-06-19 平成25年第4回定例会(4日目) 本文

日本医療保険制度を簡単に説明いたしますと、保険適用被用者の職場において行われる職域保険と、住民が居住地において保険適用される地域保険に大別され、職域保険適用が優先されています。職域保険は、その対象者の多くが被用者であるため、被用者保険とも呼ばれ、その中心となっているのが健康保険であります。  

熊本市議会 2012-11-02 平成24年11月 2日財政運営のあり方に関する特別委員会−11月02日-01号

要するに、死ぬ間際の何カ月かで医療費全体の3割とか4割とかいう数字を使っているのが、今の日本医療制度だそうですよね。つまり、死ぬ間際の何カ月かに全体の医療費の中の3割とかいう金額が使われるような、これは本当に愚かなことですよね。もう死ぬとわかっているのにそこに3割突っ込むわけですから。

  • 1
  • 2