46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2019-06-10 平成31年第 1回(閉会中)教育市民委員会−06月10日-01号

課長以下29名により教育課程学習、進路指導教科書採択に関すること、そのほか学校教育指導に関することを所管しております。主要事業といたしましてALTを派遣する外国語教育推進経費、学力向上支援員の派遣や学びノート教室といった学力向上対策のほか、道徳教育等に取り組んでまいります。  続きまして、健康教育課でございます。

荒尾市議会 2018-09-28 2018-09-28 平成30年第3回定例会(6日目) 本文

この会議の加入者の市町村長自治体と育鵬社教科書採択地区とは重なっております。教育再生首長会議が、八木秀次氏が理事長の日本教育再生機構の育鵬社教科書の採択促進を主要な活動目標に設立されたことは、ほぼ確実と言われています。  平成27年度以降、首長会議は日本教育再生機構に年間360万円を事務局委託費として支出しています。

荒尾市議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(3日目) 本文

活動項目は、規約第5条「事業(活動)に、道徳歴史公民教育に資する調査・研究」、「適正かつ公正な教科書採択に関する調査・研究」と示されています。つまり、この新聞記事によりますと、安倍政権の掲げる教育再生に連動して、保守首長が中心となって2010年6月2日に結成した任意の団体と説明しています。  

玉名市議会 2016-03-07 平成28年第 1回定例会−03月07日-02号

教科書採択に当たっては、このような手続きを経て、昨年度小学校、今年度中学校教科書が採択され、原則として4年間使用されます。つまり現在使用している小学校教科書につきましては、平成27年度から平成30年度まで、中学校教科書につきましては、平成28年度から平成31年度まで使用することとなります。  

八代市議会 2015-09-10 平成27年 9月定例会−09月10日-05号

1項目め、教科書採択についてお伺いをいたします。  平成28年度から中学校使用される教科書が各自治体で採択され、8月末までに決定しています。本市においても決定したということですので、まず、幾つかの点についてお尋ねをいたします。  1点目、教科書とは何か。  2点目、八代市教科書採択の仕組みについて。  3点目、八代地区の教科書採択の観点について。  

熊本市議会 2015-07-03 平成27年第 2回定例会−07月03日-06号

                      │ │ 第 38 請願第 3号 安保関連法案の今国会での成立断念を求める意見書提 │ │             出に関する請願                  │ │ 第 39 請願第 4号 消費税10%への増税は先送り実施でなく増税の中止 │ │             を求める意見書の提出に関する請願         │ │ 第 40 請願第 5号 教科書採択

熊本市議会 2015-06-26 平成27年第 2回教育市民委員会−06月26日-01号

開催場所    教育市民委員会室 出席委員    8名         高 本 一 臣 委員長    田 辺 正 信 副委員長         藤 岡 照 代 委員     大 塚 信 弥 委員         小 池 洋 恵 委員     紫 垣 正 仁 委員         齊 藤   聰 委員     古 川 泰 三 委員 議題・協議事項   (1)議案の審査(1件)      請願第5号「教科書採択

水俣市議会 2015-06-24 平成27年6月第3回定例会(第3号 6月24日)

このような中、本年度は、水俣市、芦北町、津奈木町地区の中学校平成28年度から使用する教科書採択の年度でありますが、水俣・芦北地区は共同して同一の教科書を採択する地区になっております。これは熊本県教育委員会指導助言のもとで、教科書について審議・調査研究を行い、適切かつ慎重な教科書採択を行うことに努めなければなりません。  

熊本市議会 2015-06-18 平成27年第 2回定例会−06月18日-目次

関する処分等に                係る審査請求について  日程第 38 請願第 3号 安保関連法案の今国会での成立断念を                求める意見書提出に関する請願  日程第 39 請願第 4号 消費税10%への増税は先送り実施で                なく増税の中止を求める意見書の提出                に関する請願  日程第 40 請願第 5号 教科書採択

玉名市議会 2015-03-27 平成27年第 1回定例会−03月27日-05号

また、この制度の大きなポイントであり、市長が招集する総合教育会議において、教科書の採択や教職員人事などは、特に政治的中立性の要請が高い事項であり、議題として取り上げるべきではないとする一方、市長が策定する教育に関する大綱には、教科書採択の方針、教職員人事異動の基準等についても、市長が大綱に記載することも考えられるとしてある。

荒尾市議会 2015-03-10 2015-03-10 平成27年第1回定例会(3日目) 本文

今後も教育委員会を決定権のある執行機関と位置づけて、教職員人事教育課程の編成や教科書採択など、教育的中立性の高い事項につきましては、従来どおり教育委員会権限となっていることは、私も認識をしております。それは、例え教育委員長という立場がなくても、教育委員会制度が十分機能していくものであると信じております。  

熊本市議会 2014-12-25 平成26年第 4回定例会−12月25日-07号

マンション管理のあり方について      │227│ │    │    │指定管理者制度を活用した自主財源確保について │230│ │    │    │不妊治療対策について             │232│ │12月18日│田中敦朗│教育について                 │239│ │    │    │ インクルーシブ教育について         │239│ │    │    │ 教科書採択

熊本市議会 2014-12-11 平成26年第 4回定例会−12月11日-目次

田中敦朗議員質問………………………………………………………………(239)   ・教育について…………………………………………………………………(239)     インクルーシブ教育について……………………………………………(239)   岡教育長答弁……………………………………………………………………(240)   田中敦朗議員質問………………………………………………………………(241)     教科書採択

荒尾市議会 2014-06-09 2014-06-09 平成26年第3回定例会(2日目) 本文

従来の制度と同じように教育委員会を決定権のある執行機関と位置づけて、教職員人事教育課程の編成や教科書採択などの教育的中立性の高い事項につきましては、これまでどおり教育委員会権限となっております。このことをしっかりと肝に銘じて教育行政、とりわけ学校教育に取り組んでいかなければならないと考えております。  

熊本市議会 2012-03-07 平成24年第 1回定例会−03月07日-07号

〔大迫靖雄教育委員会委員長 登壇〕 ◎大迫靖雄 教育委員会委員長  私の方からは教科書採択に関します2点のお尋ねについてお答えをいたします。  ただいま議員の方から教科書を読んでいるかどうかというお話がありましたけれども、これにつきましては今回の対象となりました教科書は131点ございます。その教科書の詳細についてすべてを承知しているわけではないという意味で申し上げたものであります。  

熊本市議会 2011-12-16 平成23年第 4回定例会−12月16日-07号

入園手続きの矛盾点について         │171│ │    │    │ 特養の待機者の問題について         │173│ │    │    │ 独居老人と孤独死対策について        │173│ │    │    │防災対策について               │175│ │    │    │ 小学校の緊急警報システムについて      │175│ │    │    │ 教科書採択問題

熊本市議会 2011-12-05 平成23年第 4回定例会−12月05日-04号

続きまして、教育関係ということで、教科書採択に向けての質問をいたします。  日本の歴史文化に誇りを持てる教科書が、熊本県内の公立中学校使用されることを目指して、この8月11日、竹原孝昭議員を会長とする県内の市議会・町議会議員200名から成る「子供たちに誇りと希望をつなぐ議員の会」を組織し、私もその会員の一人として、教科書採択に関する要望書を提出いたしました。

熊本市議会 2011-09-29 平成23年第 3回定例会−09月29日-07号

 区バスについて               │ 84│ │    │    │ 区域区分、線引きについての要望       │ 87│ │    │    │子育て支援について              │ 87│ │    │    │被災地のがれき受け入れについて        │ 89│ │    │    │                       │   │ │    │満永寿博│教科書採択