176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回都市整備委員会−12月09日-01号

ラウンドアバウトは本当は、放射線がたくさんある方がラウンドアバウト印象があるんですけれども、ここは4本しか線がないんで、ラウンドアバウト印象としては一番簡素なタイプの部分ですから、これも要望で結構ですので、ぜひとも見ていただきたいと思いますので、また委員長に関しましては3月の委員会ででもよろしくお願いしたいと思います。  最後にもう1点だけお願いいたします。  

水俣市議会 2019-09-11 令和元年9月第4回定例会(第3号 9月11日)

治療にも抗がん剤による入院を必要とするもの、それから放射線や内服薬、または外科的な処置を必要とするものなど、患者さんによって実にさまざまな状況が発生します。このような治療に伴う負担は、精神的また肉体的、そして経済的にも多岐にわたるために、苦しい状況に置かれる方々がおられるということは十分に理解できます。

熊本市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回教育市民分科会−06月24日-01号

以前は、城南町のころは送迎バスとかもあったというふうにお聞きしていますし、これも熊本市になったから廃止されたということもありますけれども、今後の高齢化とか少子化、そういった方々でやはり車の免許返納とかも今後出てくると思う中で、先日の一般質問でもありましたけれども、コミュニティ交通の充実というところで、今交通センターから放射線状にバスの運行がなされている部分を、やはり面的なコミュニティ交通整備が必要

水俣市議会 2019-03-05 平成31年3月第1回定例会(第2号 3月 5日)

大項目1、放射線治療を必要とする患者負担軽減について。  ①、放射線治療の目的は何か、また平準的な治療内容治療期間はどれぐらいか。  ②、放射線治療を必要とする患者水俣市では年間何人程度か。また、患者数はふえる傾向にあるか。  ③、水俣市立総合医療センターには、平成19年3月まで治療機器があり、放射線治療が行われていたと聞くが、やめた理由は何か。

南小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

そしてそれから今度、放射線上にある梅花皮荘に行ったり、北部に行ったりするようなことをしっかりしていかなければならないということだと思いますが、一つはそういうことを誰がやるのか。今、道の駅の管理者がやるのか、管理者というか指定管理者に入っている団体もあるわけですけれども、なのか、誰がやるのか。いろいろ考えれば、あるんですよ。

水俣市議会 2019-03-01 平成31年3月第1回定例会会目次

………………  32  ○藤本壽子君の再々質問……………………………………………………………………………  33   市長の答弁…………………………………………………………………………………………  33 休憩・開議………………………………………………………………………………………………  34  ○髙岡朱美君の質問…………………………………………………………………………………  34    1 放射線治療

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号

例えば環状線型にするのか、放射線型にするのか、どういうふうにしていくのか。そして市民の利便性をどう高めていくのかということをもう少し突き詰めて我々と議論する必要があるのではないかということなんです。鉄軌道輸送能力にすぐれていることも、利便性にすぐれ、また経費的にも安易であることは我々よくわかっているわけです。

八代市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会−12月06日-04号

まず、高レベル放射性廃棄物とは、原子力発電所などから発生する極めて放射線量の高い廃棄物とされ、最終処分場とは、この廃棄物を地下300メートル以上の深い岩盤に地層処分する場とされております。  国は、昨年7月に最終処分場を設置する場所として、科学的な見地に基づく適正度合いを示した科学的特性マップを公表されております。

水俣市議会 2018-09-11 平成30年9月第3回定例会(第2号 9月11日)

特殊な映像として紹介してあるもの、放射線で焼け焦げた瓦、壁に残った人の影、衣服だけが残っているもの、改めて核爆弾による非人道的な攻撃の跡が心にしみてくるようでした。  放射能による被害は、戦後70年の間被爆者の人生を狂わし、多くの人々が病に倒れました。このような苦しみの中から、広島、長崎の人々は、全世界に向けて核兵器廃絶への道をともに歩もうと呼びかけたのだと実感しました。

水俣市議会 2018-06-26 平成30年6月第2回定例会(第2号 6月26日)

放射線防護のための知識や対策、それぞれの地域での協力が欠かせないということは、本当にこれは切実な問題ではないかというふうに、もうますます私は思っておりまして、ぜひ早急に防災会議での議論を、できれば早急に行っていただきたいというふうに思いまして、このことを質問の1番にしたいと思います。  そして要望をいたします。  

荒尾市議会 2018-06-18 2018-06-18 平成30年第2回定例会(3日目) 本文

平成20年に国から、地域がん診療連携拠点病院指定を受け、がんに対する手術療法化学療法放射線療法緩和医療を駆使して、がんに悩む多くの人々を癒す県北地域拠点として機能しております。  平成29年度には、がん患者1,269名の診療を行い、がん手術数192件、がん内視鏡下切除数33件でした。

熊本市議会 2018-03-16 平成30年第 1回厚生委員会−03月16日-01号

また、リハビリテーション専門職、栄養士、放射線技師などは施設全体として配置することを念頭としております。  設備としては、療養室については定員が4名以下で、床面積は1人当たり8平米以上として、プライバシーに配慮すること、それと療養室以外では診療室処置室機能訓練室臨床検査設備X線装置などを求められております。  

熊本市議会 2018-03-06 平成30年第 1回定例会−03月06日-04号

放射線治療など定期的な通院が必要な場合や体調不安がある人には有効な短時間勤務を導入、あるいは在宅勤務、あるいは時間単位の年次有給休暇、またがんになった場合の相談窓口やマニュアルや復帰支援プログラムをつくる必要があります。さらに、両立には周囲の理解が欠かせないため、管理職研修社員啓発を実施する必要があると考えております。  

熊本市議会 2017-11-27 平成29年第 4回定例会−11月27日-02号

は、南北に貫く九州高速道路がその中心を走り、市中心部から東部方面に向かっては、新屋敷を経て県民運動公園方面に向かう県道145号線、通称供合線を初め、東バイパスから熊本空港に向かう第一空港線、また、託麻まちづくりセンターを経て小山地区に至る戸島線産業道路日赤病院前を経て総合運動公園スタジアム方面に向かう国体道路、競輪場前を通り戸島方面に向かう新外線、それに第二空港線と6本の主要道路中心部から放射線

熊本市議会 2017-09-19 平成29年 9月19日公共施設マネジメント調査特別委員会−09月19日-01号

階層構成でございますが、1階に救急、放射線治療などの部門、2階に外来診療検査部門、3階にICU、手術部門、4階に当院の特徴となりますNICU、GCU、産科、小児科病棟、それから5階、6階は病棟、特に6階には地域包括ケア病棟感染症病棟を配置する予定でございます。屋上のペントハウスには機械室、ヘリポートを設置いたします。  次、3ページをお願いいたします。3ページは配置計画でございます。  

水俣市議会 2017-09-07 平成29年9月第4回定例会(第4号 9月 7日)

総務部長本田真一君) 今回採用予定自衛官の方ですが、第一種大型自動車免許大型自動車けん引免許、第二種放射線取扱主任者乙種危険物取扱者などの資格を取得されており、地域防災マネジャー資格につきましては、年内に取得予定であるとお聞きしております。  以上です。 ○議長(福田 斉君) 谷口明弘議員

荒尾市議会 2017-03-17 2017-03-17 平成29年第1回定例会(5日目) 本文

東日本大震災では、まだ放射線の線量が高く、永久に帰れないかもしれない。今、生きている方々が存命中に帰れるかはわかりません。それほど、原発被害はすさまじいものです。  しかし、安倍内閣原発の再稼働を認め、原発を外国へ輸出しようとさえしています。何と浅はかなことでしょう。空はつながり、海もつながっているこの地球、ここ荒尾市も無関係ではいられません。