33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八代市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会−06月13日-04号

内閣支持は相変わらず低調であり、信頼回復は簡単ではないようです。  そのようなひどい国の状況ですが、八代市における公文書の管理実態はどうなっているのかと思い、質問に取り上げました。  そもそもの話になりますが、公文書とはどういうものなのか、その定義八代市において、公文書をどのように捉えているのか、その位置づけ。マスコミでもありますように、交渉記録、庁内協議、口きき等のメモとかもあるものなのか。

合志市議会 2017-09-22 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月22日−06号

例え内閣支持が上昇しても、それは国民の多くが森友・加計学園問題に関して納得したことを意味しません。この問題に関して、公文書管理による行政の継続性、正当性の証明という根幹部分がいかにないがしろにされたのかを含め、国会の場で数々の疑惑の真相を明らかにすることこそが国会として果たすべき役目ではないでしょうか。国民の声市民の声として、この意見書を送ることに今ならまだ遅すぎることはありません。  

水俣市議会 2017-06-21 平成29年6月第3回定例会(第3号 6月21日)

一昨日の世論調査で、内閣支持が7社全ての調査で下落いたしました。毎日新聞では、支持が36%、不支持が44%、テレビ朝日では支持37%、不支持41%、日本テレビでは支持39%、不支持41%と、いずれも不支持が支持を上回りました。  共謀罪に関しては、政府が十分説明していると思うかという問いに、81.3%が思わないと答えています。

水俣市議会 2017-06-20 平成29年6月第3回定例会(第2号 6月20日)

報道各社の世論調査によると、安倍内閣支持が軒並み50%割れになりました。中には、不支持支持を上回ったところもありました。当然のことだと思います。共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法を委員会審議を打ち切って強引に本会議採決を行い成立させたこと、また、森友学園疑惑、加計学園疑惑に対する安倍内閣の対応への批判のあらわれではないでしょうか。

水俣市議会 2016-12-06 平成28年12月第4回定例会(第2号12月 6日)

安倍政治を許さないと訴える人々もおりますが、私は国民支持が高く、先進国で唯一と言えるほど安定している安倍政権のもとで、日本が世界の平和と安定に貢献できる政策を確実に実行に移していただきたいと思います。  話は変わりますが、人を元気にするのは希望だと思います。まちもそうではないでしょうか。

八代市議会 2015-09-07 平成27年 9月定例会-09月07日-02号

現に支持は任期を終えるまで高いものでありましたし、これは今後の政治活動にも大いに貢献するものと推察いたしております。  中村市長におかれましては、市長就任当初から八代市政の安定に言及されておられます。2年後の選挙あるいはその先の政治活動、八代市政に安定を求めるのであれば、不祥事の責任のとり方に、みずからの給与の減額も取り入れていくべきだというふうに私は思います。  

水俣市議会 2015-06-24 平成27年6月第3回定例会(第3号 6月24日)

また、安倍内閣支持は47.7%、前回から2.5ポイント減少しております。不支持は43%で5ポイント増加しています。また、読売新聞系列の日本テレビが実施した世論調査では、内閣支持が41.1%、不支持が39.3%で支持と不支持が拮抗し衝撃を与えています。国の主権国民にあります。一人一人の国民が国のあり方を決めます。

水俣市議会 2014-09-10 平成26年9月第4回定例会(第3号 9月10日)

安倍内閣支持アップの要因になったということですが、この5人の閣僚に何よりも望みたいことがございます。女性の立場で日本平和を守る国として導いてくれるよう切に願うところです。  銃後の女性という言葉が戦時中にはあったようです。銃後の女性は本当に自分の息子や娘を戦場にやらなければならなかったり、大変苦労をなさいました。私たちはそのような時代を迎えたくはありません。  

荒尾市議会 2014-06-18 2014-06-18 平成26年第3回定例会(5日目) 本文

世論調査でも、高かった安倍内閣支持は下落して、「憲法第9条の解釈を変えることで自衛隊海外に派兵して武力行使をできるようにする必要がありますか。」との問いに対して、「思う」に対して「思わない」が約2倍近くになっていますし、憲法の解釈を変えることで海外での武力行使ができるようにすることを支持する人と、支持しない人では3倍近くにその差があります。

八代市議会 2014-06-10 平成26年 6月定例会−06月10日-03号

また、民間の世論調査において、土曜日の授業復活実施に対して高い支持があること、土曜日を必ずしも有意義に過ごせていない子供たちも少なからず存在するといった重要な指摘もあることから、昨年文部科学省において、改めて子供たちの成長にとって、土曜日をこれまで以上に充実したものとすることが肝要であるという観点と、土曜授業については、学校において子供たちに土曜日における充実した学習機会を提供する方策の一つとして

合志市議会 2013-12-13 平成25年12月 定例会(第4回)-12月13日−04号

「高い支持を背景に、安倍首相戦後レジーム制度からの脱却を掲げ、そのための最終目標を憲法改正に定めている。けれども、戦後続いた平和だけは大事にしたい、逆行する芽は摘まなくてはいけない。特定秘密保護法にかつての治安維持法の道筋をたどらせてはいけない」と、こういうふうに熊日新聞の、これは編集局長の松下純一郎さんが書いてます。

水俣市議会 2013-12-11 平成25年12月第4回定例会(第3号12月11日)

内閣支持も前月の調査から10.3ポイント急落し、47.6%となりました。  国の政治が変われば私たち国民の生活も大きく変わります。ねじれが解消された安倍政権、決める政治が果たして凶と出るのか吉と出るのか、民主主義国家日本国民が近いうちに判断するのではないでしょうか。  さて、水俣に目を向けますと、去る11月17日、宮本市長は次期市長選挙に立候補しないことを表明されました。

水俣市議会 2013-06-13 平成25年6月第2回定例会(第4号 6月13日)

ここにいらっしゃる議員の中には、全く逆の捉え方をしていらっしゃる議員もいらっしゃるようですが、しかし、発足から半年余りが経過しても依然として高い内閣支持を維持しているのはその証左ではないかと思います。  民主党政権時代のスローガン「コンクリートから人へ」から「コンクリートも人も」へと政策転換がなされ、平成24年度の大型補正予算も組まれました。

荒尾市議会 2013-05-28 2013-05-28 平成25年第3回臨時会(1日目) 本文

市民アンケートの調査ですね、これは、この調査では1600人、この少ない人数でというようなことがありましたので、アンケート調査でのサンプル、1600人が少ないのではないかという声もありますが、各新聞社の全国世論調査は、内閣支持政党支持でも、そのサンプルは4000人から5000人で行われていることを考えれば、荒尾市の1600人のサンプルは必ずしも少ないとは考えておりません。  

玉名市議会 2013-03-07 平成25年第 1回定例会−03月07日-02号

内閣支持は発足当時は高い水準でだんだんと左肩下がりになっていくのが、安倍総理、安倍内閣は逆に右肩上がりになってついに72.8%の支持を上昇させていますが、一体何が原因なのかと思えば経験から生まれた政治姿勢また政策の中で、かく言う吉田流に言えば、かつて明治政府が成し遂げた富国強兵政策が功を奏していると思うのであります。強兵とは、それは安全保障外交姿勢のことを言うのであります。

八代市議会 2013-03-07 平成25年 3月定例会−03月07日-05号

東京開催支持調査では、東京都内においては70%、都外においても67%という数値に上昇してきており、本年9月の開催都市決定に向け、国内の機運は確実に高まってきていることが感じ取れます。  ここで、招致に向けた日本のメッセージコンセプトを御紹介したいと思います。「オリンピック・パラリンピックは夢をくれる。夢は力をくれる。力は未来をつくる。私たちには今、この力が必要だ。ひとつになるために。

玉名市議会 2012-03-08 平成24年第 1回定例会−03月08日-02号

国会では、民主党議員質問の要点も、地方財政制度の持続可能性を確保するため、一体改革は必要不可欠と発言しているのでありますが、自由民主党解散ばかり追及し、与野党協議に応じない云々と批判され、民主党支持低下の割には自民党支持が上がらないと言っております。また、批判されておりますが、マスコミさんもそうでありますね。

荒尾市議会 2011-03-15 2011-03-15 平成23年第1回定例会(3日目) 本文

少し話は変わりますが、政権交代から1年半、内閣支持が20%を割り込んできた現内閣は、このまま国政を担当できるのか、非常に心配でございます。マスコミや学者が盛り上げてきた政治勢力への期待感は、いずれも長期間続かず、国民希望と落胆を繰り返してまいりました。私たち地方議員は、政治の再生に果たす役割といたしまして、地方発の政治を私はやらなければならないと思っております。  

  • 1
  • 2