862件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-09

教育におけるICTを活用することは、児童・生徒にとって学習への興味や関心を高め、わかりやすい授業をする上で効果的でありまして、確かな学力につながるものと思っております。教職員がICTを活用する場面において、教育効果を上げるにはどの場面にどのようにしてコンピューターやインターネットを利用すればいいかを事前に計画し、授業におけるICTを活用したイメージを持つことが重要であると思っています。  

玉名市議会 2019-06-28 令和 元年第 1回定例会−06月28日-05号

小中一貫教育は、以前から玉名市が取り組んでいるもので、小学校中学校が同じ目指す子供像を設定して、9年間を通して学びをつくり、子どもたちの学力を高めていこうと各中学校区単位で、小学校中学校が一緒に授業研修会をしながら、9年間の授業づくりを行ない、ほとんどの中学校で同じような流れで授業づくりを行なっている。

水俣市議会 2019-06-27 令和元年6月第3回定例会(第4号 6月27日)

また、学校などでもハザードマップの見方などの授業を行ったりして、子どもたちが自分の住んでいる地域の状況を知る機会をつくることもよいのかなと思いました。  ここで3点目の質問です。わかりやすく別の方法でも周知をすべきだと思うがどうか。  3回目の質問は以上3点です。 ○議長(岩阪雅文君) 堀内総務企画部長。 ○総務企画部長(堀内敏彦君) 杉迫議員の3回目の御質問3点について順次お答えいたします。  

荒尾市議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年第4回定例会(4日目) 本文

また、体育授業などでは、子供たちの体の状況について観察することも心がけております。そのほか、身体測定などの健康診断時におきまして、体にあざがないか、そういうことも養護教諭と担任が連携して確認することも行っております。また、さらには毎年定期的に行っておりますいじめについてのアンケート調査、教育相談、そういう中でも子供たちからの悩み事を直接聞く機会をつくっております。  

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

一方で、組体操のメリットといたしまして、これまでの体育授業の成果を表現する場であることに併せ、協力して一つのことをやり遂げたときの達成した喜びを共有する望ましい人間関係の形成などの教育効果を挙げることができます。  教育委員会としましては、これらの課題と効果を踏まえた上で、運動会、体育大会での組体操の実施の有無につきましては、小・中学校の判断に委ねております。

荒尾市議会 2019-06-24 2019-06-24 令和元年第4回定例会(2日目) 本文

具体的には、基本となる事業の流れとしてのあらおベーシックを小・中学校で標準化する授業改善の取り組みや、電子黒板などのICT機器を全教室に配備するICT教育を推進し、学校におけるICT環境を劇的に向上させてまいります。  また、老朽化した学校施設設備の改修につきましては、学校施設長寿命化計画の推進を図ってまいります。  

玉名市議会 2019-06-17 令和 元年第 1回定例会−06月17日-03号

学校における配慮については、更衣室、トイレ、授業、部活動、修学旅行など、さまざまな場面での具体的な配慮が考えられます。  文部科学省からの通知によりますと、服装については、児童生徒が自ら認識する性別の服装、衣服や体操服の着用を認め、トイレについては、職員トイレ、多目的トイレ等の利用を認めることが具体的な配慮事項として示されております。  

長洲町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 2019-06-17

にもかかわらず、長洲中、腹栄中で相当教科免許状がないのに授業を担当させているということが何年も続いております。我が町に住む子どもたちは、この状況は仕方ないのでしょうか。もし仕方ないというのであれば、これは教育地域格差ではないでしょうか。子どもはどこで才能が開花するかわかりません。子どものそういった可能性をもし潰しているのであれば、これは我々大人の責任です。

玉名市議会 2019-06-14 令和 元年第 1回定例会−06月14日-02号

授業においては、より多くの考えを出し合い刺激を受けていること。自ら新たな友だちを見つけ誘い合って遊んでいること。集団生活の中で、人間関係づくりを学び社会性を身につける機会がふえたこと。中学生の姿をよき手本として学んでいること。中学校教師のより専門的な授業を受ける機会ができたことなどが挙げられます。挙げております課題につきましては、開校当時の一時的なものととらえております。

八代市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会−03月22日-05号

塀改修事業1億2094万8000円、同款・教育費、第3項・中学校費、学校建設費の中学校ブロック塀改修事業7973万円及び同款・教育費、第5項・幼稚園費、幼稚園費の幼稚園ブロック塀改修事業639万4000円について、執行部からの説明を聞き、委員から、幼稚園、小中学校におけるブロック塀改修工事の終了予定について質疑があり、執行部から、工事については学校によっては二、三校組み合わせて発注する場合もあり、各学校授業

長洲町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-11

英語教育につきましては、英語科の授業に外国語指導者を配置したことで、子どもたちは積極的に英語授業に取り組んでおります。今後も引き続き、幼児から中学生まで一貫性のある英語教育に取り組み、将来、世界で活躍する人材育成を目指してまいります。また、小中学生に対し、英語検定料の補助を行い、コミュニケーション能力や語学力の向上を図ってまいります。  

荒尾市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第1回定例会(3日目) 本文

議員に御紹介いただきましたように、小学校給食無償化や小・中学校へのエアコンの整備をはじめ、教育関係では、学校施設の修繕やLED照明の整備、学力向上を目的といたします授業改善アドバイザーの活用、特別支援教育支援員の充実、英語検定補助の拡充などを行っております。今後は、ICT教育の充実を図ることなどを通じて、将来を担う子どもたちが主体的な学びの中で生きる力を育む人づくりに努めてまいります。  

八代市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

ある子供は、中国人の両親と四、五歳ぐらいに日本にやってきて、日本保育所に入りましたが、本人は中国語日本語も余り身につかないまま小学校に上がり、現在、授業についていけなくて、日本語指導を受けています。このような子供の状態をダブルリミテッドと言います。本人は、自分が中国人なのか、それとも日本人なのかと悩み、認識ができていないと言います。

玉名市議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会-03月06日-03号

このように公務用、教育用パソコン、電子黒板につきましては、段階的に整備を進めてきたことで授業においてすぐに使え、簡単に使える環境が整い、教職員にとって容易にICT機器が利用できる状況となっております。  教職員のアンケートの結果を見ましても、高評価を得ており、ICT機器の積極的な活用をこれからも一層推進してまいりたいと考えております。  

荒尾市議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第1回定例会(2日目) 本文

教育面に関しましては、土曜授業の実施、外国語教育の強化やICT機器を活用した授業のあり方、さらには子ども医療費保育にかかる助成など、さまざまな取り組みがなされております。子育て世代や、また、子どもたち本人の目線に立った施策づくりと思うところです。  一つ目の質問として、この施策を市長御自身がどう評価されるのか。また、達成度やこれからの展望、進展についてお聞きいたします。  

八代市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会-03月06日-03号

1カ所は、小学校のICT教育の現場で、そのために授業内容も合わせていただきながら、御配慮いただき、視察を行わせていただきました。私は、この方面の情報に明るくなかったものですから、授業風景を見てですね、目からうろこの内容でございました。  今年度の予算提示がなされていますし、八代市ではどのようなことになっているのか、ICT教育の取り組みの実態について伺います。                

南小国町議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日) 本文 2019-03-06

魅力ある活動内容は十分整っておりますし、私は、一つに生まれ育ったこの小国町を十分に知ってもらう自然触れ合い授業といいますか、小国町を十分に知ってもらうことが必要なのではないかと思っています。保育園、小学校中学校、高校連携教育の中で、五味沢、それから小玉川、叶水地域など、広大な小国の自然を満喫できる自然触れ合い学習です。