運営者 Bitlet 姉妹サービス
540件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 水俣市議会 平成31年3月第1回定例会(第4号 3月14日) また、学童クラブの受け入れの現状と今後の傾向についてただしたのに対し、市が管理している水俣第一小、水俣第二小、袋小においても、待機児童が出てきている状況にあり、今後どういったかたちで受け入れていくかが課題であるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 私が就任1年目となりました平成27年4月1日の待機児童数は、397人という、政令市の中で3番目に多いという大変厳しい状況にございました。 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 1点目が、無償化に伴い、受け入れの増加が予想されますが、どのように捉えておられるのか、待機児童対策とあわせてお尋ねいたします。  2点目が、幼稚園、保育園、認定こども園において保育士の担い手不足についてどのように解消し取り組んでいかれるのか、積極的な対応について伺います。   もっと読む
2018-11-16 熊本市議会 平成30年11月16日人口減少社会に関する調査特別委員会−11月16日-01号 また、今後、出生数に直接影響する若い女性の数が大幅に減少していく見込みとなっておりますことから、これら子供を産み育てるような若年層の転入増を図るためにも実質的な待機児童ゼロの継続や保育の質の向上などの子育て支援策の充実に取り組みたいというふうに考えております。  また、基礎学力の徹底など学校教育の充実などにも取り組んでまいりたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-09-27 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月27日-05号 まず、委員から、玉名市には該当する施設はないとのことだが、待機児童が31名いることを考えれば、この事業に取り組むことで待機児童の解消に役立つのではと思うが、この事業はとりかかりやすいものなのかとの質疑があり、執行部から、もともとこの事業は、地域型保育事業で、今回の改正では、居宅訪問型保育事業は該当していないが、待機児童対策は急務であるので、新規参入の事業所に対しても働きかけをするなどの取り組みは必要 もっと読む
2018-09-21 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月21日−05号 (6)待機児童対策について  質疑内容  @待機児童数及び市内保育事業者定員の推移と近年予測の確認  A企業型保育の概要と基礎自治体との関連性及び現段階における市内事業者と本市行政との関係性の確認  B待機解消に至らない根本要因の認識及び短期改善策の必要性の確認  答弁要旨  待機児童数の推移  平成28年度 41名  平成29年度 62名  平成30年度 10名 4月基準時  保育事業者定員の推移 もっと読む
2018-09-19 熊本市議会 平成30年第 3回厚生委員会−09月19日-02号 そういった意味からも、本市におきましては平成27年度に緊急対策3本の柱を立てて、受け皿の確保、そして担い手の確保、そして入所事務の改善ということで平成28年度から3年間続けて、4月1日時点でございますが、待機児童ゼロを達成してきているところでございます。   もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 3点目ですが、環境整備について、18校の学校施設の利活用や6棟のプレハブ建設を行ったということで、一定取り組みを評価したいと思っていますが、児童1人当たりの面積については、市の基準は、児童育成クラブ利用のニーズに応えるために国基準よりも緩和した基準であること、そのことにより待機児童はゼロになっていますけれども、それを評価しつつも、本来は国基準は私は最低基準であるというふうに思っています。 もっと読む
2018-09-13 玉名市議会 平成30年第 4回定例会-09月13日-04号 じゃあ、5番目の待機児童数の現状と、ゼロ歳から4歳児の人口推移についてお伺いしたいと思います。 ○議長(中尾嘉男君) 健康福祉部長 松野信生君。   [健康福祉部長 松野信生君 登壇] ◎健康福祉部長(松野信生君) 北本議員御質問の待機児童数の現状と、ゼロ歳児から4歳児の人口推移についてお答えします。   もっと読む
2018-09-12 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月12日-03号 先般、玉名市では、31名の待機児童があるというような報道もありました。無償化により保育所待機児童数の増減は、どのように変化をするのか。執行部の認識をお聞きします。 ○議長(中尾嘉男君) 健康福祉部長 松野信生君。 ◎健康福祉部長(松野信生君) 無償化による待機児童数がどうなるかについてお答えします。   もっと読む
2018-09-11 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月11日-02号 まず、子育て支援対策についての課題としまして、待機児童問題がございます。待機児童の発生原因の一つに、保護者の通勤経路等と離れた場所にある施設は利用できず、結果的に希望する保育所が市の中心部に集中する傾向にあるというのがあげられます。 もっと読む
2018-09-10 湯前町議会 平成30年 9月 定例会(第8回)-09月10日−03号 保育所待機児童の解消などのため、現在の保育所などの枠組みに加えまして、四つの事業累計でやる小規模保育事業、家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育所の保育事業が、市町村認可事業として平成26年度から設けられました。 もっと読む
2018-09-10 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-05号 ゼロ歳から2歳児については、待機児童解消の取り組みとあわせて、住民税非課税世帯を対象として無償化を進める幼児教育の無償化、その他、高等教育の無償化、大学の改革、リカレント教育、つまり学び直しの推進、高齢者の雇用の促進など、2兆円もの莫大な費用が予算化され推進される予定です。   もっと読む
2018-08-29 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月29日−03号 次に、保育行政ということで、まず保育園の待機児童数、現状について数字だけ教えてください。 ○議長(吉永健司君) 後藤部長。 ◎健康福祉部長(後藤圭子君) 本年の4月現在の待機児童数は10名となっております。昨年度、施設整備を行っておりますので、昨年の同時期が62名ということで減少はいたしております。4月以降転入等がございます。 もっと読む
2018-06-20 宇城市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月20日−05号 三角地区以外の地区では、市内中心部への人口の集中化等により、特定の園への希望を含め待機児童が発生している状況です。  市では、これまで保育事業者との協議・調整による利用定員の設定や、受け入れ増を目的とした施設整備等への支援とともに、平成32年4月開設を目指して、松橋地区に新たな認可保育所を整備するなど対策を行っているところでございます。   もっと読む
2018-06-19 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月19日-05号 一方で、現在約2,000名の子供たちが通っている認可外保育所についても、本市の待機児童解消に大きく寄与している現状を鑑みましても、無償化の対象とするなど改善していくべきことを最初に指摘したいと思います。  次に指定管理者制度にかかわる補正予算についてでありますが、予算決算委員会において指摘しましたとおり問題点が数点あり、賛同できません。   もっと読む
2018-06-14 宇城市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 この保育料無料化による問題点、早くから子どもを預ける世帯が増えるために待機児童の増加が懸念をされます。宇城市として、国の幼児教育無償化による影響をどのように感じられて対策を取られるのかお尋ねをしたいと思います。  もう1つの子育て支援、子どもの医療費の無料化。 もっと読む
2018-06-12 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 まず、1番に、待機児童の現状と今後の見通しと対策ということで、2月で前任の三苫子育て支援課長が、一時募集の状況は新規申し込みが523名、昨年との比較で140名減、この時点で保留者が63名いるので、昨年と比較して39名の減、改善されているが現時点では30名~40名の待機児童が出るのではというふうに答弁されております。その後の推移について、お答えいただきたいと思います。 もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回厚生委員会−06月11日-01号 その結果、こちら、29年度の評価としている欄でございますけれども、待機児童ゼロを達成しているところでございます。  なお、4月1日における待機児童ゼロにつきましては、ことしも含め、3年連続で達成をしたところでございます。  その下の、平成30年度の取り組みといたしまして、引き続き、利用者支援員を中心に、区を越えた調整を行うなど、きめ細やかな入所あっせんに取り組んでいきます。   もっと読む
2018-06-08 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月08日−01号 また、人口の増加や就業環境の変化などを勘案し、保育園や学童保育の整備など、民間とも連携しながら待機児童の解消を図るとともに、地域で子供たちを育む放課後の子供の居場所づくりなど、地域での子育て支援を進めるとともに、市民からの相談体制を整え、すべての人にやさしい、きめ細やかな福祉行政を進めてまいります。  教育の健康。  合志市はこの4年で約4,000名の人口が増加しています。 もっと読む