127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2028-08-28 08月28日-03号

岡山倉敷市の真備町がそうであったように、坪井川があふれかえって、堀川へバックウォーター現象というのが起これば、やはりこういうふうな浸水想定になるんだろうなということが想像できるわけでございます。 この浸水想定で何か本市の施策が変わったということはあるんですか。 ○議長(坂本武人君) 木永交通防災課長

荒尾市議会 2020-06-23 2020-06-23 令和2年第3回定例会(3日目) 本文

岡山は、サポートブックを作成されております。すみません、時間がないので、ちょっと、はしょって言っております。  また、妊婦や、乳幼児のいるママたちも、体育館のような同じ空間での避難は、感染防止の点からも避けたほうがいい場合もあります。別室での避難など、対応は大丈夫でしょうか。そこをお伺いいたします。

八代市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-02号

2018年7月には岡山、広島県、愛媛県を襲った西日本豪雨災害、2017年九州北部豪雨災害、2015年9月関東東北豪雨災害、2014年8月広島土砂災害など、近年、二酸化炭素CO2排出増加に伴う地球温暖化の進行で豪雨や干ばつ、高温といった異常気象増加は避けられなく、このままでは今世紀末には3.9度上昇し、破壊的影響が生じると世界気象機関が発表をしています。  

宇土市議会 2019-09-09 09月09日-02号

昨年は九州北部から広島県,岡山など中国地方四国地方まで西日本地域を襲った大雨被害地から聞こえる「これまで体験したことのない大雨が降りました。」の声です。避難が遅れ多くの人命が奪われ,多大な損害も受けました。気象庁は命の危険を呼び掛けましたが,なかなか避難をしないことが原因とも言われています。なぜ避難をしないのか。

宇城市議会 2019-09-09 09月09日-05号

過去の災害不明者の氏名の公表をめぐる対応は、2013年の伊豆大島土砂災害では、東京大島町は公表し、2014年御嶽山噴火災害では、長野県は非公表、2015年関東東北豪雨では、茨城県常総市は非公表茨城県境町は公表、2018年西日本豪雨災害では、岡山はいち早く公表広島県は所在確認が困難だった2人の名字のみ片仮名で公表愛媛県は家族の同意が得られなかったとして非公表であった。

宇城市議会 2019-09-04 09月04日-02号

◆16番(河野一郎君) 今後、教育分野への地域おこし協力隊を受け入れることについてでありますけれども、岡山和気町では、教育に特化した地域おこし協力隊公営塾の講師、運営に募集をしております。同じく岡山の新庄村でも教育委員会から地域おこし協力隊を募集されております。先日、会派で研修をいたしました利尻富士町では、学校支援員として協力隊員の受入れを実際行っておりました。

八代市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-03号

岡山総社市の取り組みです。人口は、現在6万9000人ほどとのことであります。ここでの取り組みは、市が社会福祉協議会に委託して、総社市ひきこもり支援センターワンタッチという、ひきこもりに特化した相談支援事業がなされているとのことであります。  今回、質問を行うに当たり、電話でひきこもり支援センターワンタッチ状況を伺いました。

八代市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-02号

私も、景観法に基づくものかはわかりませんけども、今回のこの例とは違うかもしれませんが、岡山倉敷市の白壁、ナマコ壁屋敷、蔵が建ち並び、脇には有名な大原美術館がある倉敷美観地区、山口県の武家屋敷群保存地域、しっくいの白い壁で統一された萩市の町並み、信州のわらぶき家屋がつながる白川郷など、どこも美しい景観で圧倒されたことを思い出します。

宇土市議会 2019-03-06 03月06日-02号

例えば岡山人口48万人の倉敷市では,資源化率が54.0%,東京の小金井市でも50.2%となっています。また鹿児島県の志布志市とお隣の大崎町では,焼却炉建設で財源が厳しくなるので,ごみ広域連合から離脱をされまして,焼却には頼らない最終処分場で処理をし,ごみ資源化率大崎町が83.4%,これは全国で一番でありますし,志布志市が74.7%,これは市の中で志布志市が一番ということです。

玉名市議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会−03月05日-02号

先月の4日、5日に金栗四三地域創造戦略特別委員会のメンバーで岡山津山市の津山加茂郷マラソン視察に行ってまいりました。内容につきましては、次の市議会だよりの中で御報告を申し上げます。また、この議会開会中に特別委員会からの3回目の提言書江田委員長のほうから提出させていただく予定ですので、御確認をお願いいたします。  

玉名市議会 2019-02-06 平成31年第 1回臨時会−02月06日-01号

さて、私はきのうまで金栗四三地域創造戦略特別委員会の一員として、岡山津山市へ行政視察に行ってまいりました。ここは人口10万人で、毎年4月に津山加茂郷フルマラソン開催をされております。市長が表明をされたフルマラソン大会開催視察のためです。ところが、その行政視察のことが翌日の山陽新聞写真入りで報道され、思わぬ形で、しかも広範囲に大河ドラマ「いだてん」のPRができたのではないかと思います。

宇城市議会 2018-12-10 12月10日-05号

西日本豪雨でも東京都より海外からの緊急輸入体制の協定をいかして、岡山愛媛県に提供されたとお伺いしています。今後の災害時用の備蓄食品として、乳幼児用液体ミルクの検討を考えていただけないか、併せてお伺いをいたします。 ◎総務部長成松英隆君) 備蓄品の中で、粉ミルクは分かるけど液体ミルクも今後検討したらどうかということでございます。

宇土市議会 2018-12-07 12月07日-03号

その中で被災しました岡山総社市に確認したところ,多くの避難者が猛暑の中,数日間ではありますが,エアコンの無い体育館等避難する状況があったそうでございます。しかし,その後,暑さ対策からエアコンを整備してある施設へ移動していただいたとのことでした。 市としましても,避難所に指定している市内小中学校体育館エアコンを設置することは,必要であると考えているところでございます。 

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回総務委員会-09月18日-01号

まず、図面左側、①の1、指定都市市長会行動計画に基づく総務省現地対策本部リエゾン隊として、広島県に職員3名を、①の2、総務省災害マネジメント総括支援員制度に基づく支援員として岡山倉敷市へ職員2名を派遣いたしました。さらに①の3、家屋調査アドバイザーとして愛媛県大洲市に職員2名を派遣しております。  

長洲町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-13

7月上旬に広島岡山中心西日本の広範囲で甚大な被害をもたらしました豪雨災害では、220名もの尊い命が犠牲になりました。また、9月6日夜中には北海道で震度7を記録する大地震が発生するなど、甚大な被害が出ております。犠牲者皆様には心からの御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地皆様にお見舞い申し上げ、一日も早い復興を願っております。  

宇城市議会 2018-09-06 09月06日-03号

断水世帯は20万戸を超え、広島県、岡山中心に5,946人が避難所に身を寄せているという状況でした。私たちも2年前熊本地震を経験し、たくさんのことを学びました。防災計画のない自治体はないと思います。どこも日頃から防災意識を高めるために努力をしていますが、自然の猛威には無力さを感じます。前もって避難ができる場合と、地震のように突然の災害では避難はできません。救助と被災生活に力点が置かれます。