192件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

水俣市議会 2019-06-26 令和元年6月第3回定例会(第3号 6月26日)

また、1階市民交流フロアの天井、吹き抜けホールの壁、各階の床には、地元産の木材使用する予定であり、地元の素材のよさを知ってもらう場とするほか、1階には情報発信スペースを設けまして、水俣の観光・物産・産業をアピールする場とするように検討を進めてまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(岩阪雅文君) 次に、エコパーク水俣及びその周辺の整備について、答弁を求めます。  

長洲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-14

あと、雨漏りがあっておりました教室天井、それと、昇降口入口、ピロティと呼んでおりますけども、そこのバリアフリー化。車椅子等で入れるようにするためのバリアフリー化ですね。そのほか、教室のドア、前後ございますけども、そちらの取り替え等が含まれている工事となっているものでございます。

荒尾市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第1回定例会(3日目) 本文

まず、議員御指摘の潮湯の老朽化についてですが、平成29年11月の換気扇落下を受けて、昨年1月から2月にかけて、安全点検と補修工事を行った際に、専門業者による建屋内の点検を天井を中心に実施しましたところ、現時点において、緊急に大規模な補修を必要とする箇所はないということでございました。  

荒尾市議会 2019-02-25 2019-02-25 平成31年第1回定例会(1日目) 本文

確かに公共施設は、例えば、前の運動場の体育館の設備の横の青少年センターとかですね、天井がアスベストだと思って完全に管理をするということですけれども、これは民間ではまだ把握されていないということですけれども、具体的にこの調査というのは、今からどういうふうにやられていく計画なのかというところですね。

八代市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

次に、4つ目の戦略であります安全・安心で魅力ある都市を築くに関しましては、まず、緊急時における避難所の充実として、一次避難所となっておりますコミュニティセンターのうち、市内で最も古い高田コミュニティセンターの改築関連工事や太田郷コミュニティセンターのつり天井改修工事などを計画的に進めますとともに、災害対策の活動拠点となる新庁舎につきましても、2021年の完成を目指し、計画を着実に進めてまいります。

玉名市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会−12月11日-02号

この個別施設計画、今読んだんですけど、これで岱明ふれあい健康センターのところを見てみると、今後の方向性、あと10年間の予定が書いてあるんですけど、平成30年に6,900万円かけて中規模改修、平成31年に2億3,000万円かけて中規模改修を行なわれる予定で、その先10年間は何も書いてないんですね、どういう方向性でいくのかというと、岱明ふれあい健康センターは平成30年度から中規模修繕とあわせて特定天井

八代市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-06号

次に、同款第1項・消防費、防災管理費の防災対策事業293万1000円について、執行部から、本事業は、本市の指定避難所のうち、非構造部材の落下防止などの安全対策や老朽化対策が未実施となっている、第1次避難所である鏡コミュニティセンターのつり天井改修工事に係る実施設計業務委託料を計上したものであるとの説明がありました。  

南小国町議会 2018-09-05 平成30年第6回定例会(第1日) 本文 2018-09-05

民生費では、健康管理センターの天井部で漏水が確認されましたので、その原因調査と修繕に要する経費のほか、国民年金法の改正に伴う国民年金システムの改修経費を措置しました。  おぐに保育園の給食調理室の床板が経年劣化により損耗していることから、これを張りかえることとしたほか、保育園の水道使用料を実績見込みに基づき減額しました。  

八代市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会−09月04日-02号

地元材は、内装材やカウンター等調度品などにも利用するとお聞きしていますが、材料の使用量は、CLT工法の床、天井と比較して、圧倒的に少ないと考えられます。また、構造集成材の取り扱いは、一般の大工では難しいとも聞いています。果たして、地元の業者の収益がどれほど確保できるものでしょうか、大きな疑問です。床や天井をエリア分けして、通常の施工が可能な部分を地元業者に任せるなども検討することを要望します。  

合志市議会 2018-07-06 平成30年 6月 定例会(第2回)-07月06日−07号

今回の改修の内容は、2機のボイラーやロビー、プール、吊り天井などの改修です。私は一貫としてこのユーパレス弁天、総合健康センターの運営から合志市は手を引くべきだということで、民間等への売却を主張してきました。いわゆる総合健康センターの設立からもう既に年数がたっており、毎年設備の老朽化に伴い、改修費が膨らんでいる現状があります。

玉名市議会 2018-06-26 平成30年第 3回定例会−06月26日-05号

主な内容は、定期異動及び組織機構の見直しに伴う熊本地震被災者支援課の廃止などに伴う職員給与等の調整、岱明ふれあい健康センタートレーニング室天井照明・空調設備改修設計委託料の追加などによるものであります。4款衛生費は、2,625万8,000円の追加。主な内容は、定期異動等に伴う職員給与等の調整によるものであります。10款教育費は、5,155万8,000円の減額。

合志市議会 2018-06-12 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号

つまり、番号でボードのほうは仕切られているんですけども、天井から下がっているところの、せっかくですが番号がついていないので、ぱっと見ると、なかなか数字が隠れるところがあるので、そういうのも徐々に改良していかれたらいいのではないかと、心から要望しておきたいと思います。  

合志市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月11日−02号

そのためには、しっかりとみんなで健康づくりに取り組んでいかなければいけないと思うんですが、国もやはり地域で、家庭で看取りとかですね、そういうのを推進していますし、施設に入ると介護保険料が天井知らずで、どんどん制限がないんですけれど、家で介護をすると制限がありますので、そこも大事なところだと思うんですけれど、訪問看護について、合志市ではどこまで進んでいるんだろうかと。