207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

荒尾市議会 2020-06-25 2020-06-25 令和2年第3回定例会(5日目) 本文

それから、野菜づくりのために、四国の内子町の関係なんですけれども、野菜を路地でつくった場合、6月にうわっと出る、7月にうわっと出る、とにかく、それではもう話にならんものですから、年間を通して段階的に出荷できるように、その道の駅に出荷する人に対しては、ビニールハウスを建てていただいて、その何割かを市のほうで補助してもらうということが必要だと思うんですけれども、その辺はいかがでしょうか。

荒尾市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第6回定例会(3日目) 本文

だから、それに対して市は、もちろん料金に関しては、四国松山市、そこはかなり荒尾市のホームページよりも詳しいことが、きょう荒尾市のホームページを朝ちょっと早目に起きて見たんですけど、割と簡単ですよね。しかし、松山市はかなりいっぱい詳しく書いてあるんですよね。  そこで、しかし、料金については市が定めることではないというふうに書いてあります。それは荒尾市も同じだと思うんですけどね。

宇城市議会 2019-12-09 12月09日-04号

◆4番(三角隆史君) 愛媛県の四国中央市に福助工業という会社があります。この会社が世界で初めて、海でも土でも分解するレジ袋を開発されました。2020年7月の販売予定だそうです。ついにこういう時代がやってまいりました。今後ごみ袋にも応用され、土にかえるごみ袋になれば、生ごみ堆肥化等が容易にできるようになると思います。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回都市整備委員会−09月24日-01号

藤永弘 副委員長  例えばなんですけれども、四国に丸亀町というのがあるんですよ。そこは当時借金があったという理由もあるんですけれども、建て直しもできないという理由もあったんですけれども、買い物もできないようになっているという実態がありまして、それでどうするかということで地主がまとまって一生懸命に考えて、結論的に出たのが、土地を60年間無条件で貸し出し、60年間みんなで一緒にまちづくりをしようと。

宇土市議会 2019-09-09 09月09日-02号

昨年は九州北部から広島県,岡山県など中国地方四国地方まで西日本地域を襲った大雨被害地から聞こえる「これまで体験したことのない大雨が降りました。」の声です。避難が遅れ多くの人命が奪われ,多大な損害も受けました。気象庁は命の危険を呼び掛けましたが,なかなか避難をしないことが原因とも言われています。なぜ避難をしないのか。

宇城市議会 2019-09-06 09月06日-04号

しかし、四国でできているのであれば、九州でできないことはないと私は考えております。ただ、今回の宇城クリーンセンターでは、既にストーカ方式プロポーザルが実施されております。もしプロポーザルが実施される前ならば、このトンネルコンポスト方式は検討に値したと私は考えております。 そこで、ごみを燃やさない処理場についての質問をいたします。

宇城市議会 2019-06-20 06月20日-03号

四国の香川県の三豊市の例を見ました。この三豊市は、残念ながら平成23年の数字ですけど人口70,096人ですから、割と似たところです。ここの一人当たりの家庭ごみが415.3㌘です。そしてここの三豊市は、ついこの間ごみ焼却場を新設しました。燃やさないでコンクリートの層の中に圧縮して入れて、粉砕して酵素を使って発酵させるというシステムです。これで、ついでに言いますと、ここは民設民営なんですよ。

玉名市議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会−03月05日-02号

玉名のものは3種類ですかね、四国いよかんとかはありましたけども。ですからきっと熊本の方でも10種類の柑橘類を見ることができて、選ぶことができるというのは、そういうお店というのはあんまりないんじゃないかなと思いました。私は「マーコット最近見ないんですけど。」とか農協の方に聞きましたら、「いや、マーコットはだれがつくってるかわからない。」

玉名市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-03号

数年前に私が議員何人かと四国の学校に見に行きまして、もうインフルエンザが激減したと、休む子ほとんどいないと、そしてまた、そういう不登校とかもぐんぐん減りましたというふうなことを聞いてきまして、やってみませんかと言いましたら、教育委員会の方が、「そんなにいいもんなら日本全土に広がるだろう。」と、「広がってないんだからなんか問題があるんじゃないの。」というふうに言われたそうです。

荒尾市議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(3日目) 本文

次に、近年特に、熊本地震西日本豪雨をはじめ、四国近畿中部地域などに大きな被害を引き起こした台風21号、そしてその翌日の北海道地震など、想定外の大きな災害が続出する事態を迎えております。これらの災害発生から、本市で今後最重点としてどのような計画を検討されようと考えられているのか、概要をお伺いします。  

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回総務委員会-09月18日-01号

次に、平成30年7月豪雨ですが、今回の豪雨につきましては、前線や台風7号の影響により日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、6月28日から7月8日にかけて、総雨量は四国地方で1,800ミリ、東海地方で1,200ミリを超え、西日本中心に広い範囲で記録的な大雨となり、各地被害発生しました。こちらについても、本市としては人的物的支援を行っております。  まず、人的支援についてでございます。

宇城市議会 2018-09-06 09月06日-03号

先だっての西日本豪雨災害では、7月6日正午までに、近畿九州四国中心に全国で避難指示が少なくとも29万人、避難勧告が200万人に出されるという大変大きな災害が起こった次第です。そして甚大な被害各地発生したことが分かり、7月14日現在、豪雨による死者、行方不明者が、13府県で299人に上り、1982年の長崎大水害以来の被害となりました。

八代市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会−09月04日-02号

また、豪雨に加え、ことしは台風発生が多く、九州地方では北から南下するコースで、まれに見る迷走台風や、本日も台風21号が非常に強い勢力を維持したまま、四国近畿地方に上陸する予報となっております。被害が出ないことを祈りたいと思います。  それでは、一般質問に入りたいと思います。今回は2項目、通告しております。早速通告に従い、質問に入ります。  

玉名市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会−09月03日-01号

また、先日発生しました台風20号では、四国徳島県に上陸し、近畿中国地方を通過して、西日本豪雨被災地を含む広い範囲で67万世帯、約146万人に避難勧告避難指示が出されております。多くの自治体では、早めの段階で避難準備高齢者等避難開始の情報を出すなどの対応をとられ、昨今の災害での教訓が生かされた対応であろうというふうに思っております。