83件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

例えば、荒尾市出身者の同窓、そういったものであるとか、ふるさと納税をお願いしてそういう機会があれば、職員が直接出かけてお願いをする。また、県外の方に出す年賀状などにおいては、ぜひ荒尾市にふるさと納税をお願いしますというようなお願いシールを片隅に張って協力をお願いするとか。

長洲町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-18

例えば、長洲町出身者による同窓、還暦会、古希会等、長洲町出身者の集いに職員が直接出かけ、お願いをする。県外の方に出す年賀状にはお願いシールを作成し、片隅に張っていただき、お知らせの協力をお願いする等が考えられますが、これらの類似した取り組みは今までなされたのでしょうか、お聞きいたします。

南小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

なお、当該事業の管理機関は小国町、町教育委員会、小国高等学校、県教育委員会、小国高校学校運営協議会で構成する「白い森人創生プロジェクト」チームであり、私が代表を務めますが、運営主体はこれら団体のほか、山形大学、小国高校同窓・後援会、PTA、さらにクアーズテック株式会社日本化学工業株式会社両小国事業所、町商工会等が参画した学校運営協議会であります。  

長洲町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-12

95 ◯大森秀久議員 それではですね、長洲の特産品について町長のほうからノリやアサリやミニトマトということでいろいろ御紹介がございましたけども、実は1月にですね、本当に久しぶりに同窓をしまして、そのときにですね、何かみんな持ち寄ろうということになったんですよ。で、私が長洲のソウルフードを持ってくるから楽しみにしとってねというふうに言って持っていったのはですね、的ばかいだごです。  

水俣市議会 2018-09-11 平成30年9月第3回定例会(第2号 9月11日)

半世紀ぶりの同窓は、広島の原爆資料館から始まりました。なぜ、半世紀のときが過ぎ、ここに立っているのか。その意味を納得することがありました。私の同窓生が初めてお父さんが広島に赴任しており、爆心地の近くで被爆したことを教えてくれました。  資料館には以前なかった広島上空に原子爆弾が落ちたその瞬間、初めて見ましたけれども、目を覆うようなものでした。

宇土市議会 2018-08-31 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月31日−03号

明日,宇土高校大同窓が予定されております。市長も御出席されて御祝辞を述べられるかと思いますけれども,その御発言に期待をしたいと思います。あと2年もありますので,じっくり考えていただきたいと思います。  さて,今年も盛り上げてくれた夏の甲子園,高校野球全国大会。先週終わりましたが,大阪桐蔭高校の史上初2度目の春夏連覇で幕を閉じましたが,今回も夢と希望を多くの国民に与えてくれました。

玉名市議会 2018-06-14 平成30年第 3回定例会-06月14日-04号

今年がちょうど玉名高校の創立、これは玉中時代からなんですけども、115周年、11月11日に大同窓を予定しております。その記念事業として、金栗先生の銅像をつくる計画をいたしております。大体総工費が500万円ぐらいかかるんですね。

荒尾市議会 2017-06-19 2017-06-19 平成29年第2回定例会(4日目) 本文

三つは、市外への啓発は、市ホームページ、ふるさと情報誌「シロチドリ」などが考えられ、高校同窓支部など、荒尾市出身者の会への直接の訴えかけなども考えられます。ふるさと納税のみんなで、子どもば育てるばい、子育て等支援事業、市長にお任せから基金積み立てとしてはという御意見もあるようです。市外から寄附を募る方法でのお考えをお聞きします。  

南小国町議会 2017-03-08 平成29年第2回定例会(第1日) 本文 2017-03-08

移住交流やUターン、Iターンの促進を図るため、ふるさと同窓補助金事業や将来的な移住に向けてのお試し滞在支援などの取り組みに加え、子育て教育、住まいや就労など各方面にわたる移住・定住促進の施策を展開してまいります。その1つとして、子どもを持つ家庭の移住支援策では、本町への移住にかかる費用の助成及び県立小国高等学校に入学させた移住者に対する修学奨励金支給事業を創設しました。

玉名市議会 2016-12-07 平成28年第 6回定例会−12月07日-02号

同窓結婚式などで久々に会う子どもたちは、友人や家族との関係とは違った人間関係を感じさせてくれます。この喜びは教師でなければ味わうことが難しいのではないかと思えるほどです。私は在職中、そして退職後もたくさんの場面で、かつての子どもたちに教師としての喜びや満足感を感じさせてもらったことは、大変ありがたく感じております。  

水俣市議会 2016-09-06 平成28年9月第3回定例会(第2号 9月 6日)

そのため、ふるさと水俣の今を伝える、ふるさとを懐かしく思い出していただくために、小冊子を作成し、ふるさと納税をいただいた方を初め、水俣を応援してくださる関東関西地区水俣高校同窓等、水俣市御出身の方々の集まりなどで小冊子をお配りするとともに、ふるさと納税の取り組みのPRを行ってまいりました。

水俣市議会 2016-06-23 平成28年6月第2回定例会(第4号 6月23日)

第3話は同窓のシーンですけれども、肥薩おれんじ鉄道に乗車して、同窓が開かれる薩摩川内市に向かうというようなシナリオです。  主人公を含めた3人は、水俣の恋人の聖地におり立って、最後終結するわけでございますけれども、水俣を舞台として、初恋をイメージするシナリオに、水俣で命を落とさなくていいと思うんですね。水俣川の桜やバラ園の観光施設は、もっと明るく取り上げてほしいと思うんですよね。

水俣市議会 2016-06-21 平成28年6月第2回定例会(第2号 6月21日)

北町の芦北高校総合支援事業は、町長の肝いりで平成27年度に創設され、期待されておりますが、今後の見通しとすれば、まちと学校同窓が連携して、毎年、見直しをしながら進めていくということでした。予算規模とすれば、大体生徒数が190人ぐらい、1年生から3年生までですね、それで予算が2,164万円だったかなと思いますけど、少ないんだなというふうに思いました。