33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

荒尾市議会 2021-03-23 2021-03-23 令和3年第2回定例会(5日目) 本文

しかしながら、個人情報の漏えいが万全ではないマイナンバーの登録を促進する関連予算や、引き続き同和団体への約450万円もの補助金が計上されています。これまでも、既に熊本市や玉名市では、このような補助金は早くに廃止していることを申し上げてまいりましたが、今年度で17年間同額予算が継続されることになるのではないでしょうか。

荒尾市議会 2020-03-18 2020-03-18 令和2年第1回定例会(2日目) 本文

しかしながら、予算全体をみてみると、引き続き、同和団体への補助金約454万円が計上されており、人口減少市民所得が低い中でも、市民税固定資産税などを必死で納入されている市民の現状を考えれば、この予算には賛成できない。  次に、道の駅の基本計画策定などに関する予算が計上されているが、「果たして経営的にやっていけるのか。

荒尾市議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(5日目) 本文

まず、議第1号平成31年度荒尾一般会計予算については、1)消費税率引き上げについて、2)住民基本台帳マイナンバー制度)について、3)フッ化物洗口について、4)自衛官募集について、5)子ども医療費無償化についての拡充が見られていない、6)同和団体への補助金が計上されていることについて反対討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しております。  

荒尾市議会 2018-09-28 2018-09-28 平成30年第3回定例会(6日目) 本文

ことし3月議会で、私は、部落差別解消推進法の問題を取り上げ、その中で質問しましたが、荒尾市では、まだ同和団体への補助金が拠出されております。国は、同和行政を終結した同じ月に人権教育啓発に関する基本計画を閣議決定し、それまでの同和問題を中心としてきた人権擁護課題から女性、子ども高齢者、障がい者、そして同和問題、アイヌの人々、外国人などをめぐるさまざまな人権問題を重要課題とするように改めました。

荒尾市議会 2018-03-20 2018-03-20 平成30年第1回定例会(6日目) 本文

まず、議第1号平成30年度荒尾一般会計予算については、大牟田・荒尾RDFセンターについて、住民基本台帳マイナンバー制度について、フッ化物洗口について、自衛官募集について、同和団体への補助金について、道の駅建設基本構想等を業者委託する予算が盛り込まれていることについて反対討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しております。  

宇城市議会 2017-03-22 03月22日-08号

教育費の中に、以前として同和団体への補助金が計上されていることなどがあります。 また、骨格予算とはいえ、事業費畜産業者に対する予算はわずか84万9千円の必要経費のみで、何の施策も講じないに等しい予算となっています。職員削減によって、その必要性が大きくなり、職員の過半数が非正規の非常勤職員となった中で、その非常勤職員の賃金は150万円前後で、まさしくワーキングプアの状態です。

合志市議会 2014-09-24 09月24日-06号

さらに同和行政支出、特に、特定同和団体に対する補助金支出解放子ども会学習会への支出への支出についても反対をいたします。 皆さん社会は大きく変化をしております。部落差別に対する非科学的な認識、偏見の基づく言動は、社会の中で非常識だという流れが主流となる状況が生まれております。このときに従来どおりの同和行政を続けていては、いつまで経っても同和問題は解決されないと考えます。 

合志市議会 2013-09-24 09月24日-06号

また、いまだに法的根拠のない同和団体への補助金支出をされています。部落解放同盟合志支部に559万3,000円、全日本同和会合志支部に108万2,000円であります。私は、民間運動団体役員報酬や組織内の集会や会議に出席するための日当まで市民の税金から支出をされるのはどう考えてもおかしいと思います。こうした不公正は直ちにやめるべきです。

宇城市議会 2013-09-06 09月06日-04号

3番目、ページ251、款9教育費、項5、目4、節19の二つ同和団体に対する補助金があります。金額はそんなに大きくありませんが、毎回この問題は議論出しておりますが、支出根拠と宇城市にはかなり多くの補助金がたくさんございます。ほかの補助金との使い方の整合性はちゃんと確認できているのかどうかをご説明いただきたいと思います。

合志市議会 2011-12-13 12月13日-04号

21年の一般質問の時に、同和団体支出に際しての、補助金支出に対しての領収書添付を求めましたけれども、今年から添付された領収書も精査した上で、疑問点問題点について聞いていきたいというふうに思います。もう具体論に入って行きますので。 本市の部落解放同盟合志支部への補助金は、平成22年度で594万円、全日本同和会合志支部への補助金は110万7,000円、合わせて704万7,000円であります。

合志市議会 2011-03-14 03月14日-04号

しかもですね、特定同和団体に対して、民間運動団体に対してですよ、681万円もですね、二つ団体補助金支出してるんです。こういったですね、問題を残しておいて財政が厳しいなんていうのは理由にならないと。まず何よりもやるべきことは、市民の命と暮らしと健康を守ることだと。ここにこそお金を使うべきだということを強く主張させていただきたいと思います。 次に、介護保険制度について質問をいたします。

合志市議会 2010-09-22 09月22日-06号

皆さんも感じていらっしゃると思いますけど、この同和団体への補助金支出、目に余るものがあります。20年度の決算同額支出が行われておりまして、本当にこの決算の中身精査したのか、努力がまだまだ足りないんじゃないかという疑問もありますし、到底この支出については認めることは出来ません。2002年の3月に国の特別措置が終了してからもう8年が経過致しました。

合志市議会 2010-03-04 03月04日-05号

この特定同和団体に対する補助金はもういい加減に廃止するべきであります。私はこのような支出をですね、いたずらに続けることは、同和問題の解決を遅らせるだけで何の解決にもならない。逆にですね、逆差別を生み出すことにもなるというふうに考えております。私はここで発言をするのは、あくまでも同和問題の早期解決を願う立場からであります。 

玉名市議会 2009-09-17 平成21年第 6回定例会−09月17日-04号

一般会計決算では、従来から指摘してきました同和団体補助金が20年度も108万円支出されております。既に法律そのものが終了した中にありながら、これは認めることはできません。また国民健康保険事業特別会計では、保険税年金から天引きできる制度が始まりました。保険税年金から天引きして徴収する制度では、確定申告の際に社会保険料控除の適用が限定されます。保険料年金天引きには反対であります。

  • 1
  • 2