811件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2019-12-18 令和 元年第 4回定例会−12月18日-07号

                       │ │ 第 74 諮第 15号 同                       │ │ 第 75 発議第19号 「あおり運転」に対する厳罰化と更なる対策の強化を│ │             求める意見書について              │ │ 第 76 発議第20号 被災者生活再建支援法の改正を求める意見書について│ │ 第 77 発議第21号 令和元年台風

長洲町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-17

これにつきましては、9月22日に通過いたしました台風17号により損壊が生じた公共施設の復旧を行う必要があるために、専決処分をしたものでございます。  それでは、予算書の2ページをごらんください。  令和元年度長洲町一般会計補正予算(第5号)。  令和元年度長洲町の一般会計補正予算(第5号)は次に定めるところによる。  歳入歳出予算の補正。  

長洲町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-16

定例会につきましては、既に配付してあります議案書にありますように、台風17号の被害対応を含む令和元年度長洲町一般会計補正予算専決処分承認を求めることについての案件が2件、熊本県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の一部変更についての案件が1件、長洲町長期継続契約に関する条例の制定についての案件が1件、長洲町会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についての案件が1件、

八代市議会 2019-12-16 令和 元年12月定例会−12月16日-05号

さらには、ごみ収集日の通知機能や分別方法の検索のほかに、台風や大雨などでごみ収集を中止する際に、エコエイトやつしろから発信する情報をいち早く受け取ることができるスマートフォン用ごみ分別アプリさんあーるを紹介しており、見学者の中にはその場でダウンロードされる方もいらっしゃいます。  

八代市議会 2019-12-13 令和 元年12月定例会−12月13日-04号

本年を振り返りますと、日本列島を豪雨や台風が襲来し、大きな爪跡を残しました。特に、台風15号、19号が襲来した関東地域は、低気圧がもたらした豪雨の影響も重なり、河川が増水し、バックウオーターによる堤防越水や決壊による氾濫で甚大な被害をもたらしました。また、被害が拡大し復旧がおくれている要因として、通信網の切断が指摘をされています。

水俣市議会 2019-12-12 令和元年12月第5回定例会(第4号12月12日)

3、大雨や台風などによる災害発生時の対応について。  ①、大雨や台風などによる災害発生の通報を受けた後、市はどう対応しているのか。  ②、災害として市が取り上げる基準は、どうなっているのか。  ③、災害認定されなかった件数は何件か。また、災害と認定しないのは、どのような理由で判断し、被災者へ報告されているのか。  以上、本壇からの質問を終わります。 ○議長(岩阪雅文君) 答弁を求めます。  

荒尾市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第6回定例会(3日目) 本文

市民病院建設や南新地土地区画整理事業並びに老朽化した運動公園公共施設、あらおシティモールの空き店舗、観光物産館の現状、市が保有する土地への駐車の問題、道路の白線、市屋ガード交差点での朝夕の渋滞、住居表示、台風による飛来物、中学校3年生までの医療費など、さまざまな御意見を伺ってきたところです。  今回は、その中から次の三つについて質問させていただきます。  

八代市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-03号

近年、台風や豪雨による甚大な災害が頻発している状況です。テレビ報道では、その甚大さに加え、災害が起きたメカニズムを詳細に、そしてリアルタイムで伝えられていることから、我が町の河川は大丈夫かとの心配の声を聞くところです。  私の出身の太田郷校区では、球磨川の氾濫や堤防の決壊を心配される声よりも、2級河川であります水無川は大丈夫なのかと不安視される声を非常に多く聞くところです。

玉名市議会 2019-12-11 令和 元年第 3回定例会-12月11日-05号

しかしながら、国土交通省からの職員派遣につきましては、震災復興やあるいはまた、台風、豪雨災害などの大規模災害が全国的に毎年のように発生いたしまして、国土交通省内における技術職員の派遣が調整が非常に難しくなっているということでございましたので、再度、直接国土交通省へ要請活動を行なったところでございます。

水俣市議会 2019-12-11 令和元年12月第5回定例会(第3号12月11日)

○(杉迫一樹君) ことしの台風15号、19号による千葉県及び関東地方河川の増水、氾濫、堤防の決壊などによる住宅浸水被害の報道を見て、先日、水俣川は大丈夫ですかと、水俣川沿いの住民の方から水俣川の水害について心配があるとお聞きしました。しゅんせつについても、川沿いの住民ならではの感覚かとは思いますが、年々、川底が少しずつ上昇しているように思えるとの話がありました。

荒尾市議会 2019-12-11 2019-12-11 令和元年第6回定例会(2日目) 本文

10月に発生した台風19号に伴う豪雨により、信濃川の上流部に当たる千曲川が各地で氾濫、長野市穂保では堤防が決壊し、濁流が多くの民家を飲み込みました。今回浸水した範囲は、市の洪水ハザードマップの浸水想定区域とほぼ一致していたそうです。昨年以上に、災害予測地図ハザードマップの重要性が浮き彫りにされました。  

八代市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-02号

項目1、台風19号による大雨災害の教訓とマイタイムラインの推進について。  2019年秋、たび重なる台風日本列島を襲いました。特に10月12日に上陸した台風19号は、東海から東北まで広範囲に甚大な被害をもたらしました。被災した自治体が1都13県390市区町村に及び、この数は東日本大震災で被災した数を上回る非常に広域な災害となりました。

水俣市議会 2019-12-10 令和元年12月第5回定例会(第2号12月10日)

ハゼ振興会及び荒木製蝋所が運営しているハゼの実集荷所にハゼの需給状況についてお聞きしたところ、ほかの産地では、台風災害等でハゼの木が倒れるなどの甚大な被害が発生したほか、ハゼの出荷者が少なくなる中で衰退していることから、需要に供給が追いついておらず、国内有数のハゼの産地である水俣市からのハゼの出荷量の増加を望んでいるとのことでした。  

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回経済委員会−12月09日-01号

令和元年9月22日に来襲した台風第17号によります農水産業関係被害及び支援対策について御報告いたします。  最終的な被害額は合計で3億2,678万6,000円となりました。上段に農業被害を記載しておりますが、農業被害として3億1,608万6,000円の被害が発生し、内訳としましては、ビニールハウスなどの倒壊、農業施設の被害のほか、メロンの落下や温州ミカンの枝折れなどの被害が生じております。

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回環境水道委員会-12月09日-01号

◎桝田一郎 環境政策課長  今回、陳情いただきました気候非常事態宣言ということでございますけれども、こちらにつきましては、今御存じのとおり、大型台風が激甚化している、激化の豪雨災害が頻発しているというところを見ますと、気候が非常におかしくなってきているなというのは、皆さん承知のことだと思います。

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回総務委員会-12月09日-01号

次に2ページ目ですが、台風15号に伴う風水害の支援状況でございます。まず、人的支援としまして、千葉県津市からの要請で9月12日から14日まで総合的な災害マネジメント業務の支援としまして第1陣を派遣し、その後、同市からの派遣期間延長の申し入れと、千葉県津市からの同業務での派遣要請に応える形で9月14日から9月16日まで第2陣として職員を派遣いたしました。

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回都市整備委員会−12月09日-01号

その中で、自民党としてはこちらに書いてありますように、今回の台風災害に関しまして、相当てこ入れをしたいということを今回、補正予算として出しておりまして、5年間、緊急対策ということでやりたいということで、河川から公園からさまざまなことに関して、これも局長に後ほど一覧表を差し上げておきますけれども、対応しておりますし、または経済活力の方からも公園整備等に関しての重点事項としても上がってきておりますから、

熊本市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-06号

特に、ことしは台風15号、19号、21号による大雨の影響で、これまでにない多くの河川が決壊し、二、三メートルも水浸しになったり、まち全体が水没し、電気やガスが使えない生活が半月以上続いたという地域もあります。さまざまな自然災害による被災地が全国各地にふえ、大変な状況の被災者の方々がおられます。いつまでも熊本地震の被災地として支援を受ける立場ではなくなってきております。