91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八代市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-02号

生姜部会の中にですね、県外の大阪、北九州、久留米市から、このショウガ栽培を本市で行いたいと移住され、現在、生産者のところで栽培技術を学んでおられる若い夫婦とですね、単身で来ている若者の姿がございました。来年度からはですね、農地を借りて、このショウガ栽培を始めるということで、本当に心強い、また後継者が誕生したわけでございますが、これからのこの産地の維持の姿を見た思いでございました。  

玉名市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-03号

これは北九州苅田町と読むらしいんですが、そこはトヨタ自動車さんとか日産自動車さんとか九州電力の火力発電所ですかね、外にも多々あるみたいで、そこだけが100%の自主財源ということになっております。  そこで3つの質問をさせていただきたいと思うんですが、まず1番目に自主財源をふやすための政策の考えはありますかということで御回答願いたいと思います。 ○議長(中尾嘉男君) 総務部長 西山俊信君。   

水俣市議会 2018-12-11 平成30年12月第4回定例会(第2号12月11日)

各パネリストから、日本環境首都としての水俣市北九州における持続可能な開発目標SDGsの取り組み、熊本での持続可能な開発に係る教育への活動支援について話題提供がありました。  その後の質疑応答の中で、ドイツではエネルギー事業を民間ではなく自治体が行うことや、北九州ではSDGsの具体的取り組みとして再生可能エネルギーに取り組んでいるという説明があっております。

玉名市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会−09月12日-03号

そうしたら北九州ヘリコプターが今度県庁に飛んでいきます。そこで県庁で県の調整本部をつくります。次、福岡市、逆でした、済みません。福岡市のヘリが県庁に行きます。北九州のヘリが玉名市役所に来ます。対策本部をつくります。前線基地です。そんなときにもあいさつはそこそこに対応しなくてはなりません。次から次へと、そして各県隊が来ます。

玉名市議会 2018-09-11 平成30年第 4回定例会−09月11日-02号

北九州と。そこをターゲットに、人口をこっちに引いて、そしてましてや大きい病院ありますよ。小中一貫校で、そしてまた県立の高校もあります。大学もありますよというような、そしてまた、自然がいっぱいというような、そういう取り組み。ここは思い切って、どんと玉名市が整備計画をじゃんじゃん進めますよというような、思い切りのその整備をしていかないと。

荒尾市議会 2018-03-13 2018-03-13 平成30年第1回定例会(5日目) 本文

ほかの病院の個室病床をちょっと調べてみたんですけれども、民間、公立の差があるかもわかりませんけれども、例えば、北九州総合病院、これは北九州小倉区にあるんですけれども、360床のうち303床が個室、差額ベッド代は無料と。小倉記念病院、これも民間ですけれども、658床のうち個室が278床ですね。ここが2万1,600円から6,480円。ほかに特別室ということでした。  

合志市議会 2018-02-07 平成30年 2月 定例会(第1回)-02月07日−03号

具体的には、福岡市のタラソ福岡北九州のひびきコンテナターミナル名古屋市名古屋港イタリア村などの経営破綻、仙台市のスパポーク松森の天井崩落事故高知県高知医療センターの事業契約解除提案などがあります。この間、PPP、PFIをめぐっては、このように事業の破綻、事実上の倒産が全国で相次いでいるんです。

八代市議会 2017-10-04 平成29年 9月定例会−10月04日-03号

少しスケールが大きい話になりますが、九州管内での取り組みの例を申し上げますと、例えば、北九州では、6年連続で全国政令市の中で、次世代育成環境ランキング1位を達成しております。この北九州市は、東南アジア地域の水質改善のため、もう一つ、上下水道インフラ海外輸出を積極的に官民連携で展開しており、特に、カンボジアでの水道整備の成果は目覚ましく、顕著な国際貢献を行っております。  

水俣市議会 2017-06-20 平成29年6月第3回定例会(第2号 6月20日)

さらに平成28年度には北九州で開催された「エコテクノ2016~エネルギー先端技術展~」にみなまた環境テクノセンター、水俣市で出展するなど、本市の情報環境モデル都市の取り組みの発信を行ったところであります。  しかしながら、現在、本市においては企業誘致に係る適当な事業用地が不足していることなどもあり、現状では十分な誘致活動ができていない状況にあります。

荒尾市議会 2017-06-20 2017-06-20 平成29年第2回定例会(5日目) 本文

梨部会についても、荒尾梨を宣伝するために福岡市北九州新聞広告等に掲載し、福岡を中心とした新たな販路拡大を目指して頑張っているところでございます。  今後、本市の取り組みの中で道の駅の開設に向けた事業を進めてまいりますが、荒尾梨の新たな顧客の開拓や販路拡大に向けて推進してまいりたいと考えております。

玉名市議会 2017-06-19 平成29年第 4回定例会-06月19日-02号

行政の支援も始まりつつあり、北九州などでは、市が民間団体委託して支援を開始しています。既に玉名市でも、地域団体などによってそのような活動が広がりつつありますが、子ども食堂のような子どもの居場所づくり活動における玉名市としてのサポート体制については今後どうお考えかお伺いします。 ○議長(永野忠弘君) 健康福祉部長 村上隆之君。

荒尾市議会 2017-03-15 2017-03-15 平成29年第1回定例会(3日目) 本文

去年、北九州が取り組むというふうに紹介したんですけれども、実は福岡市は2年前、熊本市がことし1月10日から31日まで受付けて、おそらく中旬ですからきょうぐらいから月末まで支給するんですよ。政令市が先行してやっています。だからぜひ、7月と言わず、水俣市は来年の4月にするということです。  だから、荒尾市でもそのまま、7月でなくてぜひ前倒しでもできるように要望して、次の質問に移ります。