10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊本市議会 2020-03-24 令和 2年第 1回定例会−03月24日-04号

SDGsの17のゴールは、1、貧困の撲滅、2、飢餓撲滅、食料安全保障、3、全ての人に健康福祉を、4、万人への質の高い教育生涯学習、5、ジェンダー平等の実現、6、水と衛生の利用可能性、7、エネルギーへのアクセス、8、包摂的で持続可能な経済成長雇用、9、強靭なインフラ工業化・イノベーション、10、国内と国家間の不平等の是正、11、持続可能な都市、12、持続可能な消費と生産、13、気候変動への対処

熊本市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回教育市民分科会−06月24日-01号

臭いものにはふた、見て見ぬふり、かかわりを持たない方がいいという社会の雰囲気とか、こういう再犯防止のための理解促進ということをぜひ計画の中に、社会全体への理解促進と受け入れ、教育はインクルーシブとよく使いますけれども、包摂、いろいろな方が地域にいらっしゃるけれども、全部社会全体で受け入れられるような政策を練っていっていただきたいなと思いますので、これは要望にとどめておきます。

宇土市議会 2018-12-07 12月07日-03号

福祉の分野では,一般的にインクルーシブを日本語に訳すと社会包摂と訳しますが,最近の福祉の取組を見る中で,生活が崩壊しホームレスになったり,あるいは例えは悪いですがテレビなどで紹介される大阪の日雇い労働者が集まるあいりん地区など厳しい状況にある方々を,一人も見捨てず社会へ再度復帰させる活動をインクルーシブの社会づくりとして国も推進をしています。

荒尾市議会 2018-03-05 2018-03-05 平成30年第1回定例会(3日目) 本文

国連会議では、ことしから2019年までの1年間で優先的に取り組むべき課題を、不平等等の是正と社会包摂の促進が採択されました。  公明党が長年掲げてきた生命、生活、生存を最大に尊重する人間主義の理念と合致いたします。SDGsが本市において隅々まで浸透するように強力に推進していく決意であります。  また、本年は地域包括ケアシステムの正念場の年であります。

熊本市議会 2015-02-26 平成27年第 1回経済分科会−02月26日-01号

ネーミングライツ事業ということでされておるわけですけれども、今1,050万円、そのうち半分をいろいろな事業費ということでされているわけですけれども、この崇城大学ホールということが、やはり大学の多い熊本市においてはいかがなものかということを従来から主張してきたわけですけれども、きのう福永議員のお話で、いろいろな社会包摂的な役割というのが公共ホールにあるのだということからすれば、本来ならばそういう事業については

熊本市議会 2015-02-24 平成27年第 1回予算決算委員会−02月24日-01号

若者中心の音楽なんかもやられていますけれども、それはもう安い価格で提供されているということで、一番特徴的な取り組みは公共劇場としての位置づけで、ちょっと難しい言葉があるんですけれども、文化芸術の社会包摂機能を果たす役割としてセンターが位置づけられているということです。社会包摂機能。

八代市議会 1992-06-15 旧八代市 平成 4年 6月定例会−06月15日-02号

もう一つは、自他包摂と常々言っておりますが、これは自然の心が人々の心の中に宿る、人々の心が自然の中に宿ると、まあそういった行政の心が住民の中に宿り、住民の心が行政の中に宿ると、そういったことでございます。  反省してみますと、自然は人間のためにあるのだと、そういったおごり、あるいは思い上がりがあったことは否めません。まあそういったことが環境酷使と、そういった結果となって出てまいりました。

八代市議会 1989-12-13 旧八代市 平成 元年12月定例会−12月13日-04号

本市の教育行政で、首尾一貫して堅持しております理念は、日ごろ申し上げておりますとおりでございまして、端的に表現いたしますと、自他包摂、そして一切衆生と、そういったところにあると、このように言ってよいかと思います。行政の心が市民の心の中に宿り、また市民の心が行政の心の中に宿ると、こういった自他のあり方でございます。  

八代市議会 1988-12-13 旧八代市 昭和63年12月定例会−12月13日-03号

すなわち、市教委では、これを自他包摂、一切衆生の教えに求めてまいりました。掘り起こすべき心でございます。自他包摂、すなわち行政の心が住民の中に宿り、そして住民の心が行政の中に宿る。教師の心が子供の中に宿り、子供の心が教師の中に宿る。親と子の関係も全く同じでございます。こういった自他の関係。その宿り合う心とは一体何か。私は一切衆生の教えを求めます。

  • 1