52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

合志市議会 2019-06-17 06月17日-02号

総務部長中村公彦君) 熊本北合志地区防犯協会連合会総会時の資料によりますと、平成30年の合志市における刑法認知件数が158件で、前年度比7件の増となっております。 ○議長(坂本武人君) 青山議員。 ◆9番(青山隆幸君) これもこのレジュメの中に載っておりますけども、この資料では、犯罪発生熊本市北区では減っておりますのに、本市では増えていることがわかります。

宇土市議会 2018-12-07 12月07日-03号

警視庁によると刑法認知件数減少傾向にあるそうです。ピークだった2002年の約285万件に比べ,昨年は約91万件と3分の1程度に減少しております。特に車上狙いや空き巣,ひったくりなどが激減しております。本市においても同様に犯罪認知件数減少している状態だと思います。減少した要因の一つ防犯カメラ設置台数増加を挙げております。

荒尾市議会 2018-06-19 2018-06-19 平成30年第2回定例会(4日目) 本文

私も、今ちょっとお話しいただいたような内容で思っておりますので、先ほどその障がい者の方に対する差別や偏見なりにどういうふうに取り組んでいかれるかということなんですけれども、ここに実はデータが、私も探したんですけれども、どうしても精神障がいを持っている方が犯罪を起こすというふうなイメージが世の中ではやっぱり強いと思うんですけれども、平成27年度の刑法検挙人数、これは犯罪白書なんですけれども、そこの

熊本市議会 2015-12-02 平成27年第 4回定例会−12月02日-03号

犯罪を防止し安全で安心なまち熊本市をつくる条例におきましては、条例に基づき熊本安全安心まちづくり推進協議会を設置し、本市が実施する安全安心まちづくりに関する施策の推進市民事業者警察、その他関係機関と連携を図りながら取り組んでおりまして、熊本市内における刑法認知件数も、基準年平成20年5,522件だったものが平成26年には3,286件に減少してきております。  

宇土市議会 2015-03-06 03月06日-03号

刑法の総数が292件で,前年比マイナス62となっています。内訳を申しますと,凶悪犯罪である殺人が1件,暴行傷害などの暴力による犯罪が16件,自転車盗難などの窃盗犯罪が216件,振り込め詐欺などの知能による犯罪が12件,強制わいせつなどの社会の良俗を害する犯罪が6件,その他器物損壊など,これらに属さない犯罪が41件となっています。

合志市議会 2014-09-19 09月19日-05号

これは、理由は2つございますけれども、1つは、私前職で県民の体感治安向上、これは体で感じる治安と申しますが、この向上を目指して組織全体で刑法認知件数減少という取り組みを行ってまいりました。ただ、限られた警察力を補うために、地域にいろんなパトロール隊の結成をお願いしまして、このパトロール隊の活動が活発になるにつれて犯罪減少してきたという経験がございます。

宇土市議会 2014-02-20 02月20日-02号

昨年中,本市における刑法。窃盗暴行等犯罪ですけども,この認知件数宇城警察署資料によりますと,本市は昨年354件認知し,前年と比べて85件の増加であります。また,犯罪率では,県下の各市町村の中でワーストから3位,不名誉な記録でもあります。これらを踏まえまして,昨年は1月から春先にかけて犯罪発生しました。そこで,本市におきましては,昨年5月に緊急の対策会議が実施されました。

玉名市議会 2013-09-09 平成25年第 3回定例会-09月09日-04号

玉名警察署及び玉名地区防犯協会連合会が発行しています生活安全ガイドによりますと、万引きを含む刑法熊本県内認知件数は、平成22年が1万5,309件、平成23年は1万4,045件、平成24年度は1万3,104件と減少傾向にあります。同様に玉名署管内件数は、平成22年が660件、平成23年は580件、平成24年は556件となっており、どちらも減少傾向にあるところでございます。  

玉名市議会 2012-03-12 平成24年第 1回定例会-03月12日-04号

ここ数年の玉名市の罪種別刑法認知件数によりますと、犯罪発生件数平成17年の745件から平成22年の506件へと減少しておるものの凶悪犯発生件数増加傾向にありまして、記憶に新しいところでは先ほど議員もおっしゃられましたが、昨年の12月から本年1月にコンビニエンスストアとドラッグストアにおいて発生しました強盗事件が上げられます。

宇土市議会 2011-12-05 12月05日-03号

また,刑法認知については276件で,この276件の方が被害に遭っているということであります。さらには,子どもたちへの声かけ事案は16件発生して,昨年よりも12件増加しているということでありました。事件事故のない安全・安心なまちづくり対策一つとしましては,治安維持の拠点となります宇土交番の体制の強化,充実が必要であります。

宇土市議会 2010-12-07 12月07日-02号

宇土市の治安情勢につきましては,県警資料によりますと,本年1月から10月末日まで,窃盗暴行等刑法認知件数が270件,ケガのある交通事故は202件で,負傷者は269人であります。あわせますと,約540人と多くの市民の方が犯罪被害交通事故で負傷されております。また,12月1日には,本町3丁目におきまして,81歳の方が交通事故で亡くなるなど,痛ましい事故発生しております。

宇城市議会 2010-06-14 06月14日-02号

平成20年における刑法にかかる子ども被害件数は、全国で28万9,035件と発表されております。そのうち、強制わいせつは全体の1.3%、約3,000件ほど発生をしております。宇城市で今年の1月31日午後7時、中学3年生女子に痴漢行為強制わいせつ被害発生しております。宇城市児童生徒被害状況安全確保の取組について、どのようになされておるのかお尋ねしたいと思います。