119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

今回の補正は、年度当初における人事異動による職員給与費及び会計年度任用職員報酬等を調整したほか、国民健康保険加入する被用者が新型コロナウイルスに感染または感染が疑われ仕事ができなくなった場合に、傷病手当金を支給する国民健康保険条例の改正に伴い、制度枠を確保しました。  歳入につきましては、県支出金、一般会計繰入金を計上し、収支の均衡を図りました。  

荒尾市議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第5回定例会(3日目) 本文

環境省のほうからは、2015年度分の調査からは譲渡することが適切でない、譲渡不適切と判断した犬・猫、収容中に傷病死した犬・猫を試行的に分類して集計するように自治体に求めてきたということもあります。  先ほどの答弁の中でも譲渡不適切、傷病死、そういった言葉の数字も言われました。

熊本市議会 2018-09-13 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号

さらに、御指摘の多数の傷病者が想定される集団災害への対応といたしましては、イベントの主催者や警察等の関係機関と連携した研修や訓練を行い、現場隊員の士気及び能力の向上を図り、迅速で的確な市民の立場に立った業務遂行に努めてまいります。  最後に、これらの財源等につきましては、緊急防災減災事業債などの現行制度の中でより有利な財源を活用したいと考えております。         

熊本市議会 2017-06-16 平成29年第 2回教育市民委員会−06月16日-01号

傷病名は、右角膜裂傷、水晶体損傷でございます。  平成26年2月19日、市立中学校体育館で保健体育授業中に2年生の男子生徒が美術用のヘラを投げ合っていたところ、被害者であります女子生徒の右目に当たり、同女子生徒が負傷、女子生徒は近隣の眼科医の紹介で熊大病院を受診されました。同日、夜に緊急手術を受けたところでございます。  

玉名市議会 2016-09-13 平成28年第 5回定例会−09月13日-03号

また、熊本地震が原因で、傷病を患い、一月以上の加療が必要な医師診断書を提出された2人の被災者の方へ、玉名市災害見舞金支給条例に基づき、見舞金を支給いたしております。  以上でございます。失礼しました。  次に、相談事業の心のケア等の相談体制についてお答えいたします。  今回の災害において、心のケアは大変重要な事項と考えております。

熊本市議会 2016-08-12 平成28年 8月12日熊本地震からの復旧・復興に関する調査特別委員会−08月12日-01号

その中で、傷病者が殺到する状況に対しては、的確にトリアージ、応急措置を実施するとされております。このような訓練もマニュアルもあるにもかかわらず機能しなかったことを重く受けとめ、今後の災害対応に生かしていくことが重要であります。ただいまの事業管理者の御答弁は、その意思がはっきりうかがえているものと評価したいというふうに思います。  では、避難所を閉鎖する時期について質問させていただきます。

南小国町議会 2016-03-03 平成28年第2回定例会(第1日) 本文 2016-03-03

被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律施行に伴い、共済年金厚生年金に統合されることから、小国町議会議員その他非常勤の職員が公務上の災害等に対する補償として傷病補償年金等を支給される場合において、他の法律に基づき傷害厚生年金等が支給されるときの調整に関する規定を整備するための所要の改正を行うものであります。  

八代市議会 2016-03-01 平成28年 3月定例会-03月01日-03号

世帯類型別に見ますと、高齢者世帯が全体の56%で785世帯障害者世帯が12%で166世帯傷病世帯が8%で112世帯、母子世帯が3%で46世帯を占めており、その他の世帯が21%の296世帯となっております。  このような中、16歳以上から65歳未満で高校生を除いた稼働年齢層で就労指導を行っている方は180人ほどでございます。

荒尾市議会 2016-02-29 2016-02-29 平成28年第2回定例会(1日目) 本文

この改正は、労働者災害補償保険法施行令第4条に規定された労災年金厚生年金保険給付を、併給するもののうち、傷病補償年金と障害厚生年金が併給された場合の調整率について、現行の0.86から0.88に改めるため、本市の条例を改正するものでございます。資料の新旧対照表のとおり、本文の表中の率を改正しております。  

玉名市議会 2015-09-08 平成27年第 4回定例会−09月08日-02号

まず、事業の目的ですが、緊急、救急車、緊急車両到着の遅延が懸念される中、AEDが必要な傷病者が発生した場合、バイスタンダー(bystander)による救命処置が重要となってきますが、多くのAEDは公共施設や民間事業所に設置されており、夜間及び休日施設が施錠され利用できない状況となっております。

宇城市議会 2015-09-08 09月08日-03号

これらの現状についての認識はということですけれども、現状の管内搬送件数や所要時間等々について、適当か不適当かという認識はさておきまして、傷病者の方がより早く治療等が受けられる態勢を望んでいるところでございます。ちなみに、搬送受入れにつきましては、熊本県が定めた傷病者の搬送及び受入れの実施に関する基準に基づいて、消防機関医療機関が連携を行って進めているところです。 

荒尾市議会 2015-09-02 2015-09-02 平成27年第5回定例会(1日目) 本文

第1条の、荒尾市議会議員その他非常勤の職員公務災害補償等に関する条例では、附則第5条の表、傷病補償年金の項目中、国家公務員共済組合法もしくは地方公務員等共済組合法の規定による障害共済年金を削り、また、同表障害補償年金の項目中、障害共済年金を削り、さらに、同表遺族補償年金の項目中、国家公務員共済組合法もしくは地方公務員等共済組合法の規定による遺族共済年金を削ることとし、国民年金法による規定を加えるなど

八代市議会 2015-03-04 平成27年 3月定例会−03月04日-04号

アナログ方式からデジタル方式に切りかわることでの効果でありますが、秘匿性が高まり、搬送患者傷病情報等の個人情報保護の強化につながること、消防救急車両の正確な位置情報の把握が可能となることで、より効率的な運用が図れること、水利情報や画像情報等の多様なデータの活用が可能となり、より高度な運用を図れること、無線チャンネルの増加が図れるため、増大するさまざまな活動に対処しやすくなること、大規模災害時等における

玉名市議会 2014-12-12 平成26年第 6回定例会-12月12日-04号

これを世帯累計別に見てみますと多い順に約半数が高齢者世帯、次に傷病世帯21%、それから障がい者の世帯14%、稼動年齢層がいるその他の世帯が約13%、母子世帯が2%という構成になっております。また、保護費の内訳でございますけども、平成25年度の決算で総額が10億4,451万円でございます。

宇城市議会 2014-12-08 12月08日-02号

対象者は、市内に住所を有するおおむね65歳以上の高齢者のみの世帯とし、1点目、心臓疾患、脳こうそく、高血圧疾患等の持病を有する方、2点目に、災害時に虚弱等の理由により機敏に行動することが困難な方、3点目、心身の障がい及び傷病等の理由により、心身に緊急事態の起こる危険性が高い方のいずれかの条件を満たす方となっております。 

八代市議会 2014-12-01 平成26年12月定例会−12月01日-02号

なお、生活保護世帯には、高齢者世帯、母子世帯障害者世帯傷病世帯、その他の世帯があり、それぞれの世帯に対する具体的な援助方針のもと、毎月1回以上訪問するケース、2カ月に1回または3カ月もしくは6カ月に1回に分けて、担当ケースワーカーが訪問計画を立て、調査を実施いたしております。  

熊本市議会 2014-09-26 平成26年第 3回総務委員会−09月26日-01号

その中で、内容としましては、災害等による傷病者の搬送を適切に行う体制を整えることということで、その後、都道府県救急受け入れに対する協議会を設置するようにということで、現在熊本県の方に救急医療の協議会が設置されております。熊本市におきましても、熊本市消防局で熊本市メディカルコントロール部会を設定しておりまして、これにより適切な搬送、受け入れ体制を築いているところでございます。