運営者 Bitlet 姉妹サービス
755件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 ただし、例外規定で、自己の責任によらない、地震で会社が倒産したであるとか、収入源が絶たれたとか、そういうことは一件一件県に御相談くださいということで、対応するということになっております。   もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回厚生分科会−09月18日-01号 それと、減免対象となるものということでございますが、例えばリストラ、倒産、失業と事業の経営不振、転職、病気、火災、風水害、震災、その他災害による家屋等の損壊というようなところが対象となるということでございます。  それと、未納に対する対応ということでございますが、現在、当課におきましては毎月、前月分の未納者に対しまして督促状を発送していると。 もっと読む
2018-06-14 玉名市議会 平成30年第 3回定例会-06月14日-04号 だから、私は、何回も何で言いよったかというと、結局、その会社がだれかが買うて、売電料を差し押さえかなんかしたりなんかして、その会社、倒産したりなんかするわけですよ。そすと、後片付けば、だれがするかですよ。ですから、私は、何回も何回も東京に行って、その保証人をお願いします。実際的には、やっぱり不動産関係なんかにそう聞いてみると、やっぱり今当時、後片付けは今でも1,500万円ぐらいかかる。 もっと読む
2018-03-16 熊本市議会 平成30年第 1回総務委員会−03月16日-03号 このような視点から、今回の市税の減収と財政調整基金の取り崩しという2点が気にかかったわけでありますけれども、さきの新聞報道によれば、県内企業倒産は約50年ぶりに低水準であり、昨年10月から本年1月まで、県内景気は熊本地震からの復興需要の高まりや挽回生産の伸展により緩やかに回復していると上方修正がなされております。   もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回環境水道分科会-03月15日-02号 しかし、この産業廃棄物最終処分場を設置した事業者が平成9年に倒産いたしまして、その後、無管理状態が続いておりました。そのような中、当時、熊本県、松橋町、城南町が出資いたしまして、環境保全対策基金を創設し、平成15年から16年にかけまして、上水道への転換促進のための補助が行われ、尾窪地区においても35世帯を対象に松橋町から上水道の供給を受けるようになりました。   もっと読む
2018-03-09 熊本市議会 平成30年第 1回定例会−03月09日-06号 今日の日本では、貧困は特別の問題ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ります。生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに連動し、広範な国民の生活に影響を与えます。  憲法25条に明記された生存権を保障する最後のセーフティネットとして、生活保護のあり方は、全ての国民の権利にかかわる重大な問題です。 もっと読む
2018-03-05 熊本市議会 平成30年第 1回定例会−03月05日-03号 この債務超過の主な要因としては、膨張する社会保障費を税収で賄えず、国債を増発していることにあるようですが、企業であれば倒産していてもおかしくない財務状況であり、我が国の財政健全化はまさに喫緊の課題と言えます。  一方、本市の財政状況を貸借対照表で明らかにすれば、どのような状態にあるのか確認する必要があるはずです。 もっと読む
2018-02-26 熊本市議会 平成30年第 1回経済分科会−02月26日-01号 それは、熊本市の熊本地震の特別融資のほか、県あるいは民間の手厚い融資の結果、地震関連の倒産も平成29年におきましては37件ということで、約50年前の水準まで、今低下しているところでございまして、そういったこともございまして、今融資の実績は落ちついているところでございます。   もっと読む
2018-02-07 合志市議会 平成30年 2月 定例会(第1回)-02月07日−03号 これは2014年ですけれども、PFI事業、実施から10年以上の中で、事業の破綻や事実上の倒産事例が相次いでいたということで挙げられております。具体的には、福岡市のタラソ福岡、北九州市のひびきコンテナターミナル、名古屋市の名古屋港のイタリア村などの経営破綻、仙台市のスパポーク松森の天井崩落事故、高知県高知医療センターの事業契約解除提案などがあります。 もっと読む
2017-12-06 水俣市議会 平成29年12月第5回定例会(第3号12月 6日) 事実、2015年には、1万円から1万2,000円の職員の処遇改善加算がありましたけれども、介護報酬自体が大幅に引き下げられたために、事業所の倒産が相次ぎ、相変わらず人材確保は難しい状況です。  2018年の介護報酬がこの予想どおりになった場合は、市の新総合事業のサービス提供は、どのような影響を受け、市としては、解決方法をどのように考えられているのか、これが最後5点目の質問です。   もっと読む
2017-12-05 水俣市議会 平成29年12月第5回定例会(第2号12月 5日) 中国では今、物すごい勢いでエネルギー転換が起こっていて、火力とか原子力よりも低い価格で電力を生むことができるということで、日本の倒産した会社なども巻き込んでいって、再生可能エネルギーをつくろうというふうな動きがあっているということで、水俣も狙われるのではないかというふうに一瞬きのうの番組を見ながら思ったんですけれども。 もっと読む
2017-09-29 荒尾市議会 2017-09-29 平成29年第3回定例会(6日目) 本文 マスコミで取り上げられているように、今や県内のヘルパーの求人倍率は20倍にもなり、事業所の存続そのものが困難となり、介護事業所の倒産が全国で過去最多となっております。  このような事態にあるにもかかわらず、政府はさらに追い打ちをかけるように、来年度もまたデイサービスへの介護報酬の引き下げを検討しております。これは、安倍内閣が掲げてきた、「介護離職者ゼロ政策」そのものに真っ向から反対する内容です。 もっと読む
2017-09-13 熊本市議会 平成29年第 3回経済分科会−09月13日-01号 続きまして、経緯でありますが、自然災害等により債務の返済ができなくなった個人事業主などが一定の要件に該当する場合、倒産等の法的手続によらずに債務整理の手続が可能となる自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインが、平成28年4月1日から適用開始されることとなりました。 もっと読む
2017-09-11 宇城市議会 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月11日−05号 そういう意味では、皆さんが注目しているにも関わらず、あそこの経済効果を受入れる基本となるべき三角町振興株式会社がこんな状態では、もし今の状態でいくと、普通の一般の会社なら完全な倒産状態です。もし、そういうことになるとするならば、いわゆる三角西港の世界遺産登録自体も非常に問題になる。 もっと読む
2017-09-07 水俣市議会 平成29年9月第4回定例会(第4号 9月 7日) 行政が補助金を出して、返還要求されることで裁判沙汰になって、その会社倒産しとるわけです。そして、民間でも同じく竹のバイオをされておるんです。そこももうやめておられるんです。だから、簡単にこの竹のバイオというのはいかない。 もっと読む
2017-09-01 熊本市議会 平成29年第 3回定例会−09月01日-03号 復旧工事を請け負ったために会社が倒産してしまうようなことがあっては決してなりません。行政には経済ベースで発注していただきますよう要望しておきます。  続きまして、マンションが抱える課題に対応する専門部署の設置についてお尋ねいたします。  ある雑誌の記事に、これは予測できない、必ず起きる現実だと大きなタイトルで我が国の未来が示されていました。 もっと読む
2017-08-31 熊本市議会 平成29年第 3回定例会−08月31日-02号 また、震災後に懸念されておりました倒産は、グループ補助金などの公的な支援に加えて、金融機関が返済猶予や低金利の融資など積極的に支援を行った効果で、過去最低の水準に抑制されていると報じられております。  しかしながら、マスコミなどで公表されている倒産は負債額1,000万円以上であり、また後継者難や業績不振に悩む経営者が震災を機に事業に見切りをつける事例も多いと聞いております。   もっと読む
2017-06-23 熊本市議会 平成29年第 2回定例会−06月23日-06号 │ │  また、ウーバーは、欧米や中国などを中心に急速に拡大していますが、サン  │ │ フランシスコでは、地域最大のタクシー会社「イエローキャブ」が倒産に追い  │ │ 込まれています。 もっと読む
2017-06-21 玉名市議会 平成29年第 4回定例会-06月21日-04号 そら山一証券てちゃ倒産すっとですばい。ましてや資本金100万円どうのこうのて言われるけどですね。それは20年先、その会社があるかどうかもわからんとですよ。ですからそのために、親会社がしっかりしとる。しかっりしとるて言いなはるばってん市長は聞いとんなはっとですか、そがんしっかりした会社て。 ○議長(永野忠弘君) 市長 高嵜哲哉君。 もっと読む
2017-06-13 合志市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月13日−03号 しかし、もう一方で、地方税等の滞納が増えている背景には、厳しい経済雇用情勢の中で、失業や倒産、非正規雇用、低賃金、病気などがあり、払いたくても払えない境遇に陥っている、そういう市民が増えているというのが実態であります。また、国保税に見られるように、税金そのものが負担能力を超えて、払いたくても払えないという実態もあります。 もっと読む