4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宇土市議会 2007-03-08 03月08日-03号

まず,伝統工芸産業振興に関する法律指定制度の概要についてでありますが,この法律は一定の地域で主として伝統的な技術または技術等を用いて製造される伝統的工芸品が民衆の生活の中で育まれ受け継がれてきたこと,及び将来もそれが存在し続ける基盤があることに鑑み,このような伝統的工芸品産業振興を図り,もって国民生活に豊かさと潤いを与えるとともに,地域経済への発展に寄与し,国民経済の健全な発展に資することを

熊本市議会 2000-09-01 平成12年第 3回定例会−09月01日-04号

また、伝統的工芸品とは、通産省の昭和四十九年五月二十五日公布されました「伝統工芸産業振興に関する法律に定義されたもので、昔ながらの技術技法を根幹にはしているが、一部の工程を機械化するなどにより製造された工芸品であるというふうになっております。  工芸会館は、先ほども申し上げましたように、後者の伝統的工芸振興及び発展を図ることを目的につくられたものであります。

八代市議会 1991-09-10 旧八代市 平成 3年 9月定例会−09月10日-03号

国におきましても伝統工芸振興を図るため、昭和49年5月、伝統工芸産業振興に関する法律が制定され、県においても新しいふるさとづくり運動が展開され、伝統工芸品の保存、育成に努めているようであります。  今後の問題として、手すき和紙に関する講習会研修会座談会等を繰り返し、開催しながら、手すき和紙に対する認識を深める必要があると思います。

  • 1