237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-09

住民に寄り添った政策は、町長が住民との町政座談会において会話の中で見つけてこられます。一区一職員制度の気づきの中からも見つけています。そして、常に先取りの目線の中から生まれてくると私は期待しております。議会行政も、常にアンテナを高く張ってまちづくりを進めていきたいと思います。 (「よし。」と呼ぶ者あり)  これで終わります。

荒尾市議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年第4回定例会(3日目) 本文

だからこそ、私たち荒尾市民も多文化、ほかの言語を、今、スマートフォンのアプリもありますが、アプリケーションシステムを使えば、どうにか会話もすることができますが、荒尾市民一人一人が、そういう言語等も学びながら、そういう機会があったらいいなと思います。カフェについては、今後、検討していただくということ、サロンもしていただくということですが、よろしく前向きに御検討をいただきたいと思います。  

玉名市議会 2019-06-14 令和 元年第 1回定例会−06月14日-02号

市は県と定期的に会話を持ち、一致協力して進めていただきたいと思っております。現在、どういう進展の状況か。企業進出はあるのかをお聞きいたします。 ○議長(中尾嘉男君) 建設部長 前田愼一郎君。   [建設部長 前田愼一郎君 登壇] ◎建設部長(前田愼一郎君) 古奥議員質問の2つの質問にお答えさせていただきます。  

八代市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会-03月06日-03号

うれしそうに会話をする姿を見て、こちらまでですね、うれしくなった気持ちを思い出します。ちょうどタイムリーにこのことを紹介する機会があってよかったかなというふうに思っています。  新聞でも、ネット中継を記事として大きく取り上げてくれましたが、その下の欄にですね、宇城市の全中学生、1人1台タブレットという記事もありました。

合志市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月26日−02号

国籍等の小中学生のうち、日本語での日常会話が十分にできない、または日常会話ができても学年相当の学習言語能力が不足して、学習活動への参加に支障があるなどの児童生徒には、在籍する学校において日本語指導を実施しております。平成30年度は小学生が7名、中学生が1名該当しておりまして、日本語指導を受けているところでございます。  以上でございます。 ○議長(吉永健司君) 上田議員

荒尾市議会 2018-12-18 2018-12-18 平成30年第4回定例会(4日目) 本文

市内の事業所でも、やはり外国籍労働者雇用されているような事例も幾らか見受けられるということもありますし、その中では自分のところで教育をされたり、会話をして帯同されたり、窓口あたりに来られたりということもあられるようです。  また、地方創生の本市の強みという、介護という部分があるかと思います。その人材確保という点では、非常に明るい材料ではないかというふうには考えてはおります。  

玉名市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-03号

常々、通常の会話の中ではそういったお話もさせていただいております。国にせよ、県にせよ、それなりの所定の手続きというものが恐らくあるんだと、当然あることでしょう。そういったもろもろのこともあるので、お願いはするのは自由でありますので、日ごろよりお願いをしているところではありますけれども、しっかりとした手続きというものにやっぱり時間がかかるのではないか。

合志市議会 2018-11-29 平成30年12月 定例会(第4回)-11月29日−04号

あそこには家を建てんほうがいいよというのが、表には出てこないけれども、やっぱり水面ではそれぞれの会話の中にはやっぱり出ているんだという話を実際お聞きをしたり、先ほど教育長が言いました、今さら差別なんてあんまりあってないんだから、逆にじっとしたほうがという、寝た子を起こすな、この考え方がいろんな質問をすると一番多いということは、この事態が実は差別する側の人間だということを言われたときに、何でだろうと思

荒尾市議会 2018-09-20 2018-09-20 平成30年第3回定例会(4日目) 本文

特に、私自身もそういう気持ちがあるんですけれども、「荒尾は災害がないよね」みたいな、もう普段の会話の中でも常にそういう話を、私自身がしてしまっている自分がおるということを含めると、こういった広島の知事の教訓とか、実際に朝日新聞での避難者に対するアンケートですね。先ほど私が言ったのは2012年ですね。

長洲町議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-13

それと、基本的な会話が身についてきているとか、発音がよくなってきている。また、友達と話した後、自信を持って話す姿が見られると。また、昨年度より子どもたちの声がよく出ているとかですね。あとは、ふだんの教科ではなかなか苦手な教科もあるかと思いますが、なかなか活躍できない教科もあるが、英語のときは積極的に発言したりとか行動したりと、そういう姿が見られるとか、こういった御意見をいただいております。  

八代市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-04号

私も、保護者との会話でよく耳にする内容ばかりでございます。運動場の水はけが悪くて試合ができない、トイレを早く洋式にしてほしい、プールをもっときれいにしてほしい、武道場を建て直してくれ、エアコンを早く設置してほしいなど、日々、雨あらしのように要望が飛び交っております。特にエアコンの設置については強く要望をされておりました。  

宇土市議会 2018-08-31 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月31日−03号

詳しく聞くと見えない力が働いたとか地域が一体となった,交流人口がすごく増えました,地域経済がすごく潤ったとか,会話が甲子園出場から始まるとかいろいろ言っていただきましたけれども,メディアの注目や市民・県民の関心など,やはり高校野球はほかのスポーツとは別格だと感じるわけでございます。  先ほど市長からありましたように,学校が本気でやるかどうか,まずはこれからじゃないかという話がございました。

合志市議会 2018-08-28 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月28日−02号

私もなんかちょっと見ていたら、やっぱり家庭の中で選挙のことを会話として出ている家庭は、ちゃんと投票に行っていると。ですからやっぱり子供たちをとおして、そういう出前講座等をとおして、やっぱり家庭の中でそういった選挙のお話をするとかというのは、非常に効果があるんじゃなかろうかというふうに思っております。  

荒尾市議会 2018-06-19 2018-06-19 平成30年第2回定例会(4日目) 本文

活動内容としましては、地域の方や家族同士の自由会話による交流を基本としまして、介護予防体操や趣味の活動、あるいは生活に役立つ勉強会、さらには認知症介護に役立つ個別相談など毎回多彩な内容で開催をされており、両施設ともに専門職に加えまして、地域の方々がボランティアとして運営に協力されておりますことで、毎回10人程度の認知症の方やその家族、あるいは地域の方々が参加されているところです。