運営者 Bitlet 姉妹サービス
906件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 介護保険制度が始まる前の制度でございまして、雁回敬老園につきましても、昭和時代から、そういった方々の大きな役割を担っていたのではないかなとは考えてございます。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 これまで介護保険制度の見直しが何回も行われて、そのたびに業務内容や事業の見直しが行われてきています。圏域の高齢者数に応じて、職員の増員もされてきています。ところが、業務に見合った委託費となっているのか、適正な人員配置となっているのかは疑問です。   もっと読む
2018-09-21 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月21日−05号 反対討論として、「介護保険制度は、総合事業への移行や利用者負担割合の変更により、高齢者の暮らしを守るものになっていないため反対である」との討論がありました。  賛成討論として、「制度そのものに賛成である」との討論がありました。   もっと読む
2018-06-14 玉名市議会 平成30年第 3回定例会-06月14日-04号 介護保険制度は、加齢による病気等で要介護状態となり、入浴、排泄、食事等の介護などが必要な方に対して、介護保険サービスが提供される制度です。要介護認定の判定は、2つのステップで行なわれます。まず、市に認定申請をされたあと、認定調査員の訪問による調査と主治医意見書をもとにコンピューターで算出する一次判定が1つ目のステップです。 もっと読む
2018-06-12 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 地域包括ケアシステムの構築に向けて、その中核となる地域包括支援センターの周知については、介護保険制度説明会や地域での健康教室などで、チラシですが、「包括通信」を配布し周知しているところです。  また、地域包括支援センターがわかりやすく親しみやすくなるようにと、以前、こうし高齢者相談センターと名づけております。 もっと読む
2018-06-11 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月11日−02号 しかし、介護保険ができたように、介護保険制度ができるまでは、そういった地域で見守りとか、一緒に育てましょうなんていう活動はありませんでした。これはなぜか、予算がなかったからです。 もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回厚生分科会−06月11日-01号 これは、生活保護の額改定や介護保険制度の介護医療院創設など、制度改正に伴い、システムの改修を行うものです。どうぞよろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-06-08 湯前町議会 平成30年 6月 定例会(第5回)-06月08日−01号 会議の中で、介護保険制度における保険料の負担割合について、公費負担の割合を増やすことを国に要望するよう提案してまいりました。  4月22日、熊本市において、前川収氏自由民主党熊本県連会長就任祝賀会が開催されましたので、出席いたしました。  5月1日、里宮神社において、農産物豊穣祈願祭が開催されましたので、全議員で出席いたしました。   もっと読む
2018-06-07 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月07日-03号 次に、介護保険制度についてです。  介護保険制度は、介護を家族任せでなく社会全体で支えるとうたい、2000年にスタートしました。しかし、制度開始から18年目の今、安心の介護保障どころか、国によるたび重なる制度改悪によって、市民には大幅な負担増と給付削減が押しつけられています。   もっと読む
2018-03-26 熊本市議会 平成30年第 1回定例会−03月26日-08号 介護分野におけるこの改革は、介護保険制度の持続可能性の確保と、地域包括ケアシステムの深化・推進の2つを柱にしています。この2つの柱の背景には、給付と負担の見直し、医療・介護の一体的改革、福祉の見直しの3つの政策があります。   もっと読む
2018-03-23 八代市議会 平成30年 3月定例会−03月23日-06号 介護保険制度が整備されたことにより、必要なサービスを受ける流れが整備され、市民生活にとってなくてはならないものとなっております。しかしながら、財政的には大きな課題を抱えた状態のまま運営が続けられています。すなわち、現在の介護保険制度は、財源の50%が住民の保険料によって運営されるものとなっています。 もっと読む
2018-03-20 熊本市議会 平成30年第 1回予算決算委員会−03月20日-05号 一、介護保険制度については、高齢化社会の進展に伴って保険料が増加する制度設計となっており、将来的に制度そのものの破綻を危惧するので、国に対して制度改正を要望してもらいたい。  一、介護保険料滞納により、給付制限を受けている要介護者については、生活実態等を詳細に把握し、給付制限により日常生活へ支障を来さぬような支援策を講じてもらいたい。  旨、意見要望が述べられました。   もっと読む
2018-03-20 合志市議会 平成30年 3月 臨時会(第1回)-03月20日−01号 まさに、このコメントどおり現行の介護保険制度は、もう限界にきております。介護保険料の値上げは、高齢者を中心とする生活をますます苦しくするものであり、現制度における自治体のおかれている厳しい状況は理解するものでありますけれども、この大幅な介護保険料の値上げを前提とした予算には反対せざるを得ません。   もっと読む
2018-03-16 湯前町議会 平成30年 3月 定例会(第3回)-03月16日−05号 介護保険制度の保険者として、介護を必要とする方が安心して適切なサービスを受けられるよう、3年を1事業期間とする介護保険事業計画を策定しており、平成30年度新たに策定された、第7期湯前町介護保険事業計画の1年目に当たります。 もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回厚生分科会−03月15日-02号 お戻りいただきまして、228ページからが歳入でございまして、介護保険制度におきましては、歳出の内容に応じ、その財源となる歳入が決まるため、ルールに基づき所要の額を計上いたしております。   もっと読む
2018-03-14 湯前町議会 平成30年 3月 定例会(第3回)-03月14日−03号 そのため地域共生社会の実現に向けて、人口減少など地域の実情に応じて、制度の縦割りを超えまして、柔軟に必要な支援を確保することが容易となるよう、介護保険と障害者福祉事業報酬の体系の見直しが行われまして、今年の介護保険制度の見直しにおきまして、介護保険に共生型サービスが創設されました。  また、障害者福祉制度の仕組みにおきましても、同じように共生型サービスが創設されました。 もっと読む
2018-03-09 宇土市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 介護保険制度が始まったときのように,個人や家族では支えることができない,社会全体が支え,自らサービスを選ぶことができるという当初の理念に立ち返り,介護を必要とする高齢者に寄り添った介護計画,介護事業計画にすべきであります。そのためには,介護財政では,現在公費負担が50%,保険料利用料金負担が50%になっておりますが,これを公費負担を50%以上に引き上げるべきであります。 もっと読む
2018-03-07 湯前町議会 平成30年 3月 定例会(第3回)-03月07日−01号 介護保険制度の保険者として、介護を必要とする方が安心して適切なサービスが受けられるよう3年を一事業期間とする介護保険事業計画を定めており、平成30年度は新たに策定される「第7期湯前町介護保険事業計画」の1年目にあたります。   もっと読む
2018-03-07 玉名市議会 平成30年第 2回定例会−03月07日-02号 介護保険制度が本年度から介護予防・日常生活総合支援事業が始まりました。この概略をちょっと説明をしていただきたいというふうに思います。また、この改正に伴って、玉名市独自のサービスや事業、それから今後の事業計画等があれば、構想等があればお伺いをいたします。 ○議長(中尾嘉男君) 健康福祉部長 上嶋 晃君。 ◎健康福祉部長(上嶋晃君) 吉田議員の再質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-03-05 宇城市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月05日−05号 この法律によって、実際この介護保険制度がどう変わるのか。その変更の目的と要点をあんまりこれが長くなるとあれですから、難しい問題ですから途中に簡単に言うというのも難しいかもしれませんが、まずは制度の変更の目的と要点について伺いたいと思います。 ◎健康福祉部長(清成晃正君) 今回の改正と、また昨年五嶋議員より質問いただいております。また、渡邊議員からも質問をいただいておりますが。 もっと読む