運営者 Bitlet 姉妹サービス
2875件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 │ │ 参考人質疑では、「母国や日本国内でのブローカー規制がまったくない」、ある│ │ いは「人材派遣ビジネスが横すべりしてくるのではないか」などの指摘が相次ぎ│ │ ましたが、こうした課題は野放しのままです。               │ │  劣悪な状態にある技能実習生をそのまま使い続けるために、本法の施行を実施│ │ することは許されません。                         もっと読む
2018-12-25 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号 優秀な人材がそろっておる市役所でございますので、知恵を出せば簡単にできるという思いはしております。駐車場料金の精算機の更新は平成33年度と聞いておりますが、それまで2年以上あります。もう悠長な気がいたしますが、改革、改善が大事なところはわかっておりますので、職員の英断に期待したいと思います。  これで質疑を終わります。 ○満永寿博 委員長  くまもと未来、藤山英美委員の質疑は終わりました。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 主には、中小企業振興施策について、市民の認知度の向上、展示会・商談会への出展に伴う市補助金制度の拡充、優秀な人材の育成及び確保等や、商店街の活性化に向けた地域のまちづくりのための連携強化等の御意見について、重点的に報告がなされたところでございます。これらの御意見を踏まえつつ、次年度の予算要求につなげてまいるところでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 指定管理者は公益社団法人熊本市シルバー人材センターで、指定期間は2024年3月31日までの5年間になっております。  次ページに、同じように選定委員会の構成、申請団体、選定結果を記載させていただいております。  次に、議第485号をお願いいたします。介護予防支援事業推進のための施設の「指定管理者の指定について」でございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民委員会−12月19日-01号 また、来庁者の75%は半年に1回の利用であったことや、利用者の約3割はマイナンバーカードを取得されていることなどから、市民の皆様への影響も低いと判断し、7サービスコーナーの証明書発行については、方針に基づき今年度末で廃止し、そこで生まれる人材の適正な配置を行い、今実施すべき地域づくりや混雑解消などに人材を生かしたいと考えております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 それともう一点ですけれども、3章の17条のところに、審議会は委員10人以内をもって組織すると、ここのメンバーは、Aのところに書かれておりますけれども、ぜひそこに女性の視点とか、何らか障がいを持った方たちとかの声を直接入れられるような人材の選定をお願いしたいと思います。  以上2点です。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 ◎池田由加利 国際課長  前回も、お話をいただきましたとおり、人材育成につきましては、今回の事業の特殊性から、専門性を持って、継続的な事業を承継していくためにも、この人材育成というのは欠かせないものであるというふうに認識しておりまして、研修計画に沿った研修というのはもとよりでございますけれども、プロパー職員も含めた採用というのも、非常に大事な観点だと思っております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号 それと新病院開設時の旧病院から新病院に移る際の広報だとか、それと人材確保への寄与ということで、価値の創造も含めた形での委託ということで検討させていただいております。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 税務組織の改編についてですが、まず組織改編の趣旨ですが、業務の効率化・平準化を図るため、賦課と徴収の業務を本庁に集約化すること、また集約化することで税務知識を継承できる体制とし、高度な専門知識を有する人材を育成すること。その上で、各種証明発行や納税相談などの市民に身近な税務窓口については、各区役所に継続して設置するものであります。 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 例年、この市役所に就職希望の若手の有能な人材が集まってまいります。現職員は、その中から厳しい難関を突破された皆さんですから、未来においても有能な人材であることには間違いないと思われます。そのような皆さんは、就業以前は恐らく少年期から心身ともに健全に成長を遂げられてきたと推察いたしております。  しかし、我々の視点も含め、入庁後の業務評価において問題視される職員の存在は否めません。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 本市では、郷土教育の充実を図るため、平成12年度に郷土読本、夢の実現を ふるさとくまもとの人々を作成し、平成24年度には旧富合町、旧城南町、旧植木町の内容を加え、全市にわたる人材、史跡、資料館等を含めた改訂を行いました。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回議会運営委員会−12月17日-01号 明18日の本会議における小佐井賀瑞宜議員の質問中「庁舎内改革・職員人材育成」について、人事委員会委員長の出席・説明を求める旨の申し出があっておりますので、そのように取り扱うことでよろしくお願いいたします。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 本市では、しごと・ひと・まち創生総合戦略において、企業誘致の推進や創業・事業承継、また人材確保・育成への支援などの具体策により、地域経済の活性化を通して、所得、収益の増加に向けたさまざまな取り組みを展開しております。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 このような状況を踏まえ、高齢者がその意欲と能力に応じ、働くことができる環境の整備を図るため、高齢者雇用安定法による取り組みが本市においても進められており、本年9月より高年齢者無料職業相談コーナーを設置して、熊本市シルバー人材センターの方が高齢者の雇用・就業に関する相談に当たられております。   もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 へのしわ寄せ懸念について………………………( 73)     市税等の自主財源増のための経済政策の具体策について……………( 73)     国への更なる予算措置の要望について…………………………………( 73)   大西市長答弁……………………………………………………………………( 74)   福永洋一議員質問………………………………………………………………( 75)   ・人口減少社会に向けての人材確保策 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-01号 │ │  (2) 経営資源の有効な活用並びに小規模企業に必要な人材の育成及び確保を │ │  図ること。                              │ │  (3) 地域経済の活性化並びに地域住民の生活の向上及び交流の促進に資する │ │  小規模企業の事業活動の推進を図ること。                 もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第1号) 本文 教育委員会としては、総合計画・総合戦略の将来像である「心豊かな人材を育み、地域産業が発展し、にぎわいのある生き生きとした暮らしができるまちづくり」に寄与できる新中学校の建設を考えております。  次に、4)建設予定地はどこに決定したのかの御質問にお答えいたします。  教育委員会として、建設候補地を1カ所に絞り込みました。  以上、各御質問にお答えさせていただきました。 もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第3号) 本文 これが社会福祉協議会、あるいはシルバー人材センター、あるいは地域の任意団体というような分かれ方はしておりますけれども、指定管理者として選定する際には同じ様式というような考え方をしておりまして、そのために同一の仕様書とさせていただいているところでございます。   もっと読む
2018-11-16 熊本市議会 平成30年11月16日人口減少社会に関する調査特別委員会−11月16日-01号 人材育成、過去の人手不足の解消とかもこっちに入るんではないかと、全てリンクしているところがあるのかと思います。  中高生への教育、熊本のよさだったり、熊本市でもこういうことができますということを発信していくようなことも、私はもっと積極的に、今もされているとは思いますけれども、それが転出を防ぐ手だてにもなっていくと思います。そういうところは手当てをもっとしていかなければいけないんではないか。 もっと読む
2018-09-28 熊本市議会 平成30年第 3回定例会-09月28日-06号 今後、現代美術館がよりよい運営をするためには、職員が何より大切だと思いますが、どう人材を育成していかれるのでしょうか。大西市長のお考えをお聞かせください。   もっと読む