2207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南小国町議会 2019-06-07 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-06-07

町としましては、これらの影響等を最小限に導くため、商工会金融機関との定期的な情報交換や町内事業所への経営状況の聞き取りなどを通して、その実態の把握に努めながら、議員御提案の町独自の制度資金の創設が本町の商工業の持続的発展に寄与する仕組みになるのか否かの検討を重ね、より効果的な施策のあり方について詰めてまいりますので、御理解を賜りますようお願いをいたします。

南小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

これらの基本姿勢と政策の方向は、私自身が民間の立場で生活していた時代に感じていた事柄であるとともに、その間に、多様な方々との議論、情報交換を重ねた中で蓄積してきた考え方でもあります。  本年3月に取りまとめさせていただきました第5次小国町総合計画基本構想の策定に当たりましても、まちづくり座談会を計8回開催し、民意に耳を傾けながら計画づくりを進めてきたところであります。

玉名市議会 2019-03-25 平成31年第 2回定例会−03月25日-04号

次に、昨年11月22日、自衛隊の公式行事で参加できなかった玉名地域事務所を除く、国土交通省河川事務所、玉名警察署、NTT西日本九州電力、有明広域消防本部、市消防団との意見交換を実施し、専門的見地からの提言や協議を行ないました。  次に、昨年12月17日、市消防団長及び副団長と分団再編等計画及び団員の装備品の整備についての協議を行ないました。  

八代市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会−03月22日-05号

その後、7月から11月にかけて、市内全校区を対象に、みんなと未来を語る市政懇談会が開催され、新庁舎の基本設計案についても詳しく説明され、市民の皆様と活発な意見交換、そして意見聴取がされたと聞いております。  そして、基本設計終了後、7月から実施設計に着手され、今定例議会に新庁舎建設費が追加提案され、同時に議員全員に対して実施設計書の概要とともに議案説明が行われました。  

荒尾市議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(5日目) 本文

8月の報告会は、従来どおり2部構成とし、前半は議会からの活動報告を行い、後半は出席された市民の皆さん全員との意見交換会を開催いたしました。この出席者との意見交換会については、他市の報告会でもありがちですが、毎回同じ人が出席して同じようことを発言されたり、ほぼクレーム同様の内容で、建設的な議論ができないといった問題がありました。

南小国町議会 2019-03-15 平成31年第2回定例会(第3日) 本文 2019-03-15

さらに、去る3月9日に開催した住民意見交換会でも、議会に真相究明を求められております。  ここに一連の疑問解明のため、町有地売却に関する議会調査特別委員会の設置を求める動議を提出いたします。以上です。(「賛成」の声あり) 議長(高野健人君)この動議は、1人以上の賛成者がありますので、成立しました。  

長洲町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-12

そういった制度ももう少し普及させながら、若者が長洲町に住んでいただけるように、当然、働く場も必要となってまいりますので、企業との情報交換等も図りながら、長洲町に住んでいただけるような方策を考えていきたいというふうに思っているところでございます。 11 ◯福本みや子議員 今、長洲には、もしかしたら隠れたダイヤモンドがあるかもしれません。

長洲町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-11

この協議会におきましても、各自治体間による連携・情報交換を実施し、魅力ある漁業の創出による水産振興を目指してまいります。また、企業参入によるノリ養殖業の分業化・ノリ生産者の後継者育成事業を推進するとともに、石井食品株式会社など包括連携協定締結している企業と連携し、6次産業化へ向けた事業に取り組んでまいります。  

熊本市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-付録

なお、検討の過程で、随時、地域住民や利用者等との意見交換などを実施する予定。 ◇本庁舎に関するこれまでの検討経緯と今後の検討方針(案)、及び新熊本市病院の開院予定について説明。 ◇議会棟の耐震化については、現状では耐震補強で対応可能であり、耐震性不足に対し耐震補強を行うことも選択肢の一つである。

荒尾市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第1回定例会(3日目) 本文

一般整備型というのが掲載されているような気がするんですが、ため池整備工事とか、ため池水質改善工事、そして、要件には受益面積が2町以上、かつ総事業費800万円以上とか、そして、まだ監視・管理体制の強化においてカメラを付けるとか、水位計を交換、新しくやるとか、平成32年度までに補助率の定額化、そういうふうなものをちょっと見たことがあるんですが、普通のため池の整備には条件が、重しがあるんですかね。

八代市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

また、都道府県は、国の基本方針に基づき、関係市町村及び水道事業者等の同意を得て水道基盤強化計画を定めることができ、広域連携を推進するため、関係市町村及び水道事業者等を構成員とする協議会を設けることができることとなり、現在、本市は、環不知火海地域議会において広域連携について意見交換を行っているところでございます。  3点目が、適切な資産管理の推進でございます。

玉名市議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会-03月06日-03号

◆7番(北本将幸君) 今、市長答弁で言われたように、直接高校生と中学生が話聞いて、意見交換したり、魅力を聞いたりとするということは、本当にいいことだと思いますので、玉名市としてもその県と協力してやれるところがあればやっていただきたいし、独自でやれるところがあれば、この魅力をどんどん発信していけるような取り組みをしていただきたいなと思います。  

八代市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会-03月06日-03号

さらに、新たな取り組みといたしまして、市内事業者間の連携体制の構築、強化を図るため、異業種間の情報交換及び商談の機会として、食関連産業マッチング交流会を開催いたしました。11事業者が出展し、当日会場にも25事業者、40名に御来場いただきました。交流会では商品などの情報交換や個別商談など、全体で25件の商談が行われ、そのうち4件の商談が成立したところでございます。  以上、お答えといたします。

南小国町議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日) 本文 2019-03-06

平成29年3月9日の一般質問で、「検証会議の実態と、中止を決めたのはいつか」の質問に、町長は「1回目の検証会議は9月26日であり、9月27日には透析患者との意見交換会をした。その席で病院長から、看護師の不足、人員確保ができないのが最大の理由として病院で透析はできないとの発言がありました。

水俣市議会 2019-03-05 平成31年3月第1回定例会(第2号 3月 5日)

途中、部品の交換等メンテナンスを行っておりましたが、かなり老朽化が進んでおり、更新の必要性がありました。しかし、当時は旧湯之児病院と統合して間もない時期であり、経営効率化の取り組みが始まったばかりの状況でありました。また13億円を越える累積赤字を抱えており、更新するのは大変難しい状況にありました。  

八代市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-02号

委託しているから安心されるのではなく、常にアンテナを張りめぐらしていただいて、委託先と情報交換して信頼を築いていく必要があるというふうに思います。相談支援事業ではありませんが、事業から手を引く事業者があらわれていることも、今回の当初予算にもありますし、過去にも同様なケースがあっております。もっと現場と意見を交換しながら運営をされるべきではないでしょうか。  

南小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

民生費では、健康管理センター内のトイレの部品交換に必要な経費を措置したほか、包括ケア施設の管理経費の一般会計負担分について、燃料単価の上昇等により不足が見込まれるため、所要額を追加しました。  過年度分の障害者自立支援給付等国庫負担金及び子ども・子育て支援交付金については、国庫負担額の確定に伴い返納金を措置しました。