運営者 Bitlet 姉妹サービス
2590件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号 一、今回のバリアフリー対策等に係る増額補正においては、障がい者団体等との意見交換に基づく要望等が反映されており、より多くの来城者が見学通路を安全かつ快適に利用するためには必要な整備であると思われる。今後も、市が行う事業については、さまざまな配慮を必要とする方々との意見交換を行うなど、丁寧な事業推進に努めてもらいたい。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済分科会−12月19日-01号 その目撃者の中に障がい者も高齢者もいて、あるいは元気なときに見た人が20年後には高齢者になっているというようなことも考えると、いろいろな人たちその中で、障がいを持った人たちの意見も聞いてほしいということで、これまで実にいろいろ丁寧に意見交換をしていただいていて、その反映がエレベーターとか、多目的トイレとかの増設につながっていて、今皆さんの方から、それに対して厳しい御指摘もあっているようなんですけれども もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 全庁的にと思ったのは、例えば今度の議案の中で、経済委員会とは別なんですけれども、LEDの交換、1万8,500カ所でしたかの契約案件が出ていますけれども、例えばこれを区ごとに分けて分離発注すれば、もうちょっと地域の中小業者も受注できたのではないかとか、いろいろ思うところがあるんです。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 2の市民説明会でございますけれども、来年1月に障がい者団体との意見交換会とオープンハウスを予定しております。市民の方々の御意見をもとに基本設計を確定し、実施設計に入る予定としております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民委員会−12月19日-01号 今後のスケジュールでございますが、今議会で制度趣旨などの説明をさせていただいた後、当事者、支援者団体と意見交換させていただきながら、議会や市民等の御意見を踏まえ、平成31年第1回定例会で制度設計案を御報告、4月に制度開始したいと考えております。  本制度は、性的マイノリティに関する取り組みの一つであり、今後もその理解促進のための啓発事業や本制度の周知などに向けて引き続き取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 会議内容は、2番に記載しておりますとおり、全体のテーマを、「成熟社会における都市の魅力と価値の向上」とし、まず全体会において、基調講演並びに各分科会の代表3人の基調発表が行われ、テーマの趣旨や代表自治体の事例を参加者全員で共有した後、3つの分科会に分かれ、各自治体が持つビジョンや成功事例の発表等を踏まえた活発な意見交換が行われました。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号 これについて、本市と県ともっと密なすり合わせあるいは意見交換というものがなされた中での発表でなければならなかっただろうと。その部分が欠如していたのだろうと我々は非常に遺憾に思っているところでもあります。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年12月18日公共施設マネジメント調査特別委員会−12月18日-01号 その結果をまた政策会議に諮り、方向性として決定し、議会や施設利用者等へ説明し、意見交換を行ってまいります。さらにそちらでいただいた御意見を踏まえ、方向性に必要な修正を加え、公共施設マネジメント推進本部並びに政策会議に諮り、方針として決定し、再度議会や施設利用者の皆様等へ説明していくというプロセスで進めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 2点目の市民の理解を得る方策につきましては、これまで実施してきました市政だよりやホームページでの情報提供はもとより、地域での説明会等を通してあらゆる情報を広く公開いたしますとともに、意見交換を行いながら市民の皆様との合意形成を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 電話は全国で30万回線ほど、1通話1通話を人間の電話交換手が手動でつないでいた時代です。テレビはもちろんありません。ラジオ放送もまだです。ラジオ放送は5年後の大正12年の関東大震災をきっかけに、後藤新平の先導で大正14年に東京、名古屋、大阪3局でスタートしています。ついでに、映画はサイレント、無音声時代の映画、チャップリンの初期の時代です。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 1点目、説明会では、さまざまな住民の皆様の悩みなど、意見が多岐にわたっていたようですが、その中でも、要望があった液状化対策技術検討委員会の委員の方々と地域住民との意見交換会の開催については、どのような対応をされるのか、お尋ねいたします。  2点目、今回の対策工法の効果について、液状化対策としてどのくらいの大きさの地震を想定しているのか、改めてお答えください。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 前市長の発言では、本市において、これまでも県との協力体制を築いており、現時点では二重行政の弊害については特になく、さらに県と市で定期的に意見交換や施策を調整する仕組みが必要であるとも述べられております。   もっと読む
2018-11-12 熊本市議会 平成30年第 3回(閉会中)議会運営委員会−11月12日-01号 また、移民開拓先没者慰霊碑において献花を行い、遠く離れたブラジルで亡くなられた開拓移民の皆様に哀悼の誠を捧げ、ブラジル日本移民史料館におきまして110年にわたる日本移民の歴史を学びますとともに、さらにジェトロ・サンパウロ事務所では経済交流事業について意見交換を行わせていただきました。   もっと読む
2018-09-28 熊本市議会 平成30年第 3回定例会-09月28日-06号 他の先進的な議会においては、議会内での検討機関の設置や市民との意見交換会、有識者による議会研修会の開催等、さまざまな取り組みがなされているなど、その制定過程が極めて重要と考える。 もっと読む
2018-09-27 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月27日-05号 まず、委員から、跡地を処分するに当たり、現時点での市の方針はあるのか、中央病院東側駐車場との交換もあり得るのかとの質疑があり、執行部から、無償譲渡はなく、減額譲渡になると考えている。また、駐車場との土地の交換についても考えにくい条件との答弁でした。次に、委員から、格段の御配慮ということであるため、この請願の趣旨を鑑み、採択すべきではないかとの意見がありました。   もっと読む
2018-09-25 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月25日-03号 私自身、各区の保護課の職員と何度も意見交換をこれまで行ってまいりまして、そうした中で現場の厳しい状況については十分理解をしているところでございますが、今後も事務事業の効率化などによる人員の再配分、また再任用職員の活用などによりまして、可能な限り職員の配置標準数を満たしていくよう努めてまいりたいと考えております。          もっと読む
2018-09-19 熊本市議会 平成30年第 3回厚生委員会−09月19日-02号 ◆西岡誠也 委員  それで前回の委員会の中でこの問題について、私、発言をしましたけれども、その後、陳情を出された人たちとの意見交換、そういうやつをやって精査すべきだという発言をしたと思いますけれども、その後、陳情を出された皆さん方と話し合いとか何かされたんですか。 ◎惠口猛 審議員兼介護事業指導室長  作成する中で、今回、陳情を出された皆さんと話し合いをしたかということでございますかね。 もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回総務分科会−09月18日-01号 理由といたしましては、熊本市情報公開条例第7条第5号、中身につきましては、実施機関内部等の審議によりまして、検討、協議に要する情報であって、開示することにより率直な意見の交換もしくは意思決定の中立性が損なわれるという理由で、非公開とさせていただいておるところでございます。 もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回教育市民委員会−09月18日-01号 教育委員会の活動といたしましては、教育委員会会議の開催を初め、小中学校での研究発表会や挨拶運動への教育委員の参加や、タウンミーティングの開催による市民との意見交換、また行政視察を行っております。  9ページをお願いいたします。  ここには、教職員の長時間勤務を改善するために、ことしの3月に作成をいたしました「学校改革!教員の時間創造プログラム」、この体系図を新たに記載をしたところでございます。   もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回総務委員会-09月18日-01号 おめくりいただきまして、自治体交流会議の内容でございますが、今回のテーマは「成熟社会における都市の魅力と価値の向上」とし、全体会の後、公共交通、青少年の人材育成、自治体間の連携の3つの分科会で発表や意見交換等を行い、最終日には会議の成果を熊本宣言として発表する予定でございます。   もっと読む